2019/11/23.24 新馬戦

競馬予想ブログ JUST

ターキッシュパレス、ファーストフォリオほか新馬戦レース回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

東西で驚くほどの天候と馬場状態の差が出た土曜競馬だったが、おかげで、芝の馬場質の平準化が図られた印象。

東京はダートとさしてタイム差なしの状態だったが、今までが異様だっただけ。

その東京の芝の新馬を勝ち上がったのが、あの凱旋門賞馬・ゴーンデンホーンのファーストクロップの一頭であるターキッシュパレス。

東京の芝の新馬で36秒台の上がりになることは稀だから、それと本質的な底力の違いで、ビュイック騎手のアシストも味方に快勝。

一方、京都1400の良馬場で勝ち上がったのが、キンカメ×シーザリオの女馬・ファーストフォリオ。

シーザリオの牝駒はあまり活躍しないが、グルーブシアターという全兄とほとんど同じ馬格で、操作性のよさを感じさせる牝馬らしさが魅力か。

ダートももちろん対照的な馬場質。

京1800差し切りのサトノラファールは、消耗戦を外から追い込んだ超大型のゴールドアリュール産駒。

東1600の負けられない関西馬・アスターコルネットは、似た流れも、そういう場面で強いボールドルーラー系・マジェスティックウォリアーの仔。

本質は似通っているように見えるが、果たして。

日曜日は一応晴れたので、雰囲気的には穏やかな感じもしたが、勝ち馬のスケールは素晴らしいものがあった。

東西とも芝の1800戦。

西はDメジャー替わりのレッドランディーニの半妹・フラディアの好位抜け出し。

タフな展開を自力で抜け出す勝ち方は、明らかに父譲り。

馬格もあるから、早い段階で距離をこなしておけば、後々長いとなったところで、短距離戦でも柔軟に対応するはずだ。

不良馬場も質は稍重的な重馬場程度の中身だった東京では、しかし、道悪適性の違いを見つけたシングスピール×キングマンボの母を持つディープ牝駒・バルトリが快勝。

2着にフランキーの馬が来たが、普通は差が詰まらない競馬の内容。彼が巧すぎるということで、勝者には関係ない話。

今年もまた、牝馬が強い世代のようである。牡馬は頑張っている方だろう。

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方