血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

宝塚記念展望

読了までの目安時間:約 3分

 

有馬記念の上位人気・入線馬に関して、戦略のミスらしいものは何一つなかった。
レースの質こそ差はあるが、グランプリのコンセプトとしてはそっくりそのまま、宝塚記念にも当てはまるから、そこで最も強い競馬をしたとされるキタサンブラックの先行力は、今年どうだったかを再確認しないといけない。

彼にとって、メンバー中唯一、休み明けでの参戦に死角のあった大阪杯。
GⅡだろうとGⅠだろうと、あまりメンバーの質に影響はなかっただろうが、またしてもレースを牽引したマルターズアポジーのような存在は、より適距離になることで、有力馬であるほど不穏な雰囲気を醸すように思われていた。
が、有馬と代わり映えのしない先行策で、先行勢を無理に捌こうといなかったことでリズムよく流れに乗れたキタサンブラックには、後ろの動きが気にならない時計での勝負が見えたから、誰よりもイージーなレースになった。

風のようにさわやかな走りで、今季初戦を楽勝したキタサンブラックは、猛烈なラップを刻んだヤマカツライデンの逃げに惑わされず、後続の末脚の殺し方を深く理解した鞍上の機転で、春の天皇賞も同じ動きでレコード勝ちを決めた。
ただ、これはダービーで走れなかった恩恵をフルに活かした爆発的な能力の発揮であり、ディープインパクト以外、3分15秒台以上の決着で優勝した馬が宝塚を勝てていない点でも、消耗を考慮しないといけない状況になったのは事実だ。

逃げるタイプの小倉特攻部隊・マルターズアポジーやロードヴァンドール、落ち着いて逃げると今度は怖いヤマカツライデンなど、歴史に照らした先行馬の大穴は、広い馬場だけのものとは限らず、今回は台頭まで考慮しないといけない。
大阪杯から直行できる組は、これがGⅠ昇格の好影響で、単なる休養明けではなく、メリハリのある仕上げが可能になるから、サトノクラウンの一変も期待できる。

最大の注目は、長距離戦で不発続きのゴールドアクターか。
2200Mは3歳春本格化する前に2着があるものの、3戦2勝。
春天はレースにならなかったものの、上位勢と同じくらいの脚を使えたから、伏兵として挑める今回は、良馬場では特に侮れない。

 

レース予想

割を食うのは?

読了までの目安時間:約 2分

 

かしわ記念 5.3倍 3着
京都新聞杯 4.3倍 7着
NHKマイルC 6.3倍 9着
京王杯SC 5.3倍 11着
ヴィクトリアM 13.5倍 1着
平安S 4.8倍 10着
優駿牝馬 2.4倍 1着
東京優駿 5.3倍 1着
目黒記念 19.1倍 1着

同郷の名手O.ペリエ騎手以来となるGⅠ3連勝を達成したC.ルメール騎手。
5月の国内主要競走における単勝回収率は、若干穴男と化した後半の神騎乗の影響もあって、400%を軽く上回っている。

実績と鞍上の好調ぶりから、安田記念の1番人気はイスラボニータで堅そうだ。
が、この男の戦績を見ていくと、なかなかに歯痒くなってくる。
GⅠに限定すると、
~5.0倍【0220】
5.1倍~【1012】
ちなみに1番人気では、【0120】である。

穴男の側面がある一方、ここ4戦連続連対は古馬と戦うまで8戦続けて連絡みした王者だった頃の自分を取り戻したようにも映る。
ルメール騎手と本格的に手を組んだ近走は、3歳時のスポット騎乗も含めて【1310】なので、人気にならない理由はない。
ここ3走全て5倍を切ったオッズで、好調さを取り戻した皐月賞馬は、常に安定した走りでファンの期待に応え続けてきた。

「すこぶる順調。それが何より」
栗田調教師は、勝って自信を取り戻した厩舎の大黒柱について、状態面への自信を口にするのであった。
ダービーに因縁を持つパートナーとの組み合わせでは、ルメール騎手がダービーでも騎乗していた場合、その後GⅠ馬になる確率は100%なのだが、今回はGⅠ馬だからなぁ…。

 

ニュース

仮分類法

読了までの目安時間:約 3分

 

アエロリット
ND<ヴァイスリージェント>・フェアW×ヘイロー<父SS>×ND<ヌレイエフ>

レーヌミノル
ヘイロー<父SS>・ND<ノーザンテースト>×ヘイロー<非SS>×BR

ソウルスターリング
ND<サドラーズウェルズ>・ND<ダンチヒ>×SF×ナスルーラ<ネヴァーベンド>

牝馬戦線の勝者はどれも正攻法であり、時計もまずまず優秀だった。
今回は、彼女たちの血統構成に関して、概略した形でそのハイパフォーマンスの根拠となったポイントを探ることにした。
どの馬もノーザンダンサーのクロスを持つスピード型の可能性を秘めた配合だったのだが、五万といるそれを捉えた解剖は時間の無駄だ。

焦点は、ヘイローのあるなし、或いはその入り方に拘わらず、マイルの主要競走を勝っているという戦績であろう。
父親の系統がまるで違うようで、1600ベースで2000Mにも対応した名馬という点は共通。

そして、日本のクラシックおける9割以上の勝者に共通するヘイロー・ノーザンダンサーの従兄弟同士どちらかの直系であるから、その特に重要なラインを形成する<サンデー系>・<芝向き(欧州血統)>を、日本の芝主要系統とするならば、そちらの方を◎、他方を○とした場合、
アエロリット→○-◎◎
レーヌミノル→◎◎〇-
ソウルスターリング→◎◎--

更に、ネアルコ・ネイティヴダンサーなどを含めたファラリス系を△、その他を×とし、3、2、1、0と良血度合いを数値化した場合、同順で、
○△◎◎→9
◎◎○△→9
◎◎×△→7
と、結果に対する相関関係が判然とするような差異が生じた。

1分33秒台の決着となったGⅠが一つもないので、9の二者が即マイラーとは断言できない。
また、二冠のパフォーマンスが酷似する◎◎◎◎→12のジェンティルドンナとソウルには、マイルのタイトルを得るために条件が狭まる傾向が出た一方で、その他の距離における柔軟性は◎◎◎△→9ハープスターではなく、◎△◎×→7ダイワスカーレットと共通するから、ソウルスターリングの距離延長の躍動は、ほぼ確約されていたと言える。
血統の特徴と大雑把な分類によって、適性の区分がしやすくなることがわかった。

 

コラム

牝馬クラシック春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

NHKマイルCは牝馬のワンツー。
牡馬路線は総じて、本番はハイレベルの決着になったが、牝馬路線は一貫して、スピード能力の高さをベースとした高水準のレース展開がなされたせいで、結果に不満の出るようなレースはほとんどなかった。
あれだけ平凡と揶揄されていたフローラSの勝ち馬は、本来の力を発揮した2歳女王に唯一食い下がった挑戦者となった。
秘めたる能力の差は大きくても、各々の個性が際立つ、実に見どころの多い競馬であり、波乱が多かった割に、損した気分になった人はあまり多くなかったように思う。

桜花賞は土日の馬場質の変化が、大きく結果に影響を及ぼすこととなった。
明らかな雨馬場であった前日は、GⅠ馬と後のGⅠ馬のワンツー。
しかし、回復途中ながら、この季節独特の急坂コースのタフさと相まって、純粋な能力だけを要求されるレースにはならなかった。
だからこそ、JF3着で能力のある所を示していたレーヌミノルには、単純な底力勝負ではない舞台でのスピード比べへの対応力が秘められていたと言える。

一方、前半で自分の競馬をできないと悟った鞍上が直線勝負に賭けた5着アエロリットは、中途半端な人気ながら能力を評価されたマイルCで、今までで最高のスタートを決めた後、リードホース・ボンセルヴィーソの能力を引きたてる追走から、直線は独壇場に持ち込んだ。
まるで、桜花賞でやりたかったことをレーヌミノルがやりきったことを、得意の東京で見せたような競馬だった。

血統的な問題より、あまりに順調に事が運びすぎていたがために、負けることによる消耗の低減という恩恵を受けられず敗れた印象のソウルスターリングは、終始自分らしい上手な競馬で、東京2400Mでは力の違いを見せた。
速く走ることを強いられる日本の牝馬路線だから、それに上手に対応してきたわけだが、フランスではともかく、ドイツに縁の深い血脈の成せる業なのか、オークスでのレース内容は、ほぼ完璧な道中の運びから、直線では少し遊んでいるような感じでの走りで完勝であった。

すでに下げることでも一定の結果が残せている3頭に、故障以外の敵は今のところ見当たらない。

 

コラム

目黒記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

信じ続ければ救われる。
筆者推奨のワンアンドオンリーが内をついてジリジリ上がっていったところを、大外一気に伸びてきたのが、神懸かったルメール騎手乗るハーツクライ産駒・フェイムゲームだった。
今年もダービーに縁のなかった戸崎騎手のヴォルシェーブが、ほぼ理想の人気馬の競馬で、上手にごちゃついた馬込みを抜け出してきたのに、ここもごつぁんです、であった。

このホールオブフェームを母持つステークスウイナー。
兄も有名馬・バランスオブゲームであるが、血のなせる業なのか、戦績に関して、何とも稀有なリンクを見せている。
それぞれ初勝利後の重賞でいきなり10倍以上の単勝支持を大いに裏切り、快勝した。
その後、両者とも3年続けて重賞制覇。
長距離を得意とする弟は1番人気に2度応えることもあったが、主だって、今回のような意外ところで快走する特徴はまるで同じだ。
そして、1年挟んで、得意な条件に戻ってまた重賞勝ち。

ずっと同じ騎手で、作戦のパターンも同じというところから、少しアレンジを加える乗り替えがあったりしたが、ここだけは違って、初めて乗るルメール騎手が結果を出したのと、兄のような勝ちパターンが確立されている馬だと、騎手はやっぱりカッチーでないと、ということに差は現れた。

ただ、こう思うところもある。
父が替わっても、同じようなキャラクター。
どうやら、これが上がりのような気配のするフェイムゲームは、7歳になって宝塚で好走したバランスオブゲームと同じ歳になって、キャリアの重ね方こそ違うが、どうも宗像調教師の準備の仕方、作戦の実行において違いを見出そうと努力した形跡は見られるが、徒労に終わった感もある。

ステイゴールドやサッカーボーイにはなれないことを改めて実感した瞬間。
どうもルメール勝利以外に、味気なさを禁じ得なくもないが、それはダービーも同じなのかもしれない。

 

レース回顧

1 2 3 8