女性騎手に有利な新・減量制度、3月1日から適用

競馬予想ブログ JUST

藤田菜七子騎手、3kg減の重み

読了までの目安時間:約 2分

 

藤田菜七子騎手への注目が、再び集まっている。

既に発表されている通り、3月から適用の騎手に対するセックスアドヴァンテージの実施により、その時点で2kgもらい、ここまで通算勝利数も100勝に達していない見習い騎手の扱いも手伝って、これまでの主戦場であるローカル戦では特に有利な1kg減と合わせ、合計3kgの減量が可能となるからだ。

騎乗数やそのパートナーの質は、確実に上がるだろう。

加えて、師匠である根本調教師は語る。

「3kg減から2kg減になっても、そこまで影響はない。(中略)1kg減(になると)は堪える」

「暫く菜七子も勝てなくて苦しんでいたね」

ダービージョッキーの言葉は重い。

続けて、

「手綱の持ち方とかを色々工夫して、ようやく1キロ減の乗り方に対応できるようになってきた」

「そうして培った技術で3キロ減になったら、絶対に成績は上がる」

即ち、今までより重要な役割を果たすべき立場に、特別な経験をせずとも、自然となっていくだろうというのだ。

現在では珍しく、内弟子のような所属騎手を多く抱える根本厩舎にあって、これまた説得力のある論理だ。

当の本人は、日々精進というスタンスを曲げず、第三場でコツコツと経験を積んでいるわけだが、一気にワープしたかのようなビッグステージでの騎乗経験は、同年代の男子が武者修行を経て評価を一変させたようなスキルアップの証明と、明らかに同質の意味合いを持つように思う。

フェブラリーSで騎乗を依頼した小林オーナーは、3kg減の需要まで見込んだキャンペーンに一肌脱いだことは間違いない。

しかし、結果としてまずまずのものをそこで残した藤田騎手だから、皆が期待を寄せるのである。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。

2019/11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
2019/11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
2019/9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
2019/8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
2019/8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
2019/7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


日曜のG1などメイン予想は直前公開となりますが、無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」では土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方