STV賞2020の予想をデータと追い切りから分析してみる

競馬予想ブログ JUST

STV賞 2020 予想|過去のデータと血統から傾向を分析!予想オッズにも期待がかかる一戦

読了までの目安時間:約 3分

 

今週の土日メインはすべて芝の非根幹距離戦であり、どれもいかようにも解釈可能という組み合わせ。

難しすぎるというのもあるが
日曜は同じ条件のクイーンSが行われるという手前、力試しの感じで札幌のレースを狙う。

注目したいのは、どうにも歯痒い矢作厩舎の不活性ガス・ユニコーンライオン。

前走は、図体がデカいからとりあえずと使ってみたダートで爆死。

大きな体で仕掛けのタイミングが難しいから、中央場所では阪神外回りが合っていそうだったが
流れに乗っても最後はキレ味で見劣り、3歳重賞で掲示板に載るので精一杯だった。

ところが、アーリントンCと神戸新聞杯の間に挑んだ函館は、2戦2勝。

勝負強さも見られた2勝クラスの内容など、この先楽しみと思わせたが
結局、1年経って北海道に戻ってきた。

ユニコーンライオンの兄・ザワウシグナルと父・ノーネイネヴァーには共通点があり
夏のドーヴィルで行われるモルニ賞という、フランス版の函館・小倉2歳Sミックス型GⅠを勝っている。

本来、その血筋の通りの馬体であるなら
短距離型なら尚更同じ道を進むものだが、ベースが北米血統だから一筋縄ではいかない。

芝得意のストームキャット直系の呪縛が、こうした奇異な特性を生んだのだろう。

どの道、主要場では道悪でも走らないタイプ。

プライドを取り戻すために、意外と手が合いそうな代打・石川騎手の腕っぷしにも期待したいところだ。

ゴールドシップの仔を重賞で勝たせる騎手には、きっとこういうタイプは合っている。

昨年はユニコーンライオンと同じような軌跡を辿り、神戸新聞杯ではほとんど並んでゴールのシフルマンも
松山騎手で初めて逃げたのも良くなかったが、ずっと松山騎手で勝てなかったから、ハービンジャーの仔で岩田パパという点も踏まえて、相手筆頭とする。

 

 

↓【注目】埼玉新聞栄冠賞の無料買い目はコチラで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方