「サンバサウジダービーカップ」武豊フルフラットが制す

競馬予想ブログ JUST

フルフラットへ称賛を / サンバサウジダービーカップで快勝

読了までの目安時間:約 3分

 

フルフラット、UAEダービーの前哨戦サンバサウジダービーCを快勝

日本時間の2月29日土曜深夜行われたサウジアラビア・キング・アブドゥル・アズィズ競馬場で新たなる競馬の祭典として誕生したサウジCデーにおいて、思わぬ日本の伏兵が、激走の末に快挙を成し遂げた。

その名はフルフラット。芝で1勝しかしていないアメリカ産の日本調教馬だ。

 

これからのダート界を牽引するニューカマーの発掘に、時たま役に立つUAEダービーの前哨戦的意味合いを兼ねたダ1600Mのサンバサウジダービーを、いくらBCジュベナイル5着馬とはいえ、早め先頭からの押し切りで、英ゴスデン厩舎、首ビンスルール厩舎の有力勢を完封しての快勝である。

 

勝てる星を落としたディアドラや、マキシマムセキュリティ以外の強豪にもまるで歯が立たなかったチャンピオンズC組の落胆よりも、まずはこちらがトップニュースであるべきだろう。

母父はレイチェルアレクサンドラの父としても知られるメダグリアドーロ

勝ちタイムは1:37.91で、武豊騎手&森秀行厩舎の黄金コンビでは、またしても砂の王国で快走して、その適性の高さを示したサウジアC2着のマテラスカイでも1分11秒台の走破タイムであり、どう考えても、東京の方が軽いくらいだから、益々、中京で快時計を叩き出した2頭が切なく見えてしまう。

 

フルフラットはスペイツタウンの産駒で母父はレイチェルアレクサンドラの父としても知られるメダグリアドーロ。

マテラスカイも父は同じで、母父のラーイの代表産駒がロイヤルブルーのフランキーと共に世界中で活躍したファンタスティックライトだ。

 

騎手と調教師が世界も常に選択肢に入れている健闘2頭に対し、ディアドラくらいのタフネスメアでも、簡単には勝ち切れないのが世界だと思わされた今回。

ここから本当の勝負なのだ。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方