府中牝馬ステークス2020【結果】|1着サラキアのオッズは20.2倍!レース動画/払い戻し/回顧

競馬予想ブログ JUST

府中牝馬ステークス2020【結果】|1着サラキアのオッズは20.2倍!レース動画/払い戻し/回顧

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【レース結果速報】1着サラキア(20.2倍)2着シャドウディーヴァ(18.1倍)3着サムシングジャスト(20.9倍)

 

レース名:第68回 アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス
日程:2020年10月17日(土曜)
優勝馬:サラキア
優勝騎手:北村 友一
勝ちタイム:1:48.5
馬場:重馬場

 

府中牝馬ステークス2020 - レース結果・配当・払い戻し・オッズ一覧

着順馬名タイム着差調教師人気
1サラキア1:48.5 -池添 学7
2シャドウディーヴァ1:49.0 3斎藤 誠6
3サムシングジャスト1:49.2 1 1/4 松田 国英8
4トロワゼトワル1:49.2 クビ安田 隆行4
5ラヴズオンリーユー1:49.3 1/2矢作 芳人1

単勝42,020円
複勝4400円
複勝6420円
複勝8460円
ワイド4-62,430円
ワイド4-82,670円
ワイド6-81,870円
馬連4-69,350円
馬単4-620,340円
3連複4-6-823,160円
3連単4-6-8189,020円

 

府中牝馬ステークス2020 - レース結果動画(YouTube)

府中牝馬ステークス2020 - 回顧

 

 

有力馬の位置取りはともかく、サラキアさんがラヴズオンリーユーを煽りだした3コーナー辺りから、気配が怪しくなってきた。

これはディープ2頭はきついのか。

その予感は、穴党のための直線になる悪夢へと展開していく。

 

老獪なトロワゼトワル駆る横山典弘騎手が作った際どい領域に近い、かなりタイトなペースに対し、サラキアを駆る北村友一騎手は、その辺りの冴えもあったのだろうか。

 

また、小倉で自信を取り戻した久々コンビのその好相性ぶりもあったのだろう。

じっくりと人気馬の反応を見極めながら、最後は先週の横山騎手のように、七分所まで外に振ってから、一気のスパートで勝負を決めた。

 

筆者、昨年のエプソムCのびっくりの逃げで2着の際は、そこそこの歓びの時間を過ごさせていただいたのだが、特に馬が変化することなく、こうして結果の振れ幅だけが大きくなっているということは、道悪適性の影響ではなく、経験値がどう作用するかの方が重要なのだと、改めて思い知らされた。

サラキアが好勝負する時というのは、決まって、スマートな競馬で印象的な結果を残すというよりは、派手に走るようなタイプに見えなかった。

ただ、それは若い頃の話。

最近はパフォーマンスが特段スケールアップしていないのに、逃げた時と今回のように豪快に差してきた時だけ来るのだ。

 

往々にして、先述のドイツの重厚な血統に限らず、欧州芝向き配合の直線勝負型というのは、格が上がった時に本領を発揮するのだから、人気の中心にならない今回のようなポジションであれば、やりたいように走らせてもらえることは間違いない。

 

しかしながら、逃げた2戦で共に好走、前回から復活の北村騎手と派手に差して2勝。

ローズSの前の小倉でも豪快だったが、あの時も同じ鞍上だった。

 

サラキア嬢の「北村友一ラヴ」が判然とした瞬間、この突き抜け方には、日本の競馬に本質的に合っていない可能性も露呈したのである。

伏兵はグイグイ伸びてきて、シャドウディーヴァもサムシングジャストも溜めてこそのワンターン巧者ではあるが、これらもちょっと良馬場では心許ない連中。

だからといって、絞って良好気配の超重馬場巧者であるフェアリーポルカは、東京3戦いずれも完敗なので、この影響も波乱の要因であったのだろう。

 

筆者は別に、ディープのタイトルホルダーにミソをつけていたわけではないが、直線で追われるごとに反応が鈍るというのは、かなり切ない。

道悪でも良馬場の高速決着でも、たしかに力を出せなかったから次にこそという名牝たちの一変を何度も目撃してきたとはいえ、これほどまでに動いていけないとなると、京都ではなく、阪神の2200Mで行われるエリザベス女王杯に向け、大いに怪しい気配がしてきた。

サラキアが即通用とは思えない弾け方だったから、次も溜めていくことになる。

正攻法で動けない人気馬が、どこまでプライドを捨てて、勝負手を繰り出すのか。

ここまで参考にならない前哨戦では、変わり身を期待しようにも、試走ができていないから、結果が出ていないグループには気の毒な結末と言えるだろう。

主力になれるはずの4歳勢の不発に、本命党だけでなく、穴党でさえも扱いに困る事態へと発展しつつある。

 

実は、この府中牝馬Sは昨年のスカーレットカラーの豪脚に対し、まるで競馬にならなかったプリモシーンということもあったくらいで、ディープインパクトのキレ馬には全く縁がなかったレース。

奇しくも、人気のディープが消え、まるでタイプの異なる特殊条件向きのサラキアの快走により、ようやくの初勝利となった。

スプリンターズSもそうだったが、これなどは門外漢でも不思議ではないから、ダートの短距離とも大差のない条件で、才能だけで抜き抜けたグランアレグリアが桁違いだっただけのこと。

来年以降もそういう傾向は続くだろうから、十分に派手目のグッドルッキングホースには気をつけて行きたい。

 

 

 

↓【注目】平和賞で高額払い戻しを狙う無料買い目はコチラで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方