京都大賞典2020【予想】|過去のデータ分析と最終追い切り

競馬予想ブログ JUST

京都大賞典2020【予想】|過去のデータ分析と最終追い切り

読了までの目安時間:約 11分

 

2020年10月11日(日)京都競馬場11R:京都大賞典2020の予想です。

前走を戦い終えて出走予定馬たちは本レースをどう走るのか?
レコードが期待出来る本命の馬はもちろん、馬場が大荒れの際の予想オッズから大穴までを深く予想!

厩舎、外厩情報や様々な参考レースを診断しながら激走しそうな馬を想定しました。

穴馬対策も考慮した展開予想で的中率を上げて過去配当以上の三連単を狙います。

 

コース:京都競馬場
距離:芝2400m(右回り)
グレード:重賞(giii)
発走時刻:2020年10月11日(日曜)15時35分
賞金:6700万円

 

 

 

京都大賞典2020の出走予定馬(枠順確定)

 

京都大賞典2020の出馬表

枠順出走予定馬騎手斤量馬体重
1枠ダンビュライト松若 風馬56488
1枠キセキ浜中 俊57502
2枠シルヴァンシャー北村 友一56482
2枠タイセイトレイル川須 栄彦56496
3枠ノーブルマーズ高倉 稜56492
3枠ステイフーリッシュ藤岡 佑介56464
4枠リッジマン古川 吉洋56452
4枠カセドラルベル松山 弘平54552
5枠モンドインテロ嶋田 純次57484
5枠アルバート岩田 康誠56472
6枠バイオスパーク和田 竜二56476
6枠ドゥオーモ藤岡 康太56472
7枠グローリーヴェイズ川田 将雅58460
7枠アイスバブル幸 英明56450
8枠パフォーマプロミス福永 祐一56466
8枠ミスマンマミーア池添 謙一54470
8枠キングオブコージ横山 典弘57492

 

 

京都大賞典2020の過去10年傾向と歴代データ

 

 

G1未勝利の当該年重賞勝ち馬(6歳以上)

1着2着3着4着以下
0回0回0回4回

 

パフォーマプロミスが該当!
→こういう馬は往々にして、GⅠ好走から縁遠いものだが、あり得ないローテで前走重賞勝ち、前々走GⅠ3着というパフォーマプロミスの実力が衰えているわけがない。
普通ではないから、キセキより上の着順で何の不思議もない。

 

 

 

前走・宝塚記念

1着2着3着4着以下
4回1回4回10回

 

キセキ、ダンビュライト、グローリーヴェイズが該当!
→これも高齢馬の好走例は限られるから、酷い着順ではあっても、勝ち馬以外は本当にいい競馬であったか疑問のレースなので、出走馬のその後もパッとしないから、横一線という見立てでもいい。
まだ5歳でフレッシュさも残るグローリーヴェイズは、その経験値の乏しさが前走の敗因であったから、今度は菊花賞や天皇賞での実績を大いに活かしていきたい。

 

 

京都大賞典2020を血統予想

5年に一度くらい、絶対に連を外さないだろうと思われた秋緒戦のG1馬が大凡走することがある。

 

昨年もその類で、以後全くいい軌道に乗せられていないエタリオウはともかく、
直後に香港国際競走の長距離カテゴリーに属すG1・ヴァーズを完勝するグローリーヴェイズも全くいいところがなかった。

 

血統にそこまで違いがあるのかと、1、2着馬の配合との差を書き出すと、

 

①ドレッドノータス ・・・<ハービンジャー×サンデーサイレンス>
②ダンビュライト ・・・<ルーラーシップ×サンデーサイレンス>
⑤エタリオウ ・・・<ステイゴールド×カクタスリッジ>
⑥グローリーヴェイズ ・・・<ディープインパクト×スウェプトオーヴァーボード>

 

これ、厳密に審査をしていけばわかるが、ここに至るまでの主だった実績で上位入線組が見劣るというだけで
重厚な血にスピードや瞬発力をプラスした父と母父の組み合わせで、大きさな差はない。

 

時計勝負に対する適応力が、前に行ける2頭にあったというだけの差。

 

だから、普段通りに動けなかったから、人気の2頭は力を出し切れなかったのだ。

 

休み明けがダメな感じもしない両者だけに、休み明けでも来るのが普通の京都大賞典は、ステイヤーだろうと何だろうと、京都に苦手意識さえなければ、まず有力馬の凡走はない。

 

ただし、春の天皇賞で力勝負をした後だと、宝塚記念を挟むか否かに関係なく、仕上がり途上のケースは多い。

 

シュヴァルグランはJCでは毎年のように好走していたが、必ず春の天皇賞で頑張ってからここに挑むので、連対することはなかった。

 

グローリーヴェイズは、昨年は天皇賞2着からの休み明け。

 

その天皇賞も1月の日経新春杯からの直行だったから、日経新春杯も菊花賞以来だったことまで考えると、ずっと似たような間隔でも、目標と目標の間にあるレースに力を注ぐわけにはいかないというのはあったか。

 

器用なようでパッとしないことも多い、元は初代三冠牝馬・メジロラモーヌを頂点としたメジロ牧場の名血たるアマゾンウォリアー系の馬であり、ラモーヌからしたら直系の曾孫にあたるのがこのグローリーヴェイズ。

 

グローリーヴェイズ ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason(サンデーサイレンス系)
Wishing Well Understanding
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard(リファール系)
Berghclere Busted
メジロツボネ スウェプトオーヴァーボード End Sweep Forty Niner(フォーティナイナー系)
Sheer Ice Cutlass
メジロルバート メジロライアン アンバーシヤダイ(ノーザンテースト系)
メジロラモーヌ モガミ
メジロヒリユウ(アマゾンウォリアー系)

 

 

内枠は有利か?脚質は逃げ馬が狙い?

クラシックとトライアルでは無敵であったメジロラモーヌながら、2歳のデビューから3歳のクイーンCまでの間で、良馬場にも関わらず、重賞とは言え2度の4着があった。

 

最後の有馬記念も不利が最大の敗因とされるだけに、振れ幅は大きいようで、本番では必ず走る馬というイメージとは合う。

グローリーヴェイズはこれまでG1は4戦のみで、5、2、1、17着という記録。

 

問題は、いかにも重馬場が合いそうなリファールのクロスを持つこのディープインパクト産駒が、どういうわけだか、全くフィットする感じのなかった宝塚記念になってしまったかということだろう。

 

今週も似たような馬場になって不思議ないし、土曜開催強行ならば、昨年の秋華賞のような馬場状態もあり得なくないわけだが、

 

  • ジェンティルドンナ
  • スマートレイアー
  • トーセンラー

 

といったリファールクロス持ちの面々は、ディープインパクト産駒の中でも獲得賞金上位でありながら、道悪は苦にしていた。

キレが目立つというより、豪快に立ち回るイメージもある実力派だったから、鮮烈な末脚はそのまま、リファールの代表産駒であるダンシングブレーヴに似たキャラクターとも置き換えられるだろう。

 

ジェンティルドンナよりは大人しく、トーセンラーよりはずっと渋といグローリーヴェイズは、スマートレイアーもトーセンラーも京都大賞典の好走馬であることを踏まえても、適性はある。

 

重厚さで勝負できる国内の競馬は限られ、それは長距離戦に集中するという中、2度の海外遠征と何度も繰り返す休み明けでの出走を経験するうちに、かなり内面的な成長が見られたはずだ。

 

その証拠に、初の国外でのレースとなった香港ヴァーズは、テン乗り騎手で初コースで
叩けば変わるというタイプではないのに、昨年の京都大賞典とそう大差ない位置取りでコース選択の違いで差は出たが、差す形そのものの変化はなかった。

 

嫌っていた小回りにも対応し、いよいよ、宝塚は道悪がダメだったということに終始するわけだ。

 

川田騎手はそこまでこの馬に癖のようなものを感じていないだろうから、出たなりのポジショニングを心掛けるだろう。

 

作戦は特にはないが、スマートレイアーがハイペースのインをついたように、インからの抜け出しなんかは合うタイプにも思えるし、位置をとるタイプの鞍上の流儀にフィットする可能性がある。

 

デムーロでダメで川田でいいという単純な図式は有り得ないが、後者の場合、下手に乗ることはあっても序盤から諦めることはしない。

 

京都大賞典2020を消去法で最終予想

 

一時はスランプを極めたサトノダイヤモンドを復活勝利に導き、ラストインパクト、ラブリーデイで連覇など、10年で3勝の名手の力をここは信じたい。

 

道悪競馬は宝塚記念のみだが、3歳時に夏の新潟開幕週で2000Mを1:56.6で乗り切った能力は、昨年のここでは発揮されず、日経新春杯や香港ヴァーズのような軽くはない条件での好結果の方が目立っている。

 

開幕週が得意ならば、好走した新馬戦もきさらぎ賞も開催の後半なのだから、そういう見立てが間違いのようで、明らかに重い馬場になりづらい京都の秋開催の傾向から、渋いくらいの馬場は今はフィットしてしまうかもしれない。

 

期待値込みにはなるが、香港のG1を制した馬で日本の渋馬場を苦にした馬など記憶にない。

 

 

 

 

↓【注目】平和賞で高額払い戻しを狙う無料買い目はコチラで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方