NHKマイルカップ 2020年 予想(東京競馬場 3歳 G1 芝1600M)

競馬予想ブログ JUST

NHKマイルカップ 2020 予想【システンシア】鍵は先行態勢の作り方

読了までの目安時間:約 9分

 

鞍上初騎乗でこのレースを制した2頭の特性を分析していくと、実にわかりやすい傾向があった。

07 ピンクカメオ

11 グランプリボス

主な共通項

・東京で勝ち星あり

・2歳GⅠ出走馬<ピンクカメオは桜花賞も出走、グランプリボスは2歳王者>

・東西の輸送経験

・前走負け

・母父ヘイルトゥリーズン系

 

直系ヘイルトゥリーズン系で、主要マイル重賞勝ちの実績があるから、多少の変化には対応できるはずの両者だが、殊、東京の経験とGⅠ出走の有無で、決定的な相違点を有することが死角なのかもしれない。

細かいことはさておき、それ以外でもサトノインプレッサ、タイセイビジョン、シャインガーネット等々、魅力たっぷりの実績馬もいる一方、サクセッションやラウダシオンには、近年のこのレースにおける好騎乗がクローズアップされる名手がそれぞれ乗っているから、これも侮れない。

 

ただ、強いのはとりあえずは、2歳女王のレシステンシアであろうと考える。

強いの根拠は、言わずもがなの2歳女王としてのステータスとその際のパフォーマンスに尽きるわけだが、もう一点、これも付け加えないといけない。

牝馬のウイナーは過去5頭存在するが、

シーキングザパール

ラインクラフト

 

ピンクカメオ

メジャーエンブレム

アエロリット

と、前走の勝ち負けで分類は可能でも、ピンクカメオがそうであったように、過酷なGⅠ<この年は相手関係>の経験値があった。

それは牝馬だけではなく、牡馬にも大きな影響を及ぼす。

 

昨年は朝日杯の直接対決で示した内容が、人気両頭の明暗をくっきり分けた。

アドマイヤマーズは、時計面の死角をGⅠの経験で補い、ここを勝ったことでマイル戦5戦全勝の快挙を成し遂げた。

連戦連勝や快速型の台頭の根拠には、ハイペースの経験がついてくる。

人気になっても崩れなかった2歳GⅠ好走馬の本懐は、まさにマイルへの適性。

 

しかし、ここを経て変質するというか、むしろ、本質面が顕在化する格好でより短い距離への適性を示する活躍馬がいるのも確か。

ラインクラフトが勝った時の1番人気は、その後連戦連敗した末、1度オープン特別を勝った後に、初の1200となった高松宮記念で2着快走するペールギュント。

彼が走る前の年の2着はラインクラフトで、ペールギュントが快走した年のスプリンターズSで3着だったのが、マイルCも3着のアイルラヴァゲイン。

 

1400のレースでGⅠをジャックした過剰なスピードが売りのレシステンシアが目指すべきなのは、女傑の道を正攻法ではないルートから極めたシーキングザパールがあるとか、ミッキーアイル、アエロリットらの進んだ快速型としての成功例。

速いことが特別ではない時代にあって、かつてのテスコガビーやダイワスカーレットにようには輝けなかったことが、彼女の才能を否定しているわけではないことの、何よりの証明になるのがこのレースにおける勝利だ。

 

メジャーエンブレムで思い悩んだ末に、NHKマイルCでクイーンCほどの逃げではないのに、あっさり汚名返上してみせた4年前のルメール騎手の勝負勘が戻っているのは確かだから、その結果が後の桜花賞連覇の足掛かりになったとした場合、では、昨年のアレは…、ということを再び、結果でファンの戯言を封ずる仕事が今回も求められる。

 

鍵は先行態勢の作り方。

逃げたいのはニシノストームかハーモニーマゼランかメイショウチタンか、はたまたサクセッションなのか、ミルコっぽい危うい勝ち気が出た時のラウダシオンだが、サクセッションやラウダシオンは強気すぎる先行はしたくないから、レシステンシアマークが基本線だろう。

行けるし、総マーク歓迎の2歳女王は、ハイペースや揉まれた経験で一日の長があった、2歳GⅠ好走馬のそれを全て有しているだけではなく、過酷なローテに耐えたという実績が何より光る。

 

この手のスピード型は、今や、余裕ローテで一発勝負型が大半のトレンドにあって、健気に主要レース毎度登場のタフネスぶりは、最近見かけないレベル。

そういう馬に向くレースだから、今年は線の細いグループには厳しいのではないだろうか。

揉まれない程度に、前をつつくのが理想であろう。それより下げず、上げていくのはOKの馬。

ほぼ日本人騎手のクリストフが、そんなことに気づかないほどヘボのはずがない。

 

同じような実績のあるタイセイビジョンにも期待。

どちらも1400くらいが合うタイプだが、自分で時計を作るその精度でこの順番。

以下、連勝馬と東京で勝っている馬を押さえたい。

大波乱は有り得ない。

 

◎レシステンシア

○タイセイビジョン

▲サトノインプレッサ

注シャインガーネット

△ギルデッドミラー、サクセッション、ラウダシオン、ルフトシュトローム

 

予想参考データ

GⅠ連対馬/3着以内<レシステンシア・タイセイビジョン>

04②コスモサンビーム ③メイショウボーラー

05①ラインクラフト

07②ローレルゲレイロ

11①グランプリボス ③リアルインパクト

12①アルフレード

16①メジャーエンブレム

17②<リエノテソーロ/全日本2歳優駿①>

19①アドマイヤマーズ

 

濃い2歳主要路線を戦い抜いた実績上位馬だけが、この中に入って好勝負できる。

今年の2頭は、例年ならば独走しても不思議ないレベル。

ラインクラフトに関しては、桜花賞3着のデアリングハートを連れてきて、桜花賞の2着馬はシーザリオ。

ディープ以外は牝馬という年。

 

連勝中/勝ち馬<サトノインプレッサ・ルフトシュトローム>

シーキングザパール

エルコンドルパサー<無敗・NZT>

シンボリインディ

クロフネ

キングカメハメハ

ラインクラフト

ディープスカイ

カレンブラックヒル<無敗・NZT>

ミッキーアイル

 

連勝馬は兎に角、前走の内容が秀逸。

時計が速い、相手が強い、第一冠のレースレベルが高いなど、実力があることが明白な人気馬であることが望ましい。

無理なローテも、実力次第でこなせるのだ。

 

オープン非連対の2勝以下/3着以内<オーロラフラッシュ・ボンオムトゥック・ジュンライトボルト>

98・稍② シンコウエドワード 2戦2勝<東-中マイル> 5か月振り 鞍上2度目

01② グラスエイコウオー 7戦2勝<ダ2勝> 前走NZT⑭ クリスタルC③ 勝ち馬と同父フレンチデピュティ

01③ サマーキャンドル 4戦2勝<福1200・東1400> 前走500万①から中1週<2着ダイヤモンドビコー>

07・稍③ ムラマサノヨートー 7戦2勝<新ダ1200・中1600> 前走NZT⑭ 2着馬と同父キングヘイロー

18③ レッドヴェイロン 6戦1勝<阪1800> 【NZT③】 半兄のクラレントも12③

 

左回りに勝ち星があるとか、ワンターンでの実績などもあるが、一概には傾向を見出せない。

時計が遅くなる道悪では、不思議な決着になりやすいが、良馬場で来る馬は基本的には、最低でも古馬GⅢ入着レベル。

相応の実績なり、血統的な根拠が求められる。

左回りの実績などが有力馬に集中する今年は、苦戦必至か。

↓【注目】オールカマー&神戸新聞杯の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方