競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

JC名勝負<騎手を巡る駆け引き>

読了までの目安時間:約 3分

 

05 デットーリ ルメール デザーモ
07 岩田 ペリエ 武豊
16 武豊 デムーロ 福永

05年はレコード決着。
事前からタップダンスシチーが飛ばしそうな状況が整っていたので、脚の使わせ方に加え、コース取りも結果に左右した面がある。
07年は単純明快、秋の天皇賞の結果が人気面に影響を与えつつ、宝塚記念の時から続く4着のウオッカ<四位騎手>との力比べ。よって、これも騎手の意識が、スローの展開と多頭数の争いでわずかな差を生んだ。
昨年の場合、実は、逃げ切りは何度かあったものの、1番人気でそれに応えた中での覚悟と確信の逃げという点で、それにしっかりと末脚比べで何とかしようとした結果が、大きな着差にはなったものの、上位勢は皆が力を出し切ったことが証明されるような力の決着となった。

近年はスロー偏重。よって、騎手同士の駆け引きも激化する。
騎手戦の面白みでは、07年の宝塚リターンマッチがベストレースとなるだろう。
この辺りから、GⅠ戦にメリハリをつける形で格重視の賞金における改革をJRAがおっぱじめたのだが、メイショウサムソンやウオッカは夏のインフル禍の影響で渡仏断念の経緯があり、アドマイヤムーンもオーナー変更と、話題に事欠かないメンバーが揃った。

一番は、ウオッカはこの後、上位3頭全てで重賞制覇を果たしていた武豊騎手が、人気を背負ってここで負けてしまったことが印象深い。
メイショウサムソンは凱旋門賞の件があったから、陣営が苦渋の決断で石橋守現調教師からスイッチすることになったが、元はと言えば、当時波紋を呼んだアドマイヤムーンからのスイッチに始まる話だ。
宝塚記念でそちらに岩田騎手が騎乗し、武騎手はポップロックに乗り、3着だった。
陣営というかオーナーと最大権力者たる生産者サイドの逆鱗に触れる形で、ダービーでのアドマイヤオーラ乗り替わりから顕在化した絶縁のプロセス…。
当時日本人化していたペリエが、これじゃあヨーロッパよりひどいな…、と思って来なくなったのかもしれないと、筆者はこのJCを思い出すと、いつもセットで邪推してしまうのである。
今はもっと露骨だ。

 

タグ :   

コラム   コメント:0

失意の引退、回避

読了までの目安時間:約 2分

 

最近再び、活躍馬の故障や訃報が増えてきているような気がしていたが、ここに来て、4歳トップホースの残念なニュースが飛び込んできた。

天皇賞(春)6着以来、実戦から遠ざかっていた昨年の皐月賞馬・ディーマジェスティが引退、種牡馬入りすることが決まった。
共同通信杯、セントライト記念など重賞3勝を含む11戦4勝という成績ながら、1年以上未勝利であったことで、陣営の苦心は慮るまでもなく大変なものがあったと想像がつくものの、志半ばのリタイアは残念至極。
今後は新ひだか町のアロースタッドで、新たな道を歩むことになる。

また、ディーマジェスティと何度となく激突した同期の華・サトノダイヤモンドも、JCパスを早々に表明して以降動向が注目されていたが、今期のレース参戦は取りやめ、2月あたりのGⅡ戦を目途に再始動する予定であることが明らかになった。
日本馬には厳しいシャンティイの凱旋門賞で、重馬場にも苦しみ15着と大敗してしまった当馬だったが、目標とするレースの再選定以前に、立て直しに重きを置くことを陣営は決断したように感じる。
さて、この判断がどう出るか。

思えば、4歳世代のGⅠ馬はどんどん現役を退き、若いうちに芝のタイトルホルダーとなった馬はもう3頭だけ、それもろくに走れない状態に陥ってしまうケースが重なり、今ではもう勢いが全くない。
期待のヴィブロスもこの秋は勝ち切れず、マカヒキさんよ…、という状況。
面目躍如とまで評されずとも、自分らしさくらいはせめて取り戻してほしいところだ。

 

タグ :  

ニュース   コメント:0

新馬回顧<11/18・19>

読了までの目安時間:約 3分

 

曇天時々小雨という土曜の昼下がりは、牝馬が活躍すると盛り上がるという構図の展開に。
最も注目すべきは、東京マイルの牝馬限定戦で一騎打ちを演じたレッドベルローズ<ディープ>とエルディアマンテ<Dマドレ全妹>だろう。
個人的にも、POGで指定した期待馬同士で、想像以上に身体能力の高さが目立った。
牝馬は特に、最近はデビュー早ですぐに完成される馬の活躍が目立つが、正統派のこういう血統馬もやはり侮れない。
勝ったレッドは、中団から豪快に伸びて本命馬差し切りだから、いきなりGⅠでも通用して不思議ない。

残りの芝中距離新馬も、京1800(重)がサトノワルキューレ<ディープ>、福2000ロザクラウカ<祖母ローズバド>ら、人気の牝馬が制したが、少し相手が軽かった印象も否めない。
一応、正攻法で勝ち切ったバラ一族の後者の方が、将来性を買えるという評価にしておこう。人間世界では甥にあたる2着馬を完封している。

東ダ1400ゴール前差し切り勝ちのイダペガサス<ゴールドアリュール>と京1200(重)逃げ切りのグロリアフライト<祖母ノースフライト>は、血統のイメージ通りならば、活躍期はずっと先。
決して、軽い血統ではないから、成長の過程を長い目で見つめていきたいタイプだ。

日曜京都は人気馬が順当に勝ち上がった。
芝2000(稍)快勝のフランツは、バレークイーン一族のクラシック配合。2着馬も同じディープ×BTのパワー配合で、本当は前に行きたい馬だろうけど、この日は差し切り勝ち。
ダ1200(重)で好時計勝ちのヌーディーカラーも、フサイチリシャールの近親という、何となく似た者同士のキャラで、正直掴み切れない部分もある。

東京芝2戦は、人気馬が伏兵に屈した。
1800戦は末脚に勝ったハービンジャー産駒のブラストワンピース、1400でもVピサ牝駒のロードライトが人気馬を競り落とした。
オッズが間違っていたのか、単なる人気馬の凡走なのか見えないが、勝ち馬のレース内容は鮮やかだったし、こちらも評価に迷う。

 

タグ : 

レース回顧   コメント:0

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!