毎日王冠2020【結果】|レース結果動画とルメール騎手のコメント

競馬予想ブログ JUST

毎日王冠2020【結果】|レース結果動画とルメール騎手のコメント

読了までの目安時間:約 8分

 

 

【レース結果速報】1着サリオス(1.3倍)2着ダイワキャグニー(10.6倍)3着サンレイポケット(18.9倍)

レース名:第71回 毎日王冠
日程:2020年10月11日(日)
優勝馬:サリオス
優勝騎手:C.ルメール
勝ちタイム:1:45.5
馬場:稍重

 

毎日王冠2020のレース結果と払い戻し

 

着順馬番馬名タイム着差調教師人気
19サリオス1:45.5 -堀 宣行1
25ダイワキャグニー1:46.03菊沢 隆徳4
37サンレイポケット1:46.0 ハナ高橋 義忠5
410カデナ1:46.1 1/2中竹 和也6
54ザダル1:46.2 クビ大竹 正博3

単勝9130円
複勝9110円
複勝5180円
複勝7170円
枠連5-7500円
ワイド5-9280円
ワイド7-9300円
ワイド5-7900円
馬連5-9580円
馬単9-5680円
3連複5-7-91,690円
3連単9-5-73,430円

 

毎日王冠2020 - レース後コメント(騎手/厩舎)

「気持ち良かったです。完璧なレースでしたし、馬がすごくいい競馬をしていました。とてもうれしく思います。いいスタートをしたのですぐ内田騎手の後ろのポジションをとることができました。それから馬がずっと冷静に走って息が入った。勝つ自信がありました。もちろん直線では馬のパワーを感じることができたので、ちょっと我慢した。ちょっとずつ加速しました。この馬場でまだちょっと緩かったので、ゴールまで集中しました。ごっつぁんです!」C.ルメール騎手

 

 

毎日王冠2020 - レース結果動画(YouTube)

 

毎日王冠2020 - 回顧

 

あのパドックを見て、普通の競馬の知識がある人間ならば、どういう勝ち方をするかと楽しみに待っていたはず。

 

サリオスはやはり、本物の名馬であった。

 

こういうレースがあってもいい。

 

パドックから股の下に白い汗が流れた後が見えていたサトノインプレッサは、猛獣化著しいキセキに倣ったわけではないはずだが、昨年のダノンキングリーで煽った戸崎騎手にしたら、全く同じ展開なので最初はどうにかなると思った部分をあっただろうが、渋馬場の実績を活かせる場面はなく、直線の前半でもう、鞍上は競馬を諦めていた。

 

 

カイザーメランジェが行くともっとややこしいことになると思っていたが、これも出なかったので、一安心していたものの、トーラスジェミニの育也騎手に今日は気概のようなものを感じさせた。

 

コントラチェックには行かせないぞという意思表示はそのまま、彼女のやる気をどんどん殺いでいき、キレイに回ってくることを重視するしかなかった丸山騎手とすると、形作りの失敗に悔いはあるだろう。

 

狙ったレースの、その戦い方が丸被りの両者にとって、前者にとっていいリズムのハイペースは、コントラチェックには大迷惑であった。

 

伏兵同士、こればかりは仕方がない。

 

ダイワキャグニーは相変わらずフル装備感満載の深すぎるブリンカーが目立つ、到底春までとの変化は見られない風体であったが、どことなく、狂ったように首を振るような危険性の除去には成功した雰囲気もした。

 

ハイペースの追走は、東京では自在のダイワキャグニーには問題はなく、しっかりと信頼して導く内田騎手のアプローチは、古馬勢でトップ評価に等しい状況では、やるべきことを果たした印象。

 

前までは、外から来られると脆いこともあったが、さすがに、どうにも太刀打ちできないビッグボーイの存在にうろたえるような男では流石にないから、目一杯頑張って、着に残った。

 

陣営の狙いは全てハマったことになる。

 

パドック気配はさすがの充実古馬にみえたサンレイポケットも、道悪実績や本質的ば距離適性では、新潟記念よりずっと上に思えたが、超一流のキレではないから、それを捉え切れず。

 

ジャングルポケット産駒もそういっぱい増えることはないから、トニービン直系の存亡をかけて、さらなる成長を望みたい。

叔父のアドマイヤゼウスも、何だかんだで、5歳辺りから芯が入っていったようなところもある。

 

荻野極という騎手にとっても、今が一番重要な時期かもしれない。

 

ザダル、カデナらは本格的な中距離戦向きではないから、どうにもならない。

 

サリオスのポジションから動ける馬でもないし、そういう成長の仕方はもうできない。

 

コーナー4つの競馬に、活路を見出していきたい。

 

さて、上がりの34.1秒は評価したいと思うサリオス。

 

ダービーのあの展開で、楽々終いでそれを繰り出したコントレイルは、この記録よりももわずかに上を行った。

 

結果的に、ダービーと同じタイムで上がったわけだが、あの時は追い詰めたはずなのに、結局最後には突き放されていたのである。

 

全く違う距離、まるで異なる相手関係に、まだキャリアを考えても渋馬場は得意とは言えない状況で、ダービーと同じ脚を使えた。

 

サリオスのポジションは決して、激流の位置取りではないが、こういうレースの仕掛けは、人気馬ほど難しいもの。

 

難なくこなしているようで、これができるルメールもまた一流なのである。

 

相手に惑わされず、ダイワキャグニーに競馬をさせてから、いざ動き出すのは、斤量の利が大きくても、実力がどんなに上でも、簡単ではない。

 

迫力がありすぎて、ドタドタ感もまだあるが、コントレイルと走るうちに、馬体そのものより、内面的成長があったからこそ、こういう好内容に繋がったのだろう。

 

差す脚もあるし、前にも行ける。

 

同じペースになれば、十分にアーモンドアイに挑めるだろうが、そういう戦いに挑むとするなら、ルメール騎手は配さないだろうし…。

 

しかし、弱い3歳世代などと言われないように、今後もサリオスには頑張ってもらいたい。

 

楽しいレースを目撃すると、自然と心が躍るのが、全ての競馬ファンの性なのだ。

 

キレの質が格段に上がったサリオスの成長力を、今更ながら侮ってはいけないと、念を推しておく。

 

完成はもっと先になる。

 

 

 

 

↓【注目】平和賞で高額払い戻しを狙う無料買い目はコチラで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方