新馬回顧2020<1/5・6>

競馬予想ブログ JUST

アドマイヤべネラ vs ルビーカサブランカ – 古馬になった時、真逆の展開が起きる

読了までの目安時間:約 3分

 

日曜 京都 芝2000M

良血馬が何とかクラシックに間に合わせようと登場してきた一戦。

人気を集めたのは一昨年の2歳女王・ダノンファンタジーの半弟にあたるアドマイヤべネラと、昨年長距離路線から左回りの中距離戦線への転戦がハマったユーキャンスマイルの全妹・ルビーカサブランカで、タフなスローの渋滞を何とかすり抜けてきた2頭は、何とか3着以内に間に合ったわけだが、悲しいかな、牡馬と牝馬の差が血統の違いと相まって、凱歌は2番人気だったルビーカサブランカに上がった。

巧みにポジションを押し上げたところのあるルビーカサブランカだが、相手関係やそもそも、その本質に前向きさがあることで生まれる決め手が持ち味の一族であり、人気のアドマイヤべネラがもっとスムーズだったからわからなかった…、という言いたいところだったが、父がハーツクライに替わったことで生ずるトモの甘さとどうにもそれを補えない前駆の未発達さが、もはや、スタートする前から判然としたようなところのあるべネラの追撃には、予定調和の感も否めなかった。

面白いことに、ルビーカサブランカの母ムードインディゴは福永騎手が乗った時によく走っていた印象で、アドマイヤべネラの姉ダノンファンタジーは、言わずもがなの川田騎手のお手馬。

結果的には、いいところが現時点では多かったルビーカサブランカに全てが味方したわけだが、古馬になった時、この時と真逆の展開が起きることも想定内。

ひとまず、よくわからないフォルカー系のエピファ牝駒・ホッコーラプラスを挟んで発進したそれぞれの才能の物語が、明けの正月競馬から始まったことは事実。

来年の秋、ジェンティルドンナとジャスタウェイの力関係の逆転を目撃した時のようなデジャヴに、今から期待である。

新馬戦、その他の注目馬

藤田菜七子騎手が101勝目を挙げる大きなチャンスを逃した直後の中山ダ1800で、彼女が乗って、これもまた走らなかったのだが、パディオアヘッドという馬は注目。
母系はナスルーラの母・マムタズビゲムの直系で、サドラー・ヌレイエフの同居でノーザンDとスペシャルのクロスを持つミスプロインの配合。あれを再現したとしか思えない。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方