安田記念 2020年 レース回顧(東京競馬場 3歳上 G1 芝1600M)

競馬予想ブログ JUST

安田記念 2020 回顧「もうキレるアーモンドアイでもなく~最後は単純な能力と臨戦過程」

読了までの目安時間:約 5分

 

内枠のGⅠ馬が皆変な感じのスタートになって、内々の後方から。

外枠の逃げ馬に対し、前走からいいコンタクトが取れていた池添騎手とグランアレグリアが、中団から理想の立ち回りで最高の独走の競馬の形に持ち込んだ。

特異な馬場になり推定タイムの狂いもあった

あわよくば…。

時計の再現性についても、血統の均一感のようなものも波乱の要素として挙げたが、最後は単純な能力と臨戦過程。

それに加えて、特異な馬場になったことにより推定タイムの狂いもあったのだろう。

アーモンドアイのリカバリーは一定叶ったが、もうキレるアーモンドアイでもなく、本質的には揉まれる経験をすることもないようなスケール感の大きさが招いた中団後方からの馬込み捌きの末脚は、昨年よりも鈍く、ちょっと切ないくらいにいつものそれではなかった。

 

誰も追いつけない馬と思われた馬が、実はもう一頭いた。

口惜しいルメールと名伯楽国枝栄だろうが、名誉の負傷とここぞのマイルGⅠでの勝負強さの池添&藤沢コンビに完敗だった。

いつものアーモンドアイではなかった以上、ローテも狙いもそれこそ一定以上のお叱りを受けることだろうが、この1:31.6でも速いことは記しておこう。

アーモンドアイがノームコアに追い詰められそうになっていたし、コースが内なら、インディチャンプも比較的揉まれても平気なノームコアに一刀両断にされていたかもしれない。

負けた馬なら通用するのに勝つとダメという謎の法則

もう一つ。

マイラーズCを勝ってきた馬が延々勝てずにいるが、その安田記念との相性の悪さの一つに、回りも影響してのこととして、阪神の時と中京で異例の1700戦として開催された時以外、昨年のインディチャンプのような負けた馬なら通用するのに、勝つとダメという謎の法則があるわけだが、大昔からそうで、阪神の方が速い年なんてまずなかったけど、京都だとそれを超えてしまうことがあって、今年は違っても、その前に安田記念が終わってしまっている馬がほとんどなのだろうと思う。

 

ノームコアは前の進路とアーモンドアイが詰まる可能性に賭けたこともあって、大外一気の選択になったが、彼女もいつもより更に出負けしていた。

速いとわかっていて、それでもロスなくいつも差し競馬に転じたインディチャンプは、人気勢ではほぼ完璧だったのに、馬場適性以前に、消耗というより昨年ほど貪欲ではなくなった走りに見えた。

ある意味、このコース取りでアーモンドアイに交わされるのか…、という内容。

ニホンピロウイナーやノースフライトが有能なのは言うまでないとして、良いステップになりえないのがマイラーズCなのである。

偶然の結果ではない4歳の桜花賞馬として安田記念制覇

アーモンドアイは恐らく、完璧な状態であろう。

再現性の点でも、自身の走破タイムである1:32.0ならば問題なく楽勝になっただろうが、昨年以上に猛者が集い、上位勢は人気に関係なく、皆マイルGⅠに実績のあった面々だった。

ハイペースも死角だったろうが、筆者のここだけ読みは合っていたことになるが、2着争いは接戦。

地味ながらパワーアップも、まだまだ未完成の雰囲気だったグランアレグリアが、史上初、4歳の桜花賞馬として安田記念初制覇を果たしたのは、偶然の結果には思えない。

正しいことを積み重ねた結果、池添騎手と藤沢厩舎に神が微笑みかけたのだ。

安田記念は甘くない。

ここで惜敗を喫した後、大仕事をやってのけている

ウオッカやオグリキャップにばかり目を奪われてはいけないのだ。

グラスワンダーもスイープトウショウもその前のサクラチトセオーも、ここで惜敗を喫した後、大仕事をやってのけている。

その意味では、グランアレグリアが勝ったというのは必然の結果なのかもしれない。

良くも悪くも、安田記念は常に特別なマイルGⅠで在り続けるのだ。

ダービーに凡戦がないように、GⅠ格を得た安田記念は、常に日本競馬の中核を担っている。

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方