競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ミッキーメテオ、ヴェルトライゼンデほか新馬回顧<8/31・9/1>

読了までの目安時間:約 3分

 

雨の影響がやはり残った土曜競馬は、荒れ気味の芝の状態を含めて、稍重化した良発表という感じで進行していった。

午後1番手の芝の新馬は、そういう影響が出ている雰囲気だった。

最終週は例によって、2歳Sなどが開催される影響で新馬戦は多く組まれない。

質もやや低下する。

その中で、新潟の1800戦は国枝ディープ×中内田ルーラーの対決ということで、ちょっと盛り上がったのだが、ディープというかヘリファルテの全妹が出負け気味のスタートから巻き返すも、直線で反応せずの案外の内容で、ルーラーの方が圧勝という結果に。

勝ったミッキーメテオは、ヌレイエフ、ノーザンテースト、リファール、ニジンスキーら、芝のノーザンダンサー系根幹種牡馬がクロスせず、バランス良く配置され、品のある配合が魅力。

あとは、新馬あるあるのゲート入りのグダグダで人気2頭が消え、3番人気のクロフネ牝駒・ラブオナヴィータが楽勝の新潟ダ1200や、ヌレイエフクロスを秘めるルーラーシップ産駒のアイスシェルフが稍重の札1500で、実質重馬場の適性で快勝するといった展開。

小1200も断然人気馬は不発で、何だか時計が出るようになった感じも、エピファネイアの女馬・パドゥヴァルスが勝って、そういうことかと思ったりと…。

昔の晩夏のローカル競馬が戻ってきた感じは嬉しくもあるが。

夏最後の新馬戦と今年最後の新馬戦となった新潟、小倉のレース。

小倉1800は期待馬登場も、道悪であまりアテにならない大型のヨーロピアンが人気だからと思って見えていると、ドリームジャーニーだし、池江厩舎だし、川田君だし…、みたいな感じで、ヴェルトライゼンデで快勝。

見方によっては、全然本気を出していないように見えたし、格が違ったようだ。

一方、新潟1400では断然人気が飛んだのだが、勝ったロードエクスプレスの評価が間違っていたのでは、という結果に思えた。

キンシャサとウォーニングが混ざって、インリアリティのクロスを持つ馬は、実に渋とく活躍するはず。

負けたエストロより、芝の底力勝負は歓迎だろう。

 

タグ : 

レース回顧