ディープインパクト記念~鳴尾記念

競馬予想ブログ JUST

春の10F重賞見どころ~ディープインパクト記念、大阪杯、皐月賞、フローラSほか

読了までの目安時間:約 3分

 

2月にはないが、10F重賞の重要度は、日本調教馬の国外GⅠにおけるパフォーマンスを見ても、極めて高いレベルにある。

ざっくり、見どころを記す。

 

3月

 

ディープインパクト記念

セントライト記念よりもきっと盛り上がる、新生弥生賞。

常識的には、2000Mのオープン経験馬と重賞実績馬の対決になるが、ワーケアとオーソリティは誰が出てきても好勝負であろう。

 

金鯱賞

今後とも、古馬最高クラスのGⅡのスタンスは不変になる。

最近の好走馬では、スワーヴリチャードとリスグラシューが、後に大活躍した。超大物が潜んでいる。

 

4月

 

大阪杯

・全ての始まりであり、現状の力がほとんど見えてしまう、秋天以上に実力が判然とするGⅠ

・GⅡ時代でさえ、余力の程度が後の活躍を左右した

→4歳秋になって青天井の成長力を見せたキタサンブラックを除き、ここがラストチャンスになる馬の方が若干有利か。

 

皐月賞

・コントレイルに誰が敵うのか、しっかりと逆算して挑戦してきた馬の選別は肝要

・コントレイルが自由に走れる状況を、誰が阻み、誰が漁夫の利を得るのか

・コントレイルはちゃんと出てくるのか

→古馬GⅠでも通用の馬が多い年は、共同通信杯以降に使っている馬が圧倒的に有利で、コントレイルが例外になり得るかが焦点。

 

フローラS

肝心なオークストライアルの役目より、秋以降の充実に展望を求める未来のスター探しの特性がある一戦。

スピード型がまるで通用しない一方、時計勝負になりやすくなって、フレッシュなグループのみ、本番での残り目がある。

 

5月

 

新潟大賞典

時折、メールドグラースみたいな馬も出てくるが、宝塚記念レコード勝ちのアーネストリーは力を出し切れずに4着。

元より平坦巧者と隠れ左回り平坦巧者のぶつかり合いとなるが、ローカル向きには直線が長すぎるため、ならば、中山や特に阪神で勝ってきた馬というと、メールドグラースはそのパターンなので、これは妙味ありだろう。

 

6月

鳴尾記念

完全にローカル重賞のカテゴリーに入り、同時期のマーメイドSやエプソムCは出世レースの側面も併せ持つのに、そういった気配が全くない。

本番期待馬は厚めに買わない方がいい。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方