毎日王冠は参考になった

競馬予想ブログ JUST

エリザベス女王杯展望 – 毎日王冠は参考になった

読了までの目安時間:約 3分

 

3歳馬からは、オークスから直行のラヴズオンリーユーを筆頭に、なかなかの面々が登場してくる模様。

クロノジェネシスやダノンファンタジーが秋華賞でどう走るかまだ分からないが、紫苑Sから登場する有力馬も毎年のように登場。

秋華賞で不発でも、2歳女王戦から皆勤賞の2頭を含め、パッシングスルーやカレンブーケドールなども怖い存在。

どの馬もあのオークスを戦っている。

毎日王冠は大変参考になった。

何せ、あの強烈な高速馬場を戦ってきた面々が、再び、その評価通りに走ったのである。

去年の京都は、あまり軽い馬場にならなかった。

それで例年通りくらいの1分58秒台で駆けたアーモンドアイは、再び、東京の2400で破格の時計を叩き出したのである。

昨年ここで人気になったノームコアも、ここを勝ったリスグラシューも、この春に素晴らしいタイムで古馬のビッグタイトルを勝ち取った。

適性のズレと、その前年の参戦におけるアドヴァンテージ。

リピーターレースであると同時に、経験しているという強みが欲しいレース。

かなりの確率で既走馬が連対する一戦。

それが人気になれば、しっかりと走る。

ただ、牝馬だから3年続けてとなると難しい。

今年はそこまでの馬はいないから、4歳になったカンタービレやステイゴールド特殊枠でクロコスミアなどが注目。

となると、未対戦の未知なる魅力の馬に注目がより集まる。

ミッキーチャームはどう考えても、ローテがおかしい感じになるが、おかしい言い方をすると、ラヴズオンリーユーよりは間隔は短い。

おかしな話は続く。アーモンドアイと対戦した馬は、悉く、その後不振を極めた。

数少ない、重賞勝ちを決めた、それも2回勝った馬。

おかしいのはそれだけではない。

戦うごとに、ポジショニングを下げているのだ。

結果的にそうなっているようで、実は、とても戦略的なのではないのか。

逃げようと思ってそうしたわけではない秋華賞があるのなら、洋芝適性もある彼女が、ここでも主役になっても不思議はない。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方