京王杯スプリングカップ 2020年 レース回顧(東京競馬場 4歳上G2 芝1400M)

競馬予想ブログ JUST

京王杯スプリングC 2020 回顧【テン乗りで先行策】ダノンスマッシュ、レーン騎手の神業で勝利

読了までの目安時間:約 3分

 

期待のレッドアンシェルも相変わらずのスタートの良さを見せたが、ほぼ神業にも等しいテン乗りでの先行策をとったダノンスマッシュに乗るダミアン・レーンさんに、タワーオブロンドンら実績のある面々は全て完敗。

驚くべき発想のようで、まさに、これが初騎乗の強みなのである。

 

いつの間にか、1400でも前に行けるようになったステルヴィオも、様々な乗り替わりの末、ダノンの主戦であったはずの川田騎手が乗っていた。当然の初セッション。

理想の好位抜け出しは決まらなかったが、さすがは3歳で古馬GⅠを制した男である。

 

タワーオブロンドンもレッドアンシェルより前に行き、グルーヴィットは元々前向きだったものを、気分を良くしたイタリアンが、しっかりと能力を引き出すように前を見る好位のインにつけた。

しかし、直線でも弾けるダノンスマッシュは、わずかながら、道悪適性でタワーオブロンドンを上回る分だけ、湿っても高速の前残り馬場を利して、直線でもまるで失速する気配はなかった。

1200巧者のイメージが先行していたが、朝日杯に挑む前は、全て1400Mの競馬であり、3戦とも連対で2勝。

 

先入観は時に毒になると実感すると同時に、若い頃から特性を知るレッドアンシェルに騎乗の福永騎手としたら、少しは揉まれたのかもしれないが、1:19.8で決着の高速競馬に、昨春は同等レベルのタイムで1200を勝っている馬からすると、物足りなさを感じたはずだ。

こういう馬は、突如一変することがあるわけだが、それはここではなかったし、どうも精神面に怪しい部分があることを、再び証明したようなところがある。

 

レーン騎手が、地味に有馬記念以来の日本での重賞制覇となったように、乗れているルメール、福永両騎手には、いい感じをキープしているからこその、土曜重賞の死角ようなものが出てしまったのだろうか。

大いについていない面があった。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方