競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

アドマイヤの近藤利一氏死去<平成の名物オーナー逝く>

読了までの目安時間:約 2分

 

17日の早朝。予てよりがんの闘病中であることを公表していた馬主・近藤利一氏が、大阪市内の病院で亡くなったことが明らかになった。享年77。

銀幕の名優たちが次々に天国に旅立っている昨今、日本競馬界においてアドマイヤのブランドイメージを確固たるものにした名物オーナーの死もまた、かなりの影響を及ぼしそうだ。

尚、故人の馬主名義変更には1か月の猶予期間があるため、恐らく、香港マイルに出走する予定のアドマイヤマーズは、近藤利一氏名義の最後のGⅠ挑戦になると思われる。

乗り替わりや突然の名義変更などでも話題となった・名血アドマイヤムーンや非業の死を遂げる直前に豪GⅠを制したアドマイヤラクティなど、国内外におけるチャンピオン級のGⅠタイトルをこれまで数多く制し、中央のみでも計13勝を誇る。

2歳王者であるアドマイヤコジーンが安田記念で復活を遂げた2002年には、同じ朝日杯覇者のアドマイヤドンを、菊花賞から中1週で盛岡でダートのトップホースへと変身させた。

M.ロバーツ、後藤浩輝、藤田伸二、安藤勝己…。

もう鞭を置いた名手たちにとっても、実に思い出深い出会い。

しかし、惜しむらくはあの黄金期を支えた武豊騎手と、香港での出来事を機に仲違いしてしまったのは、ファンにとっては残念だった。

ここに挙げたラクティ以外の3頭には、実はみんな乗ったことがある。

心残りがあったとすれば、それであるといいなと思う筆者だ。

 

タグ :               

ニュース

サートゥルナーリアほか クラシック展望①

読了までの目安時間:約 3分

 

サートゥルナーリア、ダノンファンタジーらの将来性、アドマイヤマーズとそれに敗れたグランアレグリアらの距離適性とクラシックディスタンスへの順応性の伸びしろのようなものが、ある程度把握できた暮れのビッグマッチで明らかになったことは、

「既に、これはトライアルであった」

ということ。

何しろ、6月デビューの馬がこの4頭の中で3頭、夏の中京開幕週でビューのアドマイヤマーズに至っては、返す刀で同開催のオープン特別を快勝し、世代最初のオープン馬になっている。

だから、クラシックなりNHKマイルCの前哨戦群の一つとして、かつては本番ではない、東京スポーツ杯やら旧ラジオNIKKEI杯、牝馬で言うところのファンタジーSがそういう機能を持っていたのだが、さらにそれがグレードアップした形で、今はGⅠがはっきりと来春を展望する鏡になったと言えるのだ。

朝日杯が阪神に移って以降、ジュベナイルFが桜花賞に直結したように、クラリティスカイ、ボンセルヴィーソ、一昨年の上位3頭がトライアル総なめ、4着ケイアイノーテックがマイルC優勝というように、皐月賞だともっと成長力を示さないといけないのに対し、マイルCでは十分に上位争いの根拠となる底力が反映される結果になることが、わかりやすく明示されてきた。

11月以降デビューの馬でも、春の内に間に合うことはなくても、有馬記念で活躍のブラストワンピース、キセキはそういうグループに入ってくるし、その前の年の優勝馬は有馬3年連続好走で菊花賞馬でもあるキタサンブラックで、これが明けて東京のデビュー。

両極端である一方、最初から才能のあるタイプに向く春のタイトル戦に、秋デビューの馬では対応しきれないことが見えてきた。

ニシノデイジーを超えろと、クロノジェネシスより前で勝負を、が標榜の今春の争い。

サートゥルナーリアにはスタミナ勝負を持ち込み、ダノンファンタジーには前が受けても競り負けない二枚腰が必要。

フェアリーS登録のタニノミッション、コントラチェックら良血馬、京成杯参戦見込みのカテドラル辺りに、週末は期待したい。

シンザン記念組では荷が重い。

 

タグ :       

コラム