日経賞 2020年 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

日経賞 2020 回顧【ギリ良馬場なら長い距離OK】を証明したミッキースワロー

読了までの目安時間:約 3分

 

馬場が悪い上に、ヤマカツライデンやガンコという先行型に加え、ソウルスターリングという本質ではもっと短いところに向く馬が登場したから、勝負所も緩みがなく、少し行儀のいい競馬を出来過ぎたエタリオウも本質は長く、渋馬場向きのタフなタイプが上位を占めることになった。

 

直線の伸びは1、2着の2頭が目立ったが、これも馬場適性や中山などローカルチックな右回りへの適性で、本質的な適応可能距離を越えても踏ん張ったスティッフェリオは、田辺騎手にいかにも合いそうなわんぱく君で、中団で折り合った収穫はある。

相手関係で天皇賞(春)も好走の可能性を残した。

 

ふらつきの目立つ人気の好走2頭は、現状は、キャリアや体調面など、競馬に対するスキルだけではない総合力で、ここではミッキースワローがモズベッロを上回ったという感じだったが、どちらも我が強いタイプで、モズベッロはなかなか池添騎手が追いにくそうにするなど、スティッフェリオ以上にまだまだ内面的な課題を残した雰囲気が目立った。

 

ミッキースワローがこれまで長い距離でダメだったのは、単純に、京都の大きな回りでも中山の有馬記念でも、溜めを利かせる競馬に持ち込みづらい雨馬場のGⅠ戦だったことが影響してのペケであったから、ギリ良馬場でこの程度の相手なら、前走の不遇の馬券外敗走の名誉回復には十分な巻き返しは可能だった。

一方、スケール感で恐らく、父ディープブリランテ以上の何かを秘めるモズベッロは、軽いレースではないところで結果をしっかり残してきたから、重賞を制して、3度目の正直と言わんばかりの中山でついに好走したことを自信としたい。

 

こちらはまだどこかにハンディキャップホースの気配があったから、前走の素晴らしい内容に反し、気性面などの要素も含め、課題ばかりだったから過剰な支持は集めなかったが、走らずしての2着である。

気持ちが乗っているうちに、大きな舞台を踏ませてあげたい。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方