2020年 クラシック展望①

競馬予想ブログ JUST

2020年 クラシック展望① – レシステンシア、サリオス、コントレイルほか

読了までの目安時間:約 3分

 

ざっくり、勢力図の整理。

レシステンシア

やたらと速い2歳女王が、久々に登場。

それがテイエムオーシャンやウオッカのような感じではなく、偏ったスペックで総合力を凌駕する競馬は、圧巻だ。

対抗馬

クラヴァシュドール

そうなってくると、総合力で勝負する差し馬が対抗一番手。

東京や新潟で輝いた女王は、もっと専門的な部門に特化した特性を持つ。

消耗戦を利して、豪快な競馬が合うマルターズディオサが2着だった結果からも、中距離的なスタミナが求められなかったことが分かる。

サリオス

豪快でかつ繊細。大型馬らしい特性。

それでいて、負けず嫌い。意外と珍しい。

対抗馬

グランレイかアブソルティスモ

速さではちょっと敵わないかもしれないが、サリオスの武骨さとは対極の位置にいる、競馬がスマートなタイプ。

でいて、多少の不利なら難なく乗り越えられる馬は、何だかんだで魅力的。

コントレイル

現状、サリオスやダノンプレミアム、古くはグラスワンダー、マルゼンスキーなどといった往年の2歳王者や、アグネスタキオン、サートゥルナーリア、ヴィクトワールピサなどの勝ち続けられるギニーホースらと、肩を並べているという感じでさえない。

まだ本気を出していないけれども、まともに戦うチャンスを他に与えない強さは、そう簡単に失われないだろう。

対抗馬・なし

先行できることを証明し、それをGⅠで体現した時点で、スピード競馬への対応力が見えているからには、もっと速い馬かもっと瞬発力がある馬でないと敵わない。

自分から崩れる展開上の不利や不慮の事故・故障でもない限り、アグネスタキオン的進軍が目に見えている。

位置取りを下げさせるより、対抗する術はないか。

その他の注目馬

強烈な12月下級条件組では、

カフェファラオ<中ダ1800新馬圧勝>

故障はしてしまったが、

グランアマーレ<葉牡丹賞勝ちで2戦2勝>

といった、中山においてワンダフルな競馬で魅せた2頭が注目。

負けていない馬から狙うしか、今年は挑戦権を得る術が見当たらない。

言わずもがな、敗者復活が叶うのはホープフルS組。

距離別で優劣に差が出るハイレベルクラシックとなる。

↓【注目】オールカマー&神戸新聞杯の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方