STV賞2020のレース結果を振り返って分かったこと

競馬予想ブログ JUST

STV賞 2020 結果【レース回顧】|結果から分かった今後の注目馬とその仕上がり!

読了までの目安時間:約 3分

 

クラヴィスオレアがすんなり行ければ
乱戦の様相になどならなかったはずだが、
ユニコーンライオンが気持ちよく先行態勢に入ったがために
普通のスタートだったクラヴィスオレアのスピードを適度に引き出すような先行にならなかったので、最初の最初は速くなった。

 

ところが、
中団から位置取りに不満のあったグループが流れが落ち着いたと思うやその刹那、
まとめて先団に取り付き、よくわからない展開へと発展。

勝負所まではそれなりの手応えだったユニコーンライオンも
進路がどうこう以前に、スランプにも近い状態でこんなにややこしい競馬ではどうにも立ち行かなかった。

 

石川騎手とは手が合っていたが、このメンバーとの相性が最悪だった。

 

直前の阿寒湖特別もそうだったが
トニービンの血が入ったいかにもこういう時期の上がりが少しかかるような競馬向きの馬が人気に応えていたが、ここもそう。

 

中団グループに順当につけた組では、藤岡騎手のハナズレジェンドがあまりにも鮮やかに外に出して、理想の小回り戦法で接戦を制した格好。

 

かつてはクラシック本戦での快走も期待されたトニービンインの4歳軍団を引き連れ
差し競馬なのに上位人気は皆掲示板の不思議。

 

ハナズレジェンドは矢作厩舎の所属馬であり、デビュー年から5年続けて札幌参戦中だったから3年振りの勝利でも、様々運が向けばこういうこともある。

 

新潟で3勝目を挙げたブロードストリートの仔は、
ワンターンならば関屋記念や毎日王冠でもいけるくらいのスケール感を示した。

 

変な話、やっとこさの5勝目だったハナズレジェンドより
現状の格はこのサトノウィザードの方が上であろう。

 

ロードカナロア牡駒の大物は、実は彼の方だったのかもしれない。

 

北でこの日6着だったシフルマンは、新馬戦で全く歯が立たなかった。

 

それはあの神戸新聞杯とそっくりの構図なのである。

↓【注目】次週の穴馬予想はコチラで公開していきます↓
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方