血統的春総括

競馬予想ブログ JUST

血統的春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

親仔海外GⅠ制覇と血縁

ロードカナロア→アーモンドアイ<キングカメハメハ>

ハーツクライ→ジャスタウェイ<サンデーサイレンス>→(ヴェロックス)(マスターフェンサー)

ステイゴールド→ウインブライト<サンデーサイレンス>

日本調教馬による2代連続の海外GⅠ制覇は事例が少なく、ハンプトン系<主にハイペリオン系>とノーザンダンサークロスの組み合わせが、

ウインブライト/ノーザンテーストのクロス

また、アーモンドアイもヌレイエフは5×3とクロスしていて、その母父がハイペリオン直系の孫のフォルリ。

ノーザンダンサーは父母父ハイペリオンで、ヌレイエフの代でその4×4がある。

ジャスタウェイは父の代と比べ、母系にハンプトンの直系がわんさか。

セントサイモン色は薄め。

ハイペリオンとフォルリは、英、亜のダービー馬という共通項があり、ヌレイエフはノーザンダンサーがケンタッキーダービー馬であり、代表産駒のパントレセレブルが仏ダービー馬。

サンデーサイレンスはノーザンダンサーと同じく、プリークネスとの二冠馬で、真の血統馬であることを海外で証明しているのだとも解釈できる。

逆転の血

2番人気以下で、1番人気馬とGⅠで連続して対戦した馬が、前走と着順を入れ替えて先着、馬券内に入ったという例はこの春だけで、

キセキ⇔ブラストワンピース

クロノジェネシス⇔ダノンファンタジー

ダノンキングリー、ヴェロックス⇔サートゥルナーリア

サンデーサイレンス

キングマンボ-ミスタープロスペクター-レイズアネイティヴ

ストームキャット-ノーザンダンサー-ニアークティック

ボールドルーラー-ナスルーラ

主流系統の組み合わせはどれも同じだが、スパイスは底力型の傍流系統。

クロノジェネシスとキセキには薄っすらながらリボーの血が入り、3歳牡馬の2頭には、母系にプリンスローズ系があるからそれも共通だが、ダノンキングリーは5代母クイーンホステスとその娘フォレストプリンセスにかけてブランドフォード直仔のブレニムの継続クロスがあり、ヴェロックスはブランドフォードの直系を母父に持つ。

豊かなスピードを底力の血が支えれば、その馬の骨格もしっかりするのだろう。

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方