スワンステークス2020【結果】|レース後コメント/動画/払い戻し/回顧

競馬予想ブログ JUST

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム
今週の注目レースを予想 チャンピオンズカップ予想はコチラ!

スワンステークス2020【結果】|レース後コメント/動画/払い戻し/回顧

読了までの目安時間:約 6分

 


【レース結果速報】1着カツジ(143.7倍)2着ステルヴィオ(5.0倍)3着アドマイヤマーズ(2.4倍)

レース名第63回毎日放送賞スワンステークス
日程2020年10月31日(土)
優勝馬カツジ
優勝騎手岩田康誠
勝ちタイム1:21.2
馬場
3連単配当662,610円

 

 

スワンステークス2020 - レース結果・配当・払い戻し・オッズ

 

着順馬番馬名タイム着差
14カツジ1:21.2-
216 ステルヴィオ1:21.41
32アドマイヤマーズ1:21.51/2
414アルーシャ1:21.5クビ
56シヴァージ1:21.5ハナ
単勝414,370円
複勝41,840円
複勝16200円
複勝2190円
枠連2-815,390円
ワイド4-168,120円
ワイド2-46,010円
ワイド2-16490円
馬連4-1634,820円
馬単4-16109,710円
3連複2-4-1643,000円
3連単4-16-2662,610円

 

スワンステークス2020 - レース後コメント(騎手/厩舎)

 

「この馬のオファーがあってから絶対に勝ってやろうと、この日を待っていました。G1馬並の追い切りをしていたし、まだ奥がありそうだった。ゲートを出てから考えようと思っていて、スムーズに出てくれた。馬の力を信じて馬のリズムを考えていた。直線では余裕があって馬場を選んで外に出せた。後ろの影が気になっていましたが、楽勝でした」

※岩田康誠騎手のコメント(カツジ)

 

スワンステークス2020 - レース結果動画(YouTube)

※実況レース映像

 

スワンステークス2020 - 回顧

 

驚異的なスローペースの影響で、ゴールシーンは、外差しも決まらなければ内から簡単に伸びてくるわけでもなく、大胆過ぎるカツジの岩田騎手の先手を奪うタイミングの妙で、かつてのレッツゴードンキの時のような快走で、衝撃の復活ウインを決めた。

人馬ともに、最近はGⅠに縁はなく、カツジに至っては人気になることはあっても、結局、3歳時にケイアイノーテックを中山で破ったあのニュージーランドT以来の勝利となった。

 

まくりが基本のカツジだが、どこに今の適性があるか不明の状況で、前走は主戦の松山騎手と1200MのオパールSを使うも、母メリッサも血統の割にそうであったように、道悪で大いに不発。

見せ場もなければ、その前の荒れ馬場の米子Sも全くいいところなし。

終わったというには失礼でも、行く末はこの時期の名物であるカシオペアSにでも出走してきて不思議はなかったが、二度目の短い距離で展開がハマった。

 

岩田騎手は難しく考えてもいいタイプではないから、思いやりで今までと違う大胆な策を試みることはこれまでもあったが、先述のレッツゴードンキはただいいスタートだから逃げただけで、周りのペース判断が大間違いだった。

積極的には乗るけれども、計算通りの逃げをするタイプの騎手ではない。

そもそも、感覚に頼りすぎることも多いから、逃げ粘る時は決まって超スロー。

こういう伏兵が何かを取り戻した瞬間、同時に誰かの悲劇を目撃するのが、競馬の面白いところだ。

松山くん、どうして…。

そんな声が聞こえてきそうな、好発も全く活かせず終いの結果で、好センスの人馬のレースとすると、まるで想定外の内容にとどまってしまった。

レース振りはもう少し雑であったアドマイヤマーズも、形作りには成功も、まるでカツジに及ばずの結果。

その内にいたから、どうしても苦しい内枠の不利が今の京都にはあるにしても、サウンドキアラが持っているスキルはまるで引き出されなかった。

展開上の不利や馬場状態は当然問題ありの内枠からのスタートながら、道中の動きは問題なし。

 

しかし、春までは唸るような手応えで直線ではいつでも前を呑み込もうとしていたはずが、まるでそんな気配が直線入り口ではなかった。

反動もあるだろう。

ヴィクトリアマイルの自身の走破タイムは、1:31.3だった。

これまでの持ち時計は、前年の同レースで7着時に記録したそれよりも0.1秒速いタイム。

 

充実の春を経て、もっと強くなるはずの馬が、いきなりの躓きでは少々寂しい。

馬場は回復したというか、雨の影響が週中から開催日にかけてほとんどなかったわけだから、1:21.2での決着も問題はなかった。

普段気になる馬体の大きさでは、迫力の牡馬が外枠利して進出の2着ステルヴィオ、前出のアドマイヤマーズが480kg以上の馬格があり、勝ち馬は500kgちょうど。

一方で、452kgのアル−シャが健闘しながら<外枠ではあるが>、完敗というほどではない0.5秒差10着のサウンドキアラは、全くキレなかったわけではないが、458kgは問題なかったはずが、この結果。

 

走りすぎた後の牝馬は怖いわけだが、阪神ではほとんど好結果が出せていない馬だけに、一気に戻りそうな気配までは感じられない。

外枠が合うような馬というほど、ごつい馬ではないからこそ、機動力で勝負出来ない状況は苦しい。

そんなことをいって、かつて岩田騎手が乗ったエーシンフォワードが本番で一変して見せたが、そうなってくれるだろうか。
JC参戦前週に、松山騎手としては何とか見せ場作りたい、できれば勝ちたいマイルチャンピオンシップだったものが、どうにも大いに怪しくなってきた。

 

 

 




↓【注目】ステイヤーズSの買い目はコチラで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

今週の注目レースを予想① チャンピオンズカップ予想はコチラ!
今週の注目レースを予想② チャレンジカップの予想
今週の注目レースを予想③ ステイヤーズステークスの予想

 


タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方