フィリオアレグロ、レッドルレーヴほか新馬回顧

競馬予想ブログ JUST

フィリオアレグロ、レッドルレーヴほか新馬回顧<10/19~21>

読了までの目安時間:約 3分

 

また雨。2年前とほぼほぼ似たような展開ながら、面白過ぎるマッチアップが実現した。

直前に重馬場に回復したばかりの土曜東京芝2000戦では、半兄サトノクラウン・フィリオアレグロとランフォザローゼス全妹・レッドルレーヴががっつりやり合って、2:01.7で決着。

結局、わずかに道悪適性で上回るだろう前者が競り勝ったのだが、ほとんど、伝説の新馬戦的展開。

イメージはカブラヤオー対テスコガビーの再現。まあ、見ていたらすぐに分かるさ、といった感じ。

京マイルの牝馬限定も、4代母シャダイカグラのレディフォリアが、正攻法でいった母ブラックエンブレムのアトリビュートを強襲した。

今更昭和の競馬を思い出しても仕方ないが、道悪競馬のあるあるではある。

ダートは3日間で4戦。

土曜は重の京1400でジャスティンリーチ、東1600は不良の馬場を伏兵のウーゴが、それぞれ押し切り勝ち。

リーチザクラウンとゴールドアリュールだから、動けたら強気の勝負で、それができたら勝てるという条件が揃っていたか。

日曜の東1300は関西馬・メイショウテンスイが力通りに走った。父ダンカークだけでなく、母系もダート寄りの血統。

月曜分は後記。

大いに怪しい馬場状態だった日曜日は、何といっても、京芝1800のレクセランス。

この世代は、とりあえず勝てそうなところに出てきた主要種牡馬の産駒は押さえよという傾向通り、競馬をせずに、独力でレースを制した。気難しいフレンチ血統だが、果たして。

左回りのマイル新馬は、共に人気馬が飛び、上手に抜け出したフィオリキアリ、ブライティアランドら牝馬の決め手が活きた格好だが、まずは時計を縮めないと。キズナとクロフネの産駒。

京芝1400快勝のスクリーンヒーロー・タケルラスティは、母父タイキシャトルで、きっと道悪巧者。

逃げない競走生活では、一発はないか。

月曜東京、芝ダの1400戦は名牝系出身者が勝利。

稍ダート快勝のコードジェニックは、ビクトリアクラウンの系統。末脚に魅力。

芝逃げ切り、ラフショッド系・シゲルチキュウは、昇級初戦で妙味ありの勝負強そうなタイプ。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方