日経賞 2020年 予想

競馬予想ブログ JUST

日経賞 2020 予想【ミッキースワロー】敢えて、中山2500巧者説を説く

読了までの目安時間:約 3分

 

右回りの中距離重賞ではかなりの頻度で注目してきたミッキースワローが、一昨年の有馬記念以来、久々にコーナ6つの競馬へ参戦。

振り返るとそれは散々だ。

菊花賞では楽々皐月賞馬をパスした圧巻のセントライト記念直後の一戦であり、不良馬場ながら、終始スイッチが入りっぱなし。

馬の気のままに走らせる鞍上が、強引に抑え込もうと必死になる姿が、久しく見られた貴重な一戦。

次がJC激走5着直後の有馬記念で、翌秋の話。

変なところをついたせいで、見事にトラフィックにハマった逆七夕賞現象の札幌記念を経て、諸々展開不適の完敗。

 

雨は苦手というが、エプソムCの壮絶な惨敗も直後に一変となった七夕賞も馬場は同じ稍重。

連勝といっても、デビュー戦5着後に3歳同士での記録であり、実質皆無に等しい。

あの雨のAJCCで、壮絶な死を遂げたマイネルフロストに最も進路を邪魔されたのがミッキースワロー。

毎度毎度、目先を変えていくようなレース選択の連続であり、いつも前走との関連性が薄い馬だけに、中山2200巧者説が尚も燻ぶる中、敢えての2500巧者説を説いてみたくなった。

 

そもそも、中距離重賞で頭打ちになって、ローカルに転戦した馬である。

自慢の決め手はGⅠ入着級で、その実績もあるが、本質はテレンコそのもので、いつも何かのきっかけを求めているような馬。

あのサウスポーのユーキャンスマイルが、進路取りが全ての馬であることが先週の阪神で証明されたように、上手に競馬をしたことが結果に繋がらなかった前走の不遇を何倍にでも取り返せる条件が、この特殊な舞台に詰まっているようにも思う。

一瞬の決め手、気難しさ、捲りの戦略。グランプリハンターとなったステイゴールドの仔とよく似ている。

そうなれば、ノリ騎手が乗っていたエタリオウも、実績から推さないわけにはいかない。

どっちも似た者同士だが、わずかに器用さでミッキースワローが上回っている気がする。

こちらには時に、相手に並ばせない破壊力があるのも魅力だ。

 

◎ミッキースワロー

○エタリオウ

▲サトノクロニクル

△アイスバブル、ウインイクシード、サンアップルトン、レッドレオン



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方