シャレード、ファシネートゼットほか

JUST競馬予想ブログ

シャレード、ファシネートゼットほか新馬回顧<7/6・7>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜の新馬戦は見どころ多し。

福1800(牝)勝ちのリアルインパクト産駒・フジマサリアルは、ドーベルの孫ということもあるし、馬格もあってパンチがありそう。

気の強さでは中京芝1400勝ちのシャレードも負けていないか。

ナイトシフト産駒のアザムールを母父に持ち、その直系のシゲルカセイが追撃してきた道悪競馬の展開。

ダイワメジャーということもあり、この日は全力で走っていない。

函館芝のストロングリターン・プリンスリターンと、ダート勝ちしたグランプリボスのリュウノゲキリンは、名前のイメージほどは強くはない(笑)印象もあり、人気勢の不発が勝因と見るが、人気勢がしっかりと接戦を演じた中京のダート戦は、ヘニーヒューズ×パイロのやり合いという単純な構図には見えず、熱かった。

重でも1:25.2はハイレベルだし、牝馬同士ながら、勝ったファシネートゼットはリンドシェーバーの一族で、伯父はアドマイヤコマンド。

2着のホットミストは姉がファッショニスタで、姉よりも狙いの強さを感じさせるネイティヴダンサー→ミスプロへの3代に亘る継続クロスが丹念にに掛けられている。

日曜日は各場で芝の中距離戦が行われた。

函1800 オーソリティ オルフェーヴル×ロザリンド<エピファネイア全妹>

中2000<稍> マイラプソディ ハーツクライ×ソルトレイク<母米GⅠ馬>

福2000<稍> エヴァーガーデン(牝)アイルハヴアナザー×ゴールドヘイロー<ラトロワンヌ系>

血統的にはオーソリティだし、上々の勝ち上がりでもあったからこれが一番だが、同じく人気に応えたマイラプソディもそう。

やや配合的に、父のイメージもあって信頼しきれない面も秘める。

オーソリティにしても、ゴールドシップの伏兵に好き勝手走らせておいて、何だかんだでクビ差だった。

稍重馬場は各勝ち馬にとっては有利な条件だったはずで、函館も軽い馬場ではなかった。

単純に高速の上がりが求められるレースでは割り引いた方がいいだろう。

福1200戦は、440kgのヨハネスブルグ牝駒・ホープホワイトが押し切り勝ち。

小柄な中距離血統の馬ばかりで、3着は父ゴールドシップ。難儀である。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方