フェブラリーステークス 2020年 予想

競馬予想ブログ JUST

フェブラリーS(2020)予想【デルマルーヴル】ワンターンの競馬が合っているはず

読了までの目安時間:約 11分

 

世の中が新型コロナパニックに陥るかどうか、まさに瀬戸際に立たされる状況に至って、不要不急の極致たる公営ギャンブルのお祭りのようなGⅠレースが行われることになったのは、ちょっとした不幸なのかもしれない。

一応、競馬というのは基本的に屋外で行われるから、ファンがキレイに改装されてもう久しい東京競馬場のスタンドで好き勝手やったところで、問題はその前の満員電車の方だろうというのが、本質的な部分。

各スポーツに影響が大きく出始めている状況で、JRAが途端にファンの締め出しをするはずはないが、咳をしている人くらいは、歯磨きもシャワーもしなくていいから、車内ではマスクをしてもらいたいものだ。

6歳馬が人気になる一戦。

大いに怪しい面もあるが、GⅠ馬ならばそれがクリアできるという側面もあったりするフェブラリーS。

良馬場になると妙に時計が掛かる傾向が、良馬場としては平均的な含水率になりそうな多雨の厳寒期を迎えた東京ダートにおいて、今年も継続するとは思いづらい。

7歳馬は勝っていない。8歳馬も。

その辺りが、6歳と言えでも、芝のGⅠシーズンではない時期のフェブラリーSの傾向と見事にリンクする。

やや無理筋ながら、キャラを理解する過程で戦績との本質に乖離があるように感じた4歳の重賞2勝馬・デルマルーヴルを狙ってみたい。

ルメールよりデムーロが頼れるとされた頃に目立ったダートへの親和性というか、柔軟な対応力は、中央で行われるGⅠ両獲りを唯一果たした中央生え抜き以外の騎手であること、全盛期のオリビエ・ペリエとGⅠフェブラリーS黎明期に皆を圧倒した岡部幸雄など3人しかいない連覇を経験した実績だけでなく、オメガパフュームという小柄なダートのトップホースで結果を出している点もデムーロ騎手は評価できる。

唯一の東京1600の経験が、同日開催が通常のヒヤシンスS。

初の芝スタートで2歩目で滑ったような感じで、その際に内枠だから進路をカットされてしまって、それまでも乗っていたルメール騎手がマイルの差し馬というような型を作り上げている中で、不完全燃焼の3着。

その前に園田や川崎でも結果を出し、ドバイ遠征後は地方行脚の末、名古屋のエキセントリックな2500M戦で重賞を制したから、パンチの利いた浦和や川崎で乗ったマーフィー騎手は、きっと彼はスタミナ溢れる馬という認識だったのだろうけど、きっと、デムーロ騎手は全日本2歳優駿2着時のいい感覚を持っていて、ぐるぐるタイトなコーナーを回っていくようなレースよりよっぽど、ワンターンの競馬が合っていると考えてるはず。

が、色々経験しているので、揉まれてもガッツを出す岡部誠の叱咤に応えきった側面も秘める稀有なパイロ産駒なのは間違いない。

同系の好走馬として、何度もここで好走したインカンテーションや昨年の覇者であるインティは、幾重にも積み重ねられたネイティヴダンサーの芸術的構成が、パワーあふれる才能を底力の求められる場面でこそ発揮する原動力となったわけだが、デルマルーヴルはインカンテーションと似ている血統だけではなく、母父に馴染みのヘイローと同族のノーザンダンサーの母であるナタルマやその母で両者の祖母であるアルマームードのきついクロスが内包されている点。

インカンテーションは母父マキャヴェリアンの母がアルマームードの3×3、デルマルーヴルの母父父のデインヒルがナタルマの3×3を持ち、後者はそれにより生じたネイティヴダンサーの4×4が起点となって、ネイティヴダンサーの大きな輪が出来上がっている。

ミスプロにノーザンダンサー、ノーザンダンサーと同配合のアイスカペイドが、早熟性と無類の芝嫌いの性質を示すパイロの頼りない面を補完している。

4歳馬があっと言わせたシーンは、ここ最近の方が多く、サクセスブロッケンもコパノリッキーも、3歳春頃までの勢いは失せたとされ人気を落とした豪華メンバーのフェブラリーSで、華麗なる復活を遂げた。

まだGⅠ勝利には縁のないデルマルーヴルだが、コパノリッキーよりは早熟でサクセスブロッケンより上がり目十分。

前走惨敗の馬は若いほど狙い目。

当然、インティもマークするが、本命と真逆、進境著しい7歳ボールドルーラー・ヴェンジェンスの充実ぶりも侮れないので、予想のベクトルからこれもしっかり押さえておきたい。

ただ、上位に選んだ2頭よりは渋った馬場を好むタイプか。

◎デルマルーヴル

○インティ

▲ヴェンジェンス

注アルクトス

△サンライズノヴァ、ミッキーワイルド、モズアスコット、ワンダーリーデル

フェブラリーSの筋読み~レースレコード・最多勝・黄金配合

レコード(レースレコード)

良 06 1:34.9<カネヒキリ・牡4>

稍 09 1:34.6<サクセスブロッケン・牡4>

重 16 1:34.0<モーニン・牡4>/RR

不 05 1:34.6<メイショウボーラー・牡4>

単純明快。速い馬は若い。

それ以上でもそれ以下でもないので、時計の読みが速いとなった場合、必然的に若い馬を狙うのが筋という話になる。

→今年速い展開で狙い目は、人気の6歳馬となってくるわけだが、レコード決着となったら、デルマルーヴルを推すしかない…。元々は、1400で活躍していた馬ではある。

最多勝

騎手 武豊/5勝<03(中山)・06・08・15・19>

全て1番人気での勝利。そんな騎手もいなければ、そういう機会もない。

ちなみに、フェブラリーS1番人気の武騎手の成績は【5001】である。

調教師 村山明/3勝<12・14・15>

全部派手な競馬というか結果になっているのは、本当に得意な舞台ではなかったからなのだろうか。

どれ一つとして、普通がないというのはどうなのか。

→横山典弘やキングカメハメハなど2着止まりが多いタイプの取捨と、ペースの判断が肝。

黄金配合

種牡馬

①ゴールドアリュール/4勝 ②その他バラバラも、キングカメハメハ産駒は未勝利

母父

①サンデーサイレンス/2勝 ②父と母父が入れ替わってもパフォーマンスの差が出ないケースが多い

配合

①ヘイロー系×ノーザンダンサー系、サンデー系とミスプロ系の組み合わせ/4勝

②スプリントGⅠ以外でダート路線で幅を利かせるノーザンダンサー直系は5勝も、母父はバラバラで、各々にスピード能力に違いがある。

→スピード能力の根拠が血統にあったとしても、パフォーマンスが伴ってることが重要。ゴールドアリュール以外は、前走の内容の方が問題になってくる。

2、3着が多いということでは、ほとんどリピーターが来ている中で、ついに勝ち切れなかったブライアンズタイムや残り少ないと思われるキングカメハメハ産駒が食い込んできている。

時に番狂わせは起きるが、人気馬自身の問題であったということで言えば、血統的観点からの軸馬の選定はあまり難しくないように思う。

1か月前予想(2020/1/29)

4歳から強い馬が出てきそうにない状況で、今年のフェブラリーSは限られたメンバーによる混戦といった趣になってきた。

 

①クリソベリルの出否

常識に考えて、陣営の早合点で早々に行きますと高らかに表明したのが間違いだったというだけで、ドバイミーティングでの選考の傾向などを踏まえると、よほどの政治的な理由が絡まない限りは、フェブラリーSには登場しないだろう。

そもそも、東京で使ったことがない。

東京は東京でも、中央道の脇ではなく首都高の脇にある大井競馬場だけ。

現状、いないとして話を進めていくのが常道。

 

②インティ問題

逃げなかった東海Sを経て、ある種の煙幕張りに成功したところがあるから、ちょっと人気が集まりすぎても、若い時期のコパノリッキーくらい信用できる可能性がある。

時計の幅が東京では制約があったリッキーとは違うので、楽逃げで左回りの怪しい面を相殺させることはできるだろう。

中京の謎の高速馬場で復活して見せた。消耗しないで、前哨戦も使われたから、最大目標だろうフェブラリーS連覇の確率は急上昇している。

丸太ボディが戻ってきそうな京都での気配だったから、上がり目が十分に期待できる。

 

③速い馬に有利か否か

コパノキッキングが今後の展望を考え、今年もフェブラリーSに挑みそうな流れ。

根岸Sで余程の凡走がない限り、故障以外での欠員はない。

一方で、より層の厚いはずの中距離路線が現在少し手薄。

王道路線で連チャンがあるグループは、サウジC創設により、川崎記念との完全な棲み分けが可能になり、今までの傾向が活かされない可能性が出てきた。

だから、スプリント型が台頭できるか、と言われると怖さもあるわけだが。

 

道悪では圧倒的に東海S組が有利

少なくともここまでで3つ考えられる要素を総合すると、

ダート克服のモズアスコット

好タイム勝ちの5歳人気馬

という根岸S組の登場以外、中京、京都で戦ってきた馬の再戦ムードとなりそうだ。

あとは、今年やたらと多い道悪競馬になるのかどうかということ。

道悪だから負けるということは少ないが、道悪だから台頭した馬は、過去何頭も登場し、いずれも若い馬は躍動した。

道悪では、圧倒的に東海S組が有利だろう。

 

------

↓4月11日(土)まで、無料配布中だそうです。

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方