鬼脚の謎

競馬予想ブログ JUST

鬼脚の謎 ~ コントレイル、サリオス、ガロアクリークの末脚を分析

読了までの目安時間:約 3分

 

グランアレグリア

デアリングタクト

ガロアクリーク

とその前にいた2頭

 

よく考えてみると、皐月賞の一騎打ちだった2頭だって、相当な脚だった。

1、2、3着がそれぞれ上がりの順序と比例しているのだが、

コントレイル ⑫⑫⑫⑦→34.9

サリオス ④④⑥④→35.4

ガロアクリーク ⑪⑪⑩⑨→35.7<3位タイ>

 

4角手前でコントレイルとサトノフラッグは並んでいたはずだが、そこから20秒弱走った結果、1.1秒も差をつけられたので、コントレイルは改めて、化け物だと共通の認識を皆が持った。

同時に、自分よりちょっと前にいたウインカーンリアンに、直線だけで0.8秒つけてしまったのがサリオス。

見た目の印象も数字も驚くものではない一方、フィルターの種類を変えるだけで、彼らの才能が明らかに特別であることが一目でわかるのだ。

 

直前の桜花賞で、あり得ないところから追い込んできたデアリングタクトは、ブエナビスタやハープスター、2年前のアーモンドアイも知っている我々からすると、既視感があったのは事実。

しかし、20数年振りの本格的な道悪桜花賞で、上がりが掛かりすぎて差せない展開から、皐月賞の2頭ほどの圧倒的な脚力の差を見せたわけではないようで、36.6秒のタクトの数値に対し、37.1秒で2位のクラヴァシュドールとは走破タイムで0.7秒、3位で37.2秒のフィオリキアリとは1秒差なのだから、ほとんどの馬が38秒台だったことを踏まえると、これまた、異次元の追撃である。

 

高松宮記念も道悪で、上がりトップ3は33秒台前半で同等ながら、グランアレグリアだけは優勝争いにゴール直前で加わって、色々あっての2着。

パドック気配から群を抜いた存在と映った彼女の馬体重は、それなりの仕上がりでも、自己最高体重の486kgだった。

テン乗りの上に、古馬相手に僅か2戦目。いやはや、あの新馬戦から再びの衝撃を何度も見せてきたが、続きもきっとある。

 

因みに、ガロアクリークはスプリングSでレース史上最速の33.8秒を繰り出し快勝。

歴代のダービー馬、三冠馬も大いに快走しているレースで、この時点で相当な名馬であったのだと、今更気が付いた。

お恥ずかしい限りだ。

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方