阪神カップ2019回顧

競馬予想ブログ JUST

阪神カップ回顧 – 2歳夏の衝撃が再び帰ってきたグランアレグリア

読了までの目安時間:約 2分

 

かなりごちゃついた3角辺りのポジショニングでは、これはマイルC以上の無様な敗戦も想定されたわけだが、伏兵がそれなりに厳しい流れを作り出したことで、その後につけた有力どころが内を開けたから、ほとんど何もせずに、スムーズにインの方を捌いて、直線は自慢の決め手で後続を粉砕。

強いグランアレグリアに、ライバルなど存在しないという、2歳夏の衝撃が再び帰ってきた印象が強く残った一戦だった。

素晴らしいスパートを決めたルメール騎手の判断は言うことなしとして、古馬の一線級との初対戦がGⅠではなく、格の高いGⅡだったというのは、陣営の判断とするとベターな選択となったという結論になる。

揉まれ弱いことは目に見えている、スペシャルな後傾ラップ型のスピード馬だけに、阪神内回りコースでもっとタフな展開、先行型の強い馬がいた時は同じ競馬はできないだろうが、そうでなければ、基本のスピード能力では、天下のアーモンドアイや同厩のタワーオブロンドンとも引けを取らない。

一方で、スピード競馬と理解していたからこそのルメール騎手のイン選択には、戦略的なものもあっただろうが、距離延長への限界を、改めて証明したような格好だ。

1:19.3のコースレコードもその前の1:19.5のイスラボニータも、そして今回も、阪神1400のレコードにはルメールの名が残っている。

まともなスタートではなかったとはいえ、武豊騎手のスマートオーディンもこのコースは人馬とも得意だろうが、こういう展開で一番強い馬が、理想の後傾ラップで突き放す展開では、勝負にならない。

レース上がりは34.2秒だった。

最初の3Fが33.9秒。この流れで上がりが掛からないのでは、後続の出番はない。

こういう馬は1200だと案外脆いものだが、世界を目指すのか、国内に留まるのか、再びその動向が注目を集めそうだ。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方