競馬予想ブログ

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

松と竹の系統

読了までの目安時間:約 3分

 

キングマンボ系は元気だったのかもしれないが、雨馬場があまりにも多すぎた10月は、ディープ産駒が開幕週の東京、京都で重賞をジャックしたのみで、出番は少なかった。

  • 秋華賞 ハービンジャー-ハーツクライ-ハービンジャー
  • 菊花賞 ルーラーシップ-ディープスカイ-ディープインパクト
  • 天皇賞 ブラックタイド-マルジュ-ステイゴールド

 
ポポカテペトルも特殊なディープという扱い。まさに異常事態。

3レースともサンデー系がワンツーではなかったというのは、アウトサンデー血統が3連勝した08年<ウォーエンブレム-ジャングルポケット-タニノギムレット>以来の出来事であり、当時は孫世代の質がまだ不安定だったから、秋華賞はジャングルポケット、以降は勝ち馬が1番人気に推されて勝利した。
時代は移ろい、サンデー2世勢揃いの時代にこの結果。
意味合いはまるで異なる。

ハービンジャーはまだこれからの若い種牡馬だが、ほとんどは10歳以上かすでに死んでいるから、この手の不穏な気配漂う厳しい馬場状態で、人気に応える馬を出したルーラーシップのキングカメハメハのラインは、現状、松の血筋と断言できるだろう。

ルーラーシップはともかく、ドゥラメンテやロードカナロアはレースレコードを出してGⅠを勝った馬である。
サンデー系に対抗しているだけではなく、それを取り込める血統背景を味方につけ、更には、伸びしろもあり、ダートも歓迎という万能性が、今後の発展をより加速させる要素となる。

サンデー系で生き残れそうなのは、ディープを除くとなると、ステイゴールドのクラシックホースの仔出しの良さに加え、ダートのトップホースをコンスタントに送り込むゴールドアリュールなど、池江パパラインの良血種牡馬が、今後のライバルになるか。
母父シンボリクリスエス対決で、今年はキングカメハメハが勝ったが、いずれこの同系配合の耐用性も、母父ブライアンズタイムで早速チャンピオンを送り込んだゴールドアリュールには、芯の強さを感じさせる部分がある。
そして、それはスマートファルコンに受け継がれ…。
同系とはいえ、ロベルト系とけんかしてはいけない。

 

タグ :        

コラム   コメント:0

秋華賞 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

クロフネやその父フレンチデピュティ、母父にその系統の血が入ったショウナンパンドラやアパパネといった面々が、この秋華賞で数多く好走、激走をしている。
来る時は決まって高速決着の年。

春の二冠レースよりは、血統の良質さが必ずしも重要ではない以上、クロフネ×ネオユニヴァース、一族の熟成される傾向が3歳秋以降という共通した成功パターンもあり、本命視される一頭であるアエロリットは、ここを通過としてしまう可能性さえ秘めている。
直前まで、あらゆる可能性をマイナス材料から見つけ出そうとした筆者だが、強烈な決め手を持つラビットランや惜敗癖から脱却して勝負強さを見せ始めたディアドラなど、タレントは枚挙に暇がない半面、誰よりも攻撃的な競馬を自ら率先して選んでいける強みは、主戦の鞍上が底力のある馬に課す「自分の力で勝負を決める武器の選択」で、より分かりやすい先行策をすでに見出している状況では、それが最大限に発揮できるのではないのかと、容易に判断できる。

雨がどの程度降って、また当日にどういう馬場の変化が起こるかは読み切れないものの、むしろそういう天候になった方が、数々の大舞台で一般のレース以上に大胆さが際立つ横山流のスペシャルサポートは、勝機を拡大する要素になり得る。
ライバル陣営からすれば、普通の良馬場で戦いたいという気持ちだろうし、アエロリットが唯一桜花賞が道悪という懸念材料がある一方で、勝ち馬はハイペースからの好位抜け出しで、その時だけ競馬にならなかったことを踏まえれば、血統構成からして、道悪歓迎である。

ソウルスターリングの先入観が案外の結末にがっかり感を増幅させたという経験を無視してはいけないけれども、52、+18kgで長短相殺の前走は、いくらスピード能力が違ったとはいえ、まるで相手はおらずという結果だった。
良馬場でハードな好位抜け出しを何度も経験しているアエロリットの死角は、実は道悪でよりマークを掻い潜りやすくなる状況になった方が、より狭まるはずだ。

◎アエロリット
○リスグラシュー
▲ディアドラ
注リカビトス
△カワキタエンカ、ハローユニコーン、ファンディーナ、ラビットラン

相手に関しては、人気があるとかないとかは重要ではない。
レースの主導権はアエロリットが握っていて、桜花賞のようなことがあれば、一気に混沌とする展開になってしまうことが目に見えている。
そうなれば、ファンディーナやカワキタエンカにもチャンスありだろうが、ソウルスターリングとレース巧者ぶりでは双璧の本命馬である。
確実に差して来られるタイプやよくわからない魅力が秘められた上がり馬が流すべき対象だ。

勝ち味に遅いからこそ、本番の底力勝負は歓迎のリスグラシューには、長く横山騎手と切磋琢磨してきた武豊騎手の一発狙いを期待する。
相手が作る流れを理解した時の正確な動き出しとそれを正攻法で受けて立つという勝負の形は、ここ四半世紀の日本競馬を牽引してきた彼らが、何度となく大一番で繰り返してきた「正しいGⅠレースの作り方」と符合する。
中団前目か後方待機のどちらかだろうが、動きやすいのは案外追い込み策だったりするから、強烈に差し込む形を選択するのではないだろうか。

 

タグ :   

レース予想   コメント:0

秋華賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ソウルスターリングにGⅠで続いた組というのは、何かしらの共通項があった。
小柄な体のリスグラシューは、見た目の配合は全く違うようで、直系以外のところにトニービン、ベーリング、ミルリーフが入り、リファールはクロスしている特異な重厚配合で、ザヨーロピアンのソウルスターリングとは同じ組合に属する仲間のような存在であった。
ダイワメジャー×タイキシャトルのレーヌミノルも、フランケルが同系配合であることでは同じようなイメージの血統。

ハービンジャーとキングカメハメハが日英の高速2400ビッグレースの圧勝馬という同士の配合モズカッチャンと、一見共通項が見当たらないアドマイヤミヤビでさえ、母が3代続けてノーザンダンサー系を配されているハーツクライ産駒で、リスグラシューにはないデインヒルを持ち合わせているという点まで合わせると、一番配合の共通点が多い馬とも言える。

ソウルスターリングはいつも自分のポジションを作って競馬をしていたから、それをどう負かすかというテーマを配合に適応した戦法によって完遂できるかということを、常に求められた。
それが1回しかうまくいかなかったのだから、基本的に秋華賞は別のレースになる。

横山典弘騎手のアエロリットは、クロフネ×ネオで、ダイヤモンドビコーやハーツクライと近親同士。
みんな似たような勝ち味の遅さがあったが、いざスイッチが入ってしまえば…、という内容の競馬で現在連勝中。
クイーンSのような逃げ切りは難しいかもしれないが、ラップの刻み方に特異な方程式を用いる魔術師である鞍上が、見た目の同調性を戦略的に求めるのか、数的な根拠を最大能力発揮の必要絶対条件とするのかは、何となくオッズによるところが大きい気もする。

最初に始動して、最後まで出てこないこのGⅠ馬は、実は陣営の思惑通りに競馬をできるソウルスターリングの代打的存在なのだろうと思う。
簡単な相手にはならない。
対抗株は、紫苑S辛勝のディアドラと前哨戦的惜敗で人気落ちの一発に期待のモズカッチャンら、ハービンジャーの刺客だろうか。
サンデー系とは違い、柔軟ではない分ガッツがある。
秋華賞は踏ん張り合いのレースである。

 

タグ :       

レース予想   コメント:0