血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

ダート路線・春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

総じて、役者がその役割を果たすという流れで、粛々とGⅠレースが消化されていった春シーズン。

ホッコータルマエが主役に返り咲いた昨年暮れ以降、時に波乱となる結果もあったが、概ね平穏な決着が続き、彼自身が遠征に挑む前後では、きっちり自分の役目を理解しているかのような余裕のある走りで、いつの間にか国内出走GⅠ4連勝、通算9勝の大記録を達成するまでに至った。
言うならば、昨年の中東遠征前の状況に戻ったのである。

いや、その時よりも強くなってるのではないだろうか。
中央のタイトルに縁のなかったタルマエには、もしかすると昨春のオールウェザーにおける不完全燃焼の競馬は、まさしく予測された通りの結末であり、改めて得意とする時計を要する競馬を使われながら、再調整する時間が必要になった。

そういう時に、使うべきレースが少ないというのは味方するものである。
余計な負荷をかけなくてもいいからだ。
帝王賞を回避し、高速決着でさすがに手こずった盛岡JBCを叩かれ、あとは思惑通りに事を進めるができた。

ダートの質に粘っこさのあったメイダンリニューアルコースで、今年はまあ、スピード能力の限界近くまでは出して、それでも陣営が悔しさを滲ませる5着という結果を残した。
進化途上の馬であることを改めて示すことで、今年は順調に調整して帝王賞に参戦、着差以上の力を皆で体感する王者らしい展開へと導くのであった。

そんな強い馬に、JBC以外でも先着したことのある馬が、彼がもう必要とは考えていないだろうマイルのレースで台頭した。
コパノリッキーもワンダーアキュートも、その時点では敗者のカテゴリーに位置づけられている辛い立場ではあったが、プライドを見せて、復活の走りを見せた。
残念ながら、前者は故障し、後者は流石にまともに王者に挑める年齢ではなくなってしまったが、若手にとっては、この壁が薄いうちに立ち位置を作るしかないだろう。
普通の馬では、勝てなかったように思う。

 

コラム レース回顧

こちらは順調

読了までの目安時間:約 2分

 

日本の芝路線は一段落した。
一方、クラシック戦線が一応の終幕ということで、このあとはどこで古馬とぶつかって、勲章を増やしていくかという季節を迎える欧州競馬は、シーズン後半がこれから始めるという段階に入った。

トレヴは大丈夫か?
3歳から5歳秋まできっちり走った王道路線の女傑など、最近はウイジャボードとかアメリカではゼニヤッタくらいしか思い浮かばないのだが、それは日本のここ数年の流れで行けば、ごく自然なこと。
無理に使い込まなければ、十分馬は期待に応えてくれる。
アスコットに一度顔を出した程度の、ロンシャンメインのローテーションならば心配なし。

サンクルーの2400Mは今回が初めてだった。
ロンシャンでしか経験のない距離。でも、同場の2100Mで、生涯初GⅡに出走した前回は、彼の日にオルフェーヴルを置き去りにしたトレヴの走りであった。

第107回サンクルー大賞(典)は、一年前の今頃もたついていた自分との決別をする意味でも、絶対に1番人気に応えねばならなかった一戦。
奇跡のシンデレラストーリーを完結させたトレヴにとって、ヨーロッパの競馬の常識を粉砕するが如き挑戦の日々は、興行成績の良かった人気映画の2作目、3作目のお披露目に向けた、予定調和への期待感との戦いである。

結果は、フリントシャーをまた引き連れてのゴール。昨年彼女と勝負するまでに至らなかったあの男との圧倒的な差。
ゴールドシップのあの負け様は、今のトレヴにはどう映るのだろうか。

 

ニュース

新馬回顧 <6/27・28>

読了までの目安時間:約 3分

 

いかにも梅雨時というような馬場状態で始まった土曜日。
芝は3場とも稍重で行われた。

東京1800Mは今週もみどころあり。
堂々抜け出しを図ったタニセンビクトリーを、残り50M辺りできっちり交わし去った1番人気ヒプノティストの迫力はなかなかのものだった。
カメハメハとオペラオーのそれぞれ近親にあたるが、クロフネの血を受けた勝ち馬の方が、オーナーとの縁故はより深かったようだ。

阪神1200戦は、行った行ったの決着。というより、直線で追い上げるパワーが差し馬には足らなかった印象もあった。
勝ったオフクヒメは、キンシャサノキセキとコマンダーインチーフの配合だから、馬場適性ピカイチ。馬場の重さも窺えた。

函館では、芝の1200とダ1000の2戦。
人気馬に隙あり、と岩田流のイン強襲で勝ち上がったブランボヌールは、バクシンオーが肌のディープ産駒。牝馬戦らしいキレ味勝負ではなく、僅差2着同父のメジェルダとの力比べだった。ドタドタ馬場でなければ次も面白い。
ダートは、岩田騎手が今度はゴール前で、人気薄のシンボリクリスエス産駒・コラッジョーゾに捉えられ、連勝ならず。康太騎手には、決め手比べの馬が合う。

日曜日はちょっと複雑な馬場に。
本州2場は表面が乾いただけの良、函館は雨で重の芝のレースがそれぞれ行われた。

人気馬は適性というよりは、基本能力の部分で走ったりそうじゃなかったり。
阪神1800は、レッドリヴェールの弟がポルトドートウィユに肉薄するシーンを作ったが、坂の辺りで、外へ進路選択したポルトフォイユの末脚がグッと加速。力の違いを見せつけた。人気馬は妥当に走ったから、力通りだろう。

あと2つはダイワメジャーの出番。
東京1600は正攻法からファドが押し切り、函館のスプリント戦では、後方待機から直線もたれながらも最後前を捉えたマコトルーメンが勝利。
明らかに、この手の荒れ馬場が合っていた。断然人気馬には気の毒だ。

 

レース回顧

宝塚記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

やっぱりか。これが不思議じゃないのもまたゴールドシップである。
しかし、それでもいいから、ここに出てきてほしい。ゴールドシップを見たかったファンの夢は叶ったが、勝ってほしいという期待まで応える気にはならなかった。
ずっと落ち着いていたのは、少し不気味だった。走る気になるスイッチを自身の中で入れらなかったから、こんなことになってしまったのかもしれない。

ゲート入り前にひと暴れさせてもらえていたなら、きっと全く違う答えが出ていただろう。

期待に応えたのは、ラブリーデイの方だった。
京都記念の積極的な逃げ馬マークのスタイルに、前走で手に入れた中団からじっくり仕掛けて動ける巧みさが加わった今、少し低調なレッドデイヴィスの逃げを捉えるだけでいいという競馬は、久々の騎乗という奇遇が続いた川田騎手にとって、理想的なGⅠの勝ちパターンだったのではないだろうか。
京都記念での屈辱から、ここまで取り繕うことができたのなら、結果もついてきたわけだし、よしとすべきである。
ゴールドシップも然り。

そう言えば、ゴールドシップが基本的な競走能力を最低限繰り出し、捲り上がっていこうとした時、こいつを交わさないと…、その前に立ちふさがっていたのが、自分を取り戻したデニムアンドルビーだった。
よく考えてみたら、ゴールドシップにひと騒動のあったジャパンカップで、ジェンティルドンナを際どく追いつめたのがこの馬。
今春は、シップの庭でかなりの頑張りを見せた後、さすがに天皇賞で二番が利かず、直線では伸びきれなかったのだが、牝馬が王道ローテで3つとも好走することなどありえない。

半期に2度走ればいい方の馬が、これだけ頑張ったのだ。
シップも一応、これでメンツが立ったのである。阪神大賞典で負かした馬が、きっちり結果を出したのだから。
たまにしかやる気にならない馬は、普通勝ち切れるものだが、追い込みにコミットしたこのスタイルの確立は、往年のハーツクライと通ずる切なさを湛える。

以降は、ペースも馬場も、敗因は山ほどあるという感じ。
それでも、トーホウジャッカルは、本質はこれよりもしかすると短い方がいいのかもしれないというほど、万全の出来ではなかったのに、正攻法の抜け出しをして、実力を示した。
所謂、展開一つという常套句は、この馬にだけはあてはめてもいいだろう。
夏の小回りの2000Mを使っても、十分走れそうだが…。
今の菊花賞馬は、昔ほど信頼はできないからなあ。その究極系を目撃したばかりでは、何の説得力も持たない。

ヌーヴォもラキシスも、例年ならもっと褒められえていい健闘だが、人気を考えると、ショウナンパンドラ久々の激走にお株を奪われてしまうのも致し方なし。
GⅡの勝ち方は鮮やかだったが、もっと細工の利かない競馬の方が合う。
それがショウナンとの違いである。

今にして思えば…。
あのゲート内の大暴れは、昨年の春の天皇賞でもやっていたことであるから、きっとそのことを丹念にケアしてくれるような気遣いがあったなら、こうはならなかったのかもしれない。
ゲートの入れられ方にイラつくのは、馬の怖がる性質を利用して、一目散にこの狭い場所から抜け出したいという心理を生み出させることで成立するシステムである以上、どの馬にでも共通して内面的に秘めるリスクの部分である。

ゴールドシップ程の馬が、理由もなく暴れることない。
走りたくないんだ、ではなく、
「俺は一番にゲートを出たいんだ」
そんな気持ちが裏腹となって出てしまっただけのことだと、外れ馬券を眺めながら、しんみりとレース回顧する筆者である。
それも本末転倒なのかもしれないが。

 

レース回顧

宝塚記念 -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

ゴールドシップらしさが、レースの中でというより、その前後における自己主張という形で表出した場合、やっぱり集中力に問題を抱えている部分は否めない。無事に何とか…。
陣営の願うところは、三連覇への期待感ではないだろう。そっちの意味で、というならまずへそを曲げて驚異的な逆噴射を敢行し、ギャロップに入ることなく殿追走のまま終わる可能性さえある。

AJCCでは、それが出ていた。
最後は走っていたが、ちょっと前のやつが目障りだったから交わしておこうか、くらいに彼なりのプライドが微かに見え隠れしただけで、走った気はないはずだ。
故に、得意とされる長距離カテゴリーのレースで結果は出せた。疲れるようなレースは、帰国後はまだしていなかったからである。
普通、そういう馬は宝塚記念ではガス欠になって、だいたい消えるものだ。
彼をどう扱うかは置いといて、他の馬で力を出せそうな対抗株を絶対見つけないといけない。

陣営はいい馬場で競馬をしたいと希望を出しているラブリーデイは、昨秋からもう7戦も消化している。
今年重賞3勝という結果で充実を示しているが、前走鳴尾記念の勝ち方は、冬の重賞連勝時に展開利に恵まれて自分の型に持ち込んだものとは明らかに違い、相手を見ながら、いつでもかかってこいという構えで楽勝したものだから強い。
気ムラなメンツはここにも多くて、彼自身も来るなら頭までという馬なのだが、あまり渋った馬場の経験がないことを不安視しての陣営の見立てではあっても、この状況でまたしても格の差を見せつけられたのなら、もう納得するしかないようにも思う。
好調というなら、厩舎そのものも味のある競馬で存在感を出しているから、軽視しては少し筋が悪い。

自在性があって、人気になるのも一時的なタイプの彼は、ここ2年でゴールドシップが連れてきた2着馬と同型である。
ゴールドシップが来なければ、苦戦するようでは、ラブリーデイにも厳しい競馬になる可能性がある。

土日に大雨の心配はないとの予報だが、今年もタフなコンディションになりそうだ。
昨年、レース直前に雨が降って、ダメを押したような格好で、ゴールドシップは勝ち運を自分に手繰り寄せた。
前2年よりは、時計のかかる馬場に向く馬は多い。タフな牝馬のタイトルホルダーも出てくる。

しかし、迷いに迷って考え及んだ結論は、
「それでもゴールドシップには脅威とはならないだろう」
というもの。
得意条件で強い馬、それこそエイシンヒカリのようなタイプが敵として現れたならともかく、上手に立ち回ってロスなくきれいに走ってこれたなら…、なんて馬は、普通というか、ゴールドシップの定石通りの立ち振る舞いができたなら、桁違いの瞬発力、それこそハープスターのような決め手がなければ勝負にすらならないと思われる。

無論、連覇の内容を鵜呑みにした、今年もそれができたならの条件は付くが、ここ2年のライバルの武器が自分と違っていたから最後は差がついたのと比べると、自滅さえしなければ、同類の渋馬場巧者相手なら、僅差ながらも押し込めることは難しくないと考える。
自滅だけはなんとも…。

大井で勝負師の気質を思い出したかのようなユタカ騎手のトーセンスターダムに、遠征の成果を求めるのも悪くはないが、シップとは明らかに違う武器で勝負してくるディアデラマドレは、GⅠの箔がある実績上位の牝馬より、流されない強みがあって魅力的だ。
マーメイドS連覇を鮮やかに決めた藤岡康太騎手の腹の括り方次第では、愛知杯で見たような驚異的な追い込みがばっちり決まることも有り得る。

唯一、ゴールドシップが捲る意思を示さなかった時に、他の12頭のうちどれが一番有利に働くかとなれば、それは当然中距離以上のGⅠで好走している4、5歳の活きのいい組だろう。破綻の競馬までは想定しづらい。
だからこそ、夢が叶いそうな気がするのである。

 

レース予想

1 2 3 6