競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

グッドチャンスとバッドケース

読了までの目安時間:約 3分

 

北村友一、D.レーン、浜中俊

奇跡的に出くわした運命の展開利。

しかし、ダミアン君の6月末の再ブレイクは、完全に日本競馬を理解した中でのジャックであるから、日本の騎手には、海外遠征などが長期に及ぶ場合の利点であると、このことはしっかりと理解すべきことだろうと思う。

北村、浜中両騎手には、期待の裏返しで、失望が伴う評価が何度となくされてきたが、たまには、いい思いをすることもある。

自分を見失わないことで、名誉を浴したのだから、よくなかったことをいい糧にするチャンスが再び、彼らに与えられたのだ。

アーモンドアイとダノンプレミアム

果たして、安田記念でよかっただろうか。

アーモンドアイは急な方針転換、ダノンに関しては、本当の意味での力試しだったわけだが、ダノンのメンタル面から来る僅かな死角が、連続東京のダメージが明らかに影響したようなロジクライのスタートで全てがおかしくなった。

みんなが傷ついたのは、本当は主役級だった1、2着馬に正攻法で挑めなかったその状況にある気がする。

どうしても、納得できないことがある時、そのほとんどは臨戦過程が妙に出来過ぎであることが多い。

なぜ勝てたのかは強かったからに他ならないが、なぜ負けてしまったのか、はないに越したことはないが、少頭数で勝ちすぎると、案外ダメなものである。

宝塚記念/リスグラシューとその他の構図への違和感

臨戦過程は余裕のローテで、こちらは既存勢力が有利だった気もするが、その違和感でレース史を彩ってきたのが宝塚記念だ。

リスグラシューが勝つための条件が揃っていた、とも言い換えられる。

違和感が宝塚記念の個性なのだから、リスグラシューだけが目立つのが普通で、その他が負けるのもまたいつも通りだった。

唯一、牡馬が勝ち切れない状況も牝馬にガッツがあることも、ずっと前の2歳当時から分かっていたから、これだけは勝負の綾ではないと言える。

とっくの昔に、その辺のラインは曖昧になっていたはずなのだが…。

 

タグ :     

コラム

2017年 2歳戦総括 牡馬編

読了までの目安時間:約 3分

 

ホープフルSは完全にクラシックを展望するレース。

全総括の際に、じっくり振り返るとする。

しかし…。

牝馬のチャンピオンも文句なしだったが、マイルのチャンピオンは芝もダートもびっくりするほど強烈な才能も持ち主である。

あまり差をつけたりせず、記者の皆さんには平等な目での投票を望みたい。

ダノンプレミアムが圧倒した朝日杯FSは、見た目はスローでも、完全なスローだった阪神での前3年の展開とは違い、多少なりとも後傾ラップにはなったが、直線で先行馬が後続を突き放したのだから、もう全くこの中に比較対象がいなかったという結果に終わった。

2.3倍の単勝オッズは、多士済々と思われていた戦前の下馬評を考えたら妥当なのかもしれないが、終わってみれば、グラスワンダーの1.3倍レベルのレース内容だったから、大枚をはたく価値は十分あったように思える。

レースぶりの素晴らしい点を挙げるならば、新馬戦は少し抑えてから、直線での末脚を繰り出すごくごく普通の競馬をしていたのに、流れがもっと厳しくなってから、それと同じ競馬をしているのに、どんどん直線のパフォーマンスが進化していることだろう。

同じ位置取りで、直線の伸びが違うのだ。

他陣営が損した気分になる。

もう歴史的名馬と比較してもいい存在だろう。

例年なら、差し追い込みがバンバン決まっていたはずだ。

ハチャメチャなレース内容で、川崎ナイターをジャックしたのは、それまで2戦楽勝中のルヴァンスレーヴ。

シンボリクリスエス産駒ながら、重厚すぎず、早さも備えたファンシミン系の良血馬である。

これまでは道中どこだろうと早め先頭の競馬であったが、タイトな川崎で危険なレベルな出遅れから、ほとんどアロゲートの再現のような追い上げで、結構強いはずのドンフォルティスを馬なりで抑え込むのだから、こちらも手が付けられない。

その他を語れるほど、両勝者との力量差が均衡していれば話は別だが、そうではないことは明白。

普通に競馬をされてしまえば…、という差だったから、朝日杯、全日本歴代の勝者の中で、共に最強馬が誕生したシーズンということで、小市民は納得するしかない。

驚くべき才能である。

 

タグ : 

コラム

朝日杯フューチュリティS(2017)見解

読了までの目安時間:約 4分

 

◎タワーオブロンドン

○カシアス

▲ダノンプレミアム

先週は人気馬が飛んだが、川崎では無茶苦茶なレース内容で断然人気馬が快勝した。

今週は果たして。

ローテに無駄のないダノンプレミアムは、ローテにケチをつけられる筋合いはない半面、全く揉まれることなく2戦快勝への不安材料はある。

プレッシャーの質が、今度は後ろからだけではなく、前の作る流れに影響されるというのは、殊GⅠに関しては日常茶飯事。

変にスローでは、返って危険というパターンもある。

筆者は、前哨戦の一つである京王杯2歳Sに無敗馬ではなく、すでに負けている馬がいて、それがオープンクラスを制している有力馬が多いから、これは信用できるとした。

誰でも能力全開の阪神外回りコースで行われるこのレースは、これまで3回、全て直線一気型の馬が制している。

この後活躍しないことがあるのは、今も昔も変わらない。

ただ、それが意味することは、ディープ産駒が2勝しているように、それも急に勝てるようになったことからも、ただならぬ才能を求められる舞台であることの証左のような気がしてならない。

追う者が強ければ、それが自分より強くなくても、能力120%発揮で人気の評価など逆転できてしまうのだ。

ディープ産駒は2頭いるが、鋭く反応できそうなタイプではない。

同時に、揉まれてきた組の経験値は、どのレースも力のある馬が多かったから、負けただけで脱落というものでもなく、戦法のバリエーションも案外豊富だったりする。

大外一気というより、最後は外からという2歳GⅠの流れに乗って、タワーオブロンドンの決め手をここは評価したい。

レイヴンズパスは欧州調教馬でオールウェザーBCの覇者になったアメリカン配合の芝馬。

母系はクラシック戦線でも馴染み深いディーマジェスティなどがいる欧州配合で、ヨーイドンの勝負に強く、トータルの好時計決着は苦手にする面も秘めるが、そんな馬が2戦続けて1400Mを1分21秒台で差し切り勝ちである。

前走のスローのレースの方がよりキレたから、距離延長の不安材料は少ない。

1600未経験の馬は、マイネルマックス以来しばらくご無沙汰だが、そういう馬は年々番組選択の自由度が増して減っているのも事実。

一概に、ダノンプレミアム有利の説には繋がらない。

先輩も快勝した京王杯勝者で、欧州配合にありがちなノーザンダンサーてんこ盛りの偏在型良血配合ではなく、ブリガディアジェラードやタルヤーなど、比較的ネアルコの主要血統との組み合わせにも適応できる底力型の種牡馬も5代以内に入った、タフさが基調のスピード型。

2000Mでダノンと同レベルとは思えない気性だが、この距離であれば、キレが鈍る可能性は考慮しなくても大丈夫なはずだ。

もっと前走より前に行く気を魅せれば面白い夏の2歳S覇者カシアス含め、相手には、

注フロンティア

△ステルヴィオ、ダノンスマッシュ、ダブルシャープ、ファストアプローチ

など、人気にはなっても、一定以上のスピード能力を持った馬は、純粋に評価したい。

もう、2歳のチャンピオンレースは朝日杯だけではない。一番強い馬を決めるレースに変化はないが、今後はより、2歳チャンピオンのためのレースに傾倒していくだろう。

 

タグ :  

未分類