日本ダービー 2020 (東京優駿)展望

競馬予想ブログ JUST

日本ダービー 2020 (東京優駿)展望

読了までの目安時間:約 3分

 

コントレイルのライバル探しになると思っていたところ、デアリングタクトが思わせぶりの怪気炎を上げ、変な風が吹いた。

 

ライバル物語とはここまで無縁の孤高のサラブレッドであったコントレイルが、次に手にすべきタイトルとして、皐月賞を叩き台にしたとはいえ、本当にダービーを狙っていたのだろうか。

 

我々がこの特殊なローテに感じた次にこそ本当の狙いが…、というのと、陣営の特に、福永騎手が考える筋道とは若干異なっているものを、何か感じた。

 

勝とうとせずにどこまで理想の結果を出せるものなのか。

 

荒れ馬場の不可抗力がそれを現実のものにさせたが、結果は思った通りだったのではないだろうか。

 

欲張らずにダービーへ挑む姿勢は、何だか律儀だ。

 

そもそも、皐月賞制覇に重きを置かないからこそのぶっつけであるという狙いは、共同通信杯から直行の組のそれとあまり大差ないわけだが、そういう余裕のローテで皐月賞を勝った馬はこれまで、

 

  • 19年 ①サートゥルナーリア→④<鞍上乗り替わり等、前走から3カ月半ぶり>
  • 16年 ①ディーマジェスティ→③<前走共同通信杯は道悪>
  • 15年 ①ドゥラメンテ→二冠達成<共同通信杯はリアルスティールの2着>
  • 14年 ①イスラボニータ→②<共同通信杯は1週繰り下げ>
  • 12年 ①ゴールドシップ→⑤<皐月賞道悪>
  • 90年 ①ハクタイセイ→⑤<きさらぎ賞道悪>

 

運も味方につけないといけないコントレイルにとって、休み明けで道悪の皐月賞を制したという結果が、ダービーやそれ以降の戦績にどう影響していくか。

その点を読み解くだけでも、データ上は絶対視禁物と言える。

 

4戦消化してしまったものは、もうリセットできない。

 

しかし、サートゥルナーリアは全部余裕ローテからの中5週のダービーでほとんど自滅だったのに対し、すでに中5週の前哨戦→本番のローテを経験しているコントレイルは、この点の死角がない。

 

関西馬でも再三の関東遠征で結果を出し続け、絶体絶命の1角トラフィックから3角手前からゆったり進出で、同キャリアのライバルをねじ伏せた。

 

併せたサリオスはダービー回避が既定路線。

 

過剰なスピードで勝負できる別路線が登場しない限り、ジエンドであろう。

↓【注目】オールカマー&神戸新聞杯の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方