こうしないと抵抗できない<古馬戦に向け>

競馬予想ブログ JUST

こうしないと抵抗できない<古馬戦に向け>

読了までの目安時間:約 3分

 

ロジャーバローズは順調だったなら、叩き2戦目の凱旋門賞で古馬と初対戦となっていた。

最近ではそういうケースは増えていて、オークスを経た馬だと札幌記念や毎日王冠を使って、その後にGⅠを勝ちに行くパターンが一般的でも、牡馬は菊花賞トライアルやらニエル賞を経て、古馬と初めてGⅠで対戦するのが今や当たり前。

秋のレースを3歳戦に限定するまでもなく、順調ならその次は必ず古馬との戦いになるのだから、高い目標設定をすべき世代のトップクラスになれば、距離適性なども加味した積極的な挑戦の足掛かりに、夏の成長度合いをまずは安全に見極めたいという気持ちになるのは分かる。

ちょうどそのレースが、札幌記念を除いて考えた場合、9月の3歳重賞に集中、それが10Fを超える距離であることから、大半の馬がダービーを経ているので、優位な戦いな可能となるわけだ。

しかし、昨年は新潟記念を選び快勝後、菊花賞を経て有馬記念を勝ったブラストワンピースが登場したり、アドマイヤムーンや凱旋門賞回避でブラストと似たローテになったブエナビスタらの参戦パターンが、古馬に挑む成功例としては一般的なところがある。

ジャスタウェイもダービーの後に毎日王冠、翌年は同じところから小倉記念に行ったラブリーデイが、それぞれ古馬初戦2着の後、じっくり成長期間を取って、翌年秋以降にチャンピオンへと成長を遂げた。

無論、クラシックホースか否かもローテの選択に影響を及ぼすものだが、ディープスカイもイスラボニータもついにGⅠには届かなかったわけで、ロジャーバローズも、最も3歳馬にはタフないきなり凱旋門賞では…、の構図は予想されていた。

アーモンドアイもジェンティルドンナも、JCで年長のクラシックホースを競り落とした。

順番を守らない以上、可能性をしっかりと最初の時点から示さない限り、斤量利のアドヴァンテージを活かせなかった格下馬のレッテルを張られてしまうのだ。

グルーヴィットにクリノガウディー、北九州記念で頑張ったディアンドルらには、これからを大いに期待したいものだ。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方