2019年クラシック展望

JUST競馬予想ブログ

主要競走短評~クラシック展望②

読了までの目安時間:約 3分

 

主な勝ち馬条件戦勝ち馬から。

中2000
エングレーバー<オルフェーヴル>

福寿草
ロジャーバローズ<ディープインパクト>
前走紫菊賞、アドマイヤジャスタの2着だった勝ち馬なら信用できそうな、否、今年は線の細い馬が多すぎるような…。

白梅賞
エメラルファイト<クロフネ>

若竹賞
ヒシイグアス<ハーツクライ>
普通のハーツクライと違って、末のキレ味が出たら本格化のような…。

菜の花賞
コントラチェック<ディープインパクト>
メジャーエンブレム級だろう。

 
<主要競走短評>

シンザン記念 ヴァルディゼール
ロードカナロアイン強襲は、マイルCSのステルヴィオとそっくり。前崩れも似ているし、タイム平凡まで共通。
一見窮屈なようで、少頭数の一戦でのイン抜け出し成功は過信禁物ながら、アーモンドアイと同じセックスアピール系は強調点。

フェアリーS フィリアプーラ
鋭すぎずに持続力を武器にした末脚がフィリアプーラの特長だと、中山マイル連勝で証明。ライジングリーズンよりは迫力もあるし、プリモシーンより破壊力がある。
恒例・菊沢厩舎の新星誕生。

京成杯 ラストドラフト
人気の良血馬がそれぞれ見せ場を作ったが、スタートからゴールまで、ルメールのラストドラフトがレースをコントロール。底力はランフォザローゼスだろうが、母マルセリーナと息仔ではタイプが違うようだ。

ジュニアC
ヴァッシュモンが、重賞実績馬や人気馬を制したわけだが、時計評価は全体的な血統の印象より素軽いくらいの認識に止めたい。

紅梅S
京都で2勝目を挙げた2頭の競馬になるも、スムーズに運んだメイショウケイメイが勝利。プールヴィルは、自分より小さい馬に差し負けは痛い。

若駒S
個人的には、人気馬同士の争いというより、勝ったヴェロックスがサトノウィザードよりポテンシャルが上だったという印象。
平坦適性は証明済みも、重厚な配合なので、単純に差し負けしないような強気の競馬を続けるのみ。

ヴェロックスとラストドラフト、いいディープが少ないので、2000M2勝のロジャーバローズに可能性は残るが、しかし、完成度やここまで余裕のレース内容などを考えると、ここの期待馬の出番は5月以降か。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方