競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ダート路線・春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

総じて、役者がその役割を果たすという流れで、粛々とGⅠレースが消化されていった春シーズン。

ホッコータルマエが主役に返り咲いた昨年暮れ以降、時に波乱となる結果もあったが、概ね平穏な決着が続き、彼自身が遠征に挑む前後では、きっちり自分の役目を理解しているかのような余裕のある走りで、いつの間にか国内出走GⅠ4連勝、通算9勝の大記録を達成するまでに至った。
言うならば、昨年の中東遠征前の状況に戻ったのである。

いや、その時よりも強くなってるのではないだろうか。
中央のタイトルに縁のなかったタルマエには、もしかすると昨春のオールウェザーにおける不完全燃焼の競馬は、まさしく予測された通りの結末であり、改めて得意とする時計を要する競馬を使われながら、再調整する時間が必要になった。

そういう時に、使うべきレースが少ないというのは味方するものである。
余計な負荷をかけなくてもいいからだ。
帝王賞を回避し、高速決着でさすがに手こずった盛岡JBCを叩かれ、あとは思惑通りに事を進めるができた。

ダートの質に粘っこさのあったメイダンリニューアルコースで、今年はまあ、スピード能力の限界近くまでは出して、それでも陣営が悔しさを滲ませる5着という結果を残した。
進化途上の馬であることを改めて示すことで、今年は順調に調整して帝王賞に参戦、着差以上の力を皆で体感する王者らしい展開へと導くのであった。

そんな強い馬に、JBC以外でも先着したことのある馬が、彼がもう必要とは考えていないだろうマイルのレースで台頭した。
コパノリッキーもワンダーアキュートも、その時点では敗者のカテゴリーに位置づけられている辛い立場ではあったが、プライドを見せて、復活の走りを見せた。
残念ながら、前者は故障し、後者は流石にまともに王者に挑める年齢ではなくなってしまったが、若手にとっては、この壁が薄いうちに立ち位置を作るしかないだろう。
普通の馬では、勝てなかったように思う。

 

コラム レース回顧

こちらは順調

読了までの目安時間:約 2分

 

日本の芝路線は一段落した。
一方、クラシック戦線が一応の終幕ということで、このあとはどこで古馬とぶつかって、勲章を増やしていくかという季節を迎える欧州競馬は、シーズン後半がこれから始めるという段階に入った。

トレヴは大丈夫か?
3歳から5歳秋まできっちり走った王道路線の女傑など、最近はウイジャボードとかアメリカではゼニヤッタくらいしか思い浮かばないのだが、それは日本のここ数年の流れで行けば、ごく自然なこと。
無理に使い込まなければ、十分馬は期待に応えてくれる。
アスコットに一度顔を出した程度の、ロンシャンメインのローテーションならば心配なし。

サンクルーの2400Mは今回が初めてだった。
ロンシャンでしか経験のない距離。でも、同場の2100Mで、生涯初GⅡに出走した前回は、彼の日にオルフェーヴルを置き去りにしたトレヴの走りであった。

第107回サンクルー大賞(典)は、一年前の今頃もたついていた自分との決別をする意味でも、絶対に1番人気に応えねばならなかった一戦。
奇跡のシンデレラストーリーを完結させたトレヴにとって、ヨーロッパの競馬の常識を粉砕するが如き挑戦の日々は、興行成績の良かった人気映画の2作目、3作目のお披露目に向けた、予定調和への期待感との戦いである。

結果は、フリントシャーをまた引き連れてのゴール。昨年彼女と勝負するまでに至らなかったあの男との圧倒的な差。
ゴールドシップのあの負け様は、今のトレヴにはどう映るのだろうか。

 

ニュース

新馬(2015)<6/27・28>

読了までの目安時間:約 3分

 

いかにも梅雨時というような馬場状態で始まった土曜日。
芝は3場とも稍重で行われた。

東京1800Mは今週もみどころあり。
堂々抜け出しを図ったタニセンビクトリーを、残り50M辺りできっちり交わし去った1番人気ヒプノティストの迫力はなかなかのものだった。
カメハメハとオペラオーのそれぞれ近親にあたるが、クロフネの血を受けた勝ち馬の方が、オーナーとの縁故はより深かったようだ。

阪神1200戦は、行った行ったの決着。というより、直線で追い上げるパワーが差し馬には足らなかった印象もあった。
勝ったオフクヒメは、キンシャサノキセキとコマンダーインチーフの配合だから、馬場適性ピカイチ。馬場の重さも窺えた。

函館では、芝の1200とダ1000の2戦。
人気馬に隙あり、と岩田流のイン強襲で勝ち上がったブランボヌールは、バクシンオーが肌のディープ産駒。牝馬戦らしいキレ味勝負ではなく、僅差2着同父のメジェルダとの力比べだった。ドタドタ馬場でなければ次も面白い。
ダートは、岩田騎手が今度はゴール前で、人気薄のシンボリクリスエス産駒・コラッジョーゾに捉えられ、連勝ならず。康太騎手には、決め手比べの馬が合う。

日曜日はちょっと複雑な馬場に。
本州2場は表面が乾いただけの良、函館は雨で重の芝のレースがそれぞれ行われた。

人気馬は適性というよりは、基本能力の部分で走ったりそうじゃなかったり。
阪神1800は、レッドリヴェールの弟がポルトドートウィユに肉薄するシーンを作ったが、坂の辺りで、外へ進路選択したポルトフォイユの末脚がグッと加速。力の違いを見せつけた。人気馬は妥当に走ったから、力通りだろう。

あと2つはダイワメジャーの出番。
東京1600は正攻法からファドが押し切り、函館のスプリント戦では、後方待機から直線もたれながらも最後前を捉えたマコトルーメンが勝利。
明らかに、この手の荒れ馬場が合っていた。断然人気馬には気の毒だ。

 

レース回顧

2年ぶり参戦も盤石

読了までの目安時間:約 2分

 

クリソライトに跨る武豊は、早々に先手争いを制したクリノスターオーに楽はさせんとばかりに、競りかけてはいったのだが…。

第38回帝王賞は、24日大井競馬場で行われ、前半から淀みのないペースを作ったクリノスターオーを4角で交わし、早めスパートから押し切りを図ったクリソライトを、悠々の仕掛けから直線半ばで捉えたホッコータルマエが、2年ぶりの出走となったこのレースを横綱相撲で制し、国内最高記録のGⅠ9勝に並んだ。
良馬場ながら、一昨年の走破時計を上回る2:02.7の好タイムを記録。

前年は回避。この間きっちりと馬を作り直して復活に繋げた陣営の尽力が、今年は思惑通りのローテで、勝つべくして勝ったという納得の答えとして現れた。
序盤から勝負に出た名手の腕比べにも狼狽せず、自身も最初は積極策を選択しようとしながら、向こう流しでは外々の5番手追走。幸騎手の冷静な騎乗もあり、勝負はあっけなく決した。

中央勢に続く評価を受けていたハッピースプリントが、距離ギリギリの印象はあったが、直線で追い上げて3着。
一方、レースレベルが上がったためか、中央の古豪たちは直線見せ場を作れず、3番人気のワンダーアキュートは8着と大敗した。

先週の東京競馬場で、断然人気を裏切った遠征帰りの若駒がいたが、日本中を移動し、飛行機にも何度も乗っているホッコータルマエは、もはや別次元の存在なのかもしれない。
新記録の達成は、もう時間の問題である。

 

ニュース

鬼が笑った日

読了までの目安時間:約 3分

 

宝塚記念といえば、ステイゴールドである。
今更、それを立て続けに強調する意味はないように思うが、弟のオルフェーヴルのことにも触れないといけない。あの歴史的大復活の奇跡を再考する。

未だかつて、GⅠ惨敗後のこれまたGⅠでGⅠ馬が、それも三冠馬であるのにも拘らず、希望的観測による過剰にして妥当な支持に、納得のいく形で応えられた馬など記憶にない。
思えば、伏線は3歳春の前に使った京都にあったように思う。
好時計とスローペースに阻まれた賞金加算は、天災の副産物によって無事成功したわけだが、速さを問われた時の危うさは、最近の名馬とされた者との比較では、押しなべて、中くらいの速さだろうと評価をされる点からも、遅い競馬の時の強さとは別馬に見えるほど差がある。

ステイゴールド産駒は総じて、フェノーメノも本質的には東京と京都を得意としない。
その代わり、中山か阪神にツボを持っている。
が、オルフェーヴルのその振れ幅の大きさは、好き嫌いの次元では到底測れないものだった。
春の香港で本物であることを示したルーラーシップやお友達?のウインバリアシオン、ショウナンマイティやエイシンフラッシュなどGⅠ馬も計5頭いた中で、馬込みから豪快に抜け出す彼らしい迫力が、このレースで戻ってきた。揉まれたことで、走る気持ちも復活した。

もう一つ、同じく三冠馬のディープインパクトが勝って以降、例年通りの傾向であるクラシックホースが苦戦する傾向が続き、前年まで5年間1番人気が敗れていたのも止めた。
それら悪い流れを一気に断ち切れるのは、もうオルフェしかいなかったのである。

殊更強調して…。しかし、ゴールドシップにも通ずるこの血の因縁は、1番人気になる馬の明暗そのままを表している。
そんなオルフェーヴルは、しかし、ロンシャンでまたしてもやらかすのであった…。
人の期待に応えるために走っているわけではない彼のことを、にやけながら仲間に迎え入れようとする鬼の姿が目に浮かぶ。

 

コラム

終わらなかった時

読了までの目安時間:約 3分

 

宝塚記念といえば、ステイゴールド産駒である。
09年にドリームジャーニーが勝って以降、グラスワンダーの代表産駒であるアーネストリーがレコード走をした11年を除けば、快刀乱麻を断つが如きどこからでも来い状態にある。

ナカヤマフェスタが、前走東京での圧勝の勢いそのままに、道悪に苦しむ人気勢を差し置いて、豪脚をもって制した10年は、ヴィクトワールピサさえも脇に置いた、英ダービー馬・ワークフォースとのデジャヴマッチの導線となった。
失意の三冠馬が兄弟制覇を達成した12年。昨年までの2年間は、三冠牝馬を迎え撃つこととなった稀有な二冠馬による歴史的ワンサイドゲームが続き…。
今年のテーマは、燃えるものがまだあるのか、であろう。

実は、これにはもう一つ同時進行のストーリーがある。
サンデー直仔の現役馬の消滅により、その産駒である孫世代のA級馬を作り出す使命を果たしたノーザンファームの絶頂期を象徴するサンデーレーシングの全盛時代と、これがまるで重なるのだ。

主にノーザンファーム生産の良血馬を、普通のファンでも背伸びすることなく小口からの投資で所有権の一部を買える制度を導入し、大いなる夢を与えた。
もちろん、ブエナビスタやジェンティルドンナなどの象徴的な敗者を送り出したレース史もあるが、そんな強い牝馬の時代とそれに逆行した「特異な馬場への対応力」を問うレースとの不思議なリンクが、妙に必然的に思えてならない。

一年前の夏に復活を遂げたドリームジャーニーの一年に亘る不休生活。
前の年の秋から始まった主要条件のGⅠ競走における、このサンデーレーシングの勝率の劇的増加の流れは、このレースにつきまとう「GⅠ初制覇者の呪い」とも違う、若き日に獲得したタイトルの重荷を、実に痛快なディープスカイ<ダービー馬>討ちで取り払うことで、黄金時代の開始を同時に告げる決定打となった。

今年、そのサンデーレーシングの持ち馬は参戦しない。変化の予感がする。

 

コラム

新馬(2015) <6/20・21>

読了までの目安時間:約 3分

 

今週からダートの新馬戦がスタート。
渋残りの土曜競馬は、そのダートのメイクデビューが阪神1200Mで行われた。
手応えよく人気のゼンノサーベイヤーに並びかけていった3番人気のエポックが、最後は競り落として快勝。
1:12.5の勝ち時計には懐疑的であるべきだろうが、3着馬とは7馬身以上も離れていた。

稍重の阪神ダートに対し、幾らか回復して良の芝で行われた東京マイル戦は、断然人気の高馬でリアルスティールの全弟・プロディガルサンが勝ち上がった。
素軽さは感じさせないが、未完成であるべき時期なのだから、これでいいだろう。上位入線馬は、いずれまたどこかで対戦することになるだろう。レベルは高い。

函館は快晴。
芝1000M戦が行われ、マイネルラヴ牝駒がワンツーを決めた。
ゴール前突き抜けたアルマククナは、ヘイローの一族でローマンエンパイアが近親にいる馬だから、2歳Sに出てくれば面白い。

馬場悪化なしの日曜日は、阪神で少し荒れ気味の傾向。デアリングハートの2番仔が人気のマイル戦を制したのは、ハービンジャー産駒のウインクルサルーテ。何となく、キングカメハメハ産駒には中途半端な荒れ馬場かもと思っていたが、やっぱり坂から伸びあぐねていた。
その流れを汲むように、東京1400も波乱。まさかの江田照スローに、唯一惑わされなかったメイショウボーラー産駒のトモジャクールが勝利。カッチー向きでもあった。
差し届かずの関西馬ラハトケレブには残念な流れ。いや、双方の1番人気馬の選択すべきレースが逆だったようにも感じた。

東京ではダートの1400戦も開催。
マイネルバサラが、東京の長い直線を利してゴール前強襲した構図も、単に先行崩れだったと見るべきか。潰しは利くから、気にせず行きたい。
函館1200は、岩田騎手を背にオデュッセウスが逃げ切り、人気に応えた。単調なソニンク系だが、鞍上好みの好位策が合うタイプだろう。

 

レース回顧

2015年 古馬チャンピオン路線・まとめ

読了までの目安時間:約 3分

 

キズナもエピファネイアも両方出てこない宝塚記念は正直面白くない。
勝とうが負けようが存在感だけは示せる人気馬が、宝塚記念のような救済レース的立ち位置の競馬に参戦できないのでは、本質的な意味でも盛り上がりを欠く最大要因となりかねない。
でも、仕方ない。

ゴールドシップはずっと苛立っているではないか。
走る気が失せたAJCCと、デニムアンドルビーに相当追い詰められた阪神大賞典。
ヤス&ノリの思いやりに不満を募らせるところはなかったのだろうが、同時に、自分主導でレースを進めることに自身が少し不安を感じていたようにも思う。
ゲート入りの不良行為もその一環だ。
自己主張はして、でも比較的騎手の指示には従いつつ、終始反応の鈍さをみせながら力で押し切った天皇賞。
自分から動いたら、前二年のような負け方をすると、馬はわかっていた可能性さえある。故に、宝塚で容易に期待に応えられる状況とも思えない。

元来、三連覇など中距離以下の芝のGⅠでは不可能だ。
回避したヴァンセンヌにだって、十分チャンスはあった。
来週の登録馬の近走を見る限り、L、N、Oの頭文字を持つGⅠ馬の取捨がポイントだ。キレない馬の正攻法が合うレースである。
時計に限界のあるトーセンスターダムも、遠征効果を期待できる。馬場もほどほどに荒れてきた。皆、秋天向きではない。

宝塚回避組も、一応見どころはあった。
フェイムゲームやトゥザワールドの激走。
詳報はまだだが、スピルバーグの王室競馬参戦は自分の競馬をして6着だったとのこと。
古馬同士の戦いの中で、己の目覚めを実感した者の挑戦記は、勝利以上の価値を見出した。

そうすると、5歳の両巨頭についても思うところがある。
僕たちは、少し無理をしてしまいました…。高いポテンシャルをクラシックまでに吐き出してしまったということだろう。
4歳勢にも言えるのだが、3歳馬の方がよっぽど丈夫で打たれ強い。
負け方がポイントの春競馬、と思う。

 

コラム

2015年 POG反省会

読了までの目安時間:約 3分

 

ダービー、オークスが終了後、今年の思い残しはないだろうかと、昨年のPOG関連の記事を見返して、クラシックホースの1年前の姿を再確認してみることにした。

「やっぱり」
今年大当たりだったマンハッタンカフェ産駒のほとんどは、写真掲載されることなく、母の名から血統でしか判断できない大多数の2012年産馬の中に入っていた。
桜花賞前までは多分に注目を集めていたルージュバックの姿も、他誌にはあったのかもしれないが、そこで見つけ出すことはついにできなかった。

一方、ノーザンファームの生産馬がずらりと並んだページの最初の方に名を連ねるドゥラメンテは、ポルトドートウィユやトゥザヴィクトリーの娘、キングカメハメハの半弟などに続くそれこそ第一グループに既に組み入れられていた。
今では、風変わりな茶色いメンコで耳も覆われているから表情の変化を見極めるのは難しくなってしまったのだが、どうも立ち姿に本質的な変化はないように思う。

体高云々は写真とテレビで見え方が変化するから断言できないが、本格的な稽古を始める前に今より10kg軽い程度の馬体重だから、フォルムに違いが出ることはない。
小顔で首は長く見せ、骨量豊かに映しつつもしなやかを兼備した胴長の馬体は、当時から異質さを漂わせていた。

それがアンバランスに見えた筆者の眼力のなさは言うまでもないが、何とか百頭余の写真の中から厳選した30頭の中には入れることができた。
軽すぎても重々しすぎてもだめ。選ばれし馬とはそういうもの。

巻末の方には、ミッキークイーンの姿もあった。小さいのにバランスが取れてて、でもスピード型の胴詰まりの体。
大物感なら、その下にいるリアルスティールの方が、ディープらしくて恰好いい馬なのだが。
ここらを拾えていないということは、相馬眼がないと言えるわけで、成長というファクターと調教で無駄なものが削られた後の姿を想像する力を身に着けなければと、今更だが猛省している。

 

コラム

2015年 短距離戦線・春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

NHKマイルCの扱いは難しく、ヴィクトリアマイルの大波乱も評価しづらい。
前者がやや落ち着いた競馬になったことが、結果だけ見ると力勝負だと言え、猛ペースに人気勢が翻弄され、虚と実の対称性が波乱を演出した牝馬タイトルの方は、限定戦独特の稀有な展開だったと結論付けることができる。
高次元の競馬か否か。この2戦の真実を看破するポイントである。

一方、古馬短距離タイトル2戦は面白かった。
香港の刺客登場と相成った高松宮記念。
ストレイトガールの不発に、驚きの声をそこここで聞くことになったが、それよりは初遠征で、驚くべき勝負根性を発揮したエアロヴェロシティの充実ぶりの方がレース解析においては重要だ。
前者は無冠の牝馬であり、後者は現香港短距離界の顔の一頭。ストレイトガールが勝った方が、本当はびっくりだったのである。
同時に、日本の競馬人は速さにテンのスピードばかりを着目するが、時計が出せれば、GⅠを勝てるなら、それでもう強いスプリンターなのだから、こういうねじ伏せる力を備えた馬を日本で作り上げたいと思う気持ちが生まれてくると、彼の存在価値はより高まるはずだ。

粗を探せばキリがない。
東京マイル・モーリス劇場は、思わぬ好発により意外な展開ながら、連勝4のおまけつきでのGⅠ初勝利で終幕した。
川田騎手も、よもやうまく乗れたなどとは言えないから、インタビューも控え目であったが、主戦騎手がいてうまく乗りこなせたなどと言える根拠もない。
うまくいった。追い詰めてきた相手は案外距離が短い方がよかった可能性もある。
短距離型にはしたくないという2人の調教師が描いた予定図は、中距離型としての大成の予感で、次なる目標を書き加えられることになった。
ニッポーテイオーやヤマニンゼファー、ダイワメジャーやウオッカなどは、挑戦意欲が距離の壁を打ち破った成功者として、天皇賞馬の称号を授かった安田記念の覇者である。
秋の府中も視野に入れてもらいたい。

 

コラム レース回顧