中山記念2021【予想】|過去データ傾向と最終追い切り

競馬ブログ JUST – 全レースの的中率と収益UP

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム
   今週の勝負レース

中山記念2021【予想】|過去データ傾向と最終追い切り

読了までの目安時間:約 13分

 


中山記念の予想と最終追い切り後の出走予定馬のデータ分析を行っていきます。
過去結果を見ながら歴代優勝馬の勝ち馬のサインを見極め、有力な登録馬の中から本命である鉄板軸馬や消去すべき馬、激走が想定される穴馬をピックアップ!

予想オッズを確認しながら過去配当を超える払い戻しを狙っていきましょう。

 

レース名第95回 中山記念
グレード重賞(G2)
日程2021年2月28日(日曜)
発走時間15時45分
開催場所中山競馬場
距離芝1800m
コース右回り
賞金6700万円
レコードタイム1:44.9

 

中山記念2021の出馬表(馬柱)- 出走予定馬の馬体診断と想定騎手(枠順確定)

 

枠順出走予定馬騎手斤量(負担重量)馬体重(前走)
1トーセンスーリヤ横山 和生56480
2コスモカレンドゥラ柴田 大知56468
3ケイデンスコール岩田 康誠56472
3ノーブルマーズ高倉 稜56504
4フランツM.デムーロ56452
4マイネルハニー丸山 元気56488
5バビット内田 博幸56458
5ヒシイグアス松山 弘平56496
6ゴーフォザサミット蛯名 正義56514
6サンアップルトン柴田 善臣56486
7クラージュゲリエC.ルメール56496
7パンサラッサ三浦 皇成55468
8ウインイクシード横山 武史56498
8ショウナンライズ大野 拓弥56478

 

中山記念予想2021 - 過去10年の傾向とデータベース

 

ここ数年の傾向として、サンデーサイレンスの直系で人気になっている馬は、プリンスキロやリボーなど、セントサイモン系の種牡馬がちゃっかりどこかに入っているケースが多く、5代表に2本ばかり食い込ませておくと、人気になっても消えない。

マンハッタンカフェは母父がリボー系。

そうなれば、蛯名正義もセット。

そろそろ引退も近いゴーフォザサミットとならば、何かを起こしそうな気もしないではない。

ゴーフォザサミットの母母父はマンハッタンカフェの母父父と共通のアレッジド<凱旋門賞連覇>なのだから、本命馬に絡めて狙う目途は立ったことになる。

ついでに、思惑以上に出走するだけでなく、それなりのチャンスが生じた血統馬・フランツも押さえ。

母父ブライアンズタイムはリボー系優良種牡馬・グロースタークをブルードメアサイアー/BMSに持つ。

 

まず、前提の条件をして挙げたいポイントが、近20年の主な混戦模様だった中山記念の結果。

 

・2002年
<1番人気:エイシンプレストン/単勝2.9倍>

勝ち馬/トウカイポイント(騸6)<14頭立ての8番人気>
主なオープン実績:カブトヤマ記念2着→このレースを制した年にマイルCS快勝

 

概要
暮れの香港マイルを快勝後、この後に控える同じく香港のG1・クイーンエリザベスⅡ世Cに向け、59の経験もないエイシンプレストンが60という過酷な斤量を背負い、かつ叩き台見え見えの参戦ながら人気に推され、混戦模様に。
中距離重賞らしい締まった展開を自ら動き、人気馬の競馬をしたエイシンプレストンは直線で伸びあぐね、特にオープンクラスで実績のなかった前年去勢の6歳馬・トウカイポイントが、百戦錬磨の岡部騎手を背に、鮮やかに抜け出して重賞初勝利。
大物がいたものの、その他が団栗の背比べ状態で、予想以上に荒れたという展開。

道悪では、

・2006年<重> バランスオブゲーム<牡7>

・2010年<不> トーセンクラウン<牡6>

前者は斤量59<G1は未勝利>、後者は13番人気のオープン初連対馬<重賞7戦目>という人気の中心にはなりづらいタイプが悠々の限定解除の独走により、後のG1勝ち馬をそれぞれ完封。
ここ10年は、G1タイトル奪取のタイミングはこのレースの前後を抜きにして、実に6年連続のG1馬による勝利という記録もあったのだが…。

 

<1番人気の馬>・・・ ヒシイグアスの扱いは慎重に
【3・0・0・7】

恐ろしく買いづらいだけでなく、

2011年 ヴィクトワールピサ

2016年 ドゥラメンテ

2020年 ダノンキングリー

 

といった、ダービーでも人気になっていたクラシック競走の世代における中心クラスの馬しか走っていないので、普通の年で人気馬など買うべきではないとなる。

まあ、混戦になれば、またその扱いは変化するのだろうが、頭から狙うのはあまりにも心許ない傾向と言える。

 

人気になること必至の前走G1出走馬は、人気になっていれば当然のことながら、その際の着順や内容に関わらず、ここに出走してくるだけに注目される。

今年の対象馬は、

・バビット(牡4) 前走:有馬記念 13着

この馬だた一頭。

例年ならば、香港遠征していた馬や、当然のように現れるマイルチャンピオンシップ参戦馬<そのほとんどは好走馬>がいるものだが、有馬で筆者激推しに見事結果で応えた?バビット氏だけとなると、限りなく最適の条件に思えるが、いくら低調なメンバー構成と言えども、狙いの中心と勇気を持って言えるほど、前走の内容があったわけではない。
近10年で、前年の有馬記念参戦馬はヴィクトワールピサやナカヤマナイトが制しているが、よりハイレベルになった直近では出走馬すら少ないという状況。

トレンドではないのは確かだろう。関東馬が6連勝中でもあるから、かなりの自己解決能力が問われることになる。

 

<当該年の中山金杯好走、かつ斤量が同斤かそれ以下という馬>・・・ ややマニアックな方向から狙いを定める
【2・1・0・4】

ただし、連対の3例は、

・ウインブライト<2018、19年連覇>

・ロゴタイプ<2015年 2着>

言わずと知れた、中山で主要競走を何度も制しているG1ウイナーなのだから、今年該当するウインイクシードには荷が重いか。
しかしながら、G1出走馬さえほとんどいないという、中山記念における令和最低レベル大幅更新のメンバー構成ならば、一応の好走馬で、斤量据え置きの恩恵は受けられるか。
ちなみ、その他の出走馬に関しては、

・ヒシイグアス<金杯 54→ 今回 56>

言っても、金杯競走というのはハンデG3なのだから、G2出走に関わる好走要因はその時点での好結果か、極端な斤量の変化であるべきだが、両金杯共にG2レベルのレースレベルになることも少なくないから、いかにもらしい展開だった今年は、中山記念のレベルに呼応する格好で、連続性を求めても筋悪ではない気もする。
人気になっている組では、この両者は決して他と引けをとらないオープン馬、中山重賞好走実績を持つ馬となりえよう。

中山記念予想2021 - レース展開

 

このレースが混戦の時は尚更、高齢馬や巧者の出番となる

 

是非とも、前走で快走の末脚自慢・ヒシイグアスに再びの好走を願いたいところだが、低レベルにも程がある、古馬G2以上勝利記録がある馬が未登録の中山記念であるため、あまりその勝利に価値が生まれないようでは、下手をすると金杯よりも…、という可能性さえある薄っぺらいメンバー構成で他コースでも結果を出してきた中距離が酷い競馬をするとは思えない一方、一応G1連対馬のケイデンスコールが突然中山をこなせる気もしないので、<左回り巧者ということもあって、実は初コース> 金杯優勝馬同士の争いの目途は立ったとしたい。

 

しかし、前走でせめて重賞好走の実績のある馬か、G1で何度か好走している馬がいるというのが中山記念なのだから、それが1頭しかいなかった2002年の例を引き合いに出したのは、あながち見当違いとならないように思っている。
それなりの数、中山記念の歴史に触れてきた筆者からすると、ほとんど勘のようなもので今年はベテランの出番とした面もある。

巧者とするにはいささか物足りない実績だが、その他大勢の56の基本設定連中に対し、安定感の強みで期待以上の結果を残し続けるウインイクシードにチャンスありと見た。

4歳馬の実力は一定レベル、G1好走か人気に支持された明らかな実績上位の馬ならば、それ相応の競馬は可能とできることが、中でも最も怪しいレベルのカフェファラオ<結局終始1番人気で優勝>が実力を誇示したことでしっかり証明されたから、今週は様子見。
西の方で期待として、こちらはまあ頑張りたまえとエールを送る程度に止める。

 

ここでは力上位とできるヒシイグアスに対し、先に抜け出して、見事目標にされた前走のウインイクシードは、惜しいけれどもいつもの感じの好走止まりだった。
ただ、ささやかな抵抗の材料として、56のウインイクシードは据え置きになのに対し、上り馬で54で出走のヒシイグアスとは今度は同斤。

まあ、推し材料は表面上、これしか見当たらないので…。(笑)

 

これまで3度、1年前に連続騎乗の横山武史騎手を再び迎える今回、距離長すぎの日経賞と、道悪の福島2戦でいずれも、この馬の良さを引き出そうと懸命にリードするも、結果に繋がらなかったが、前回のように待たない方が本当はいいタイプで、多少はソラを遣うにしても、キレ負けするくらいなら今回も早めに動いていくはずだ。

 

中山記念予想2021 - ウインイクシードの血統/成績/タイム

母イクスキューズは藤沢和雄厩舎には珍しい、マイネル軍団の総帥・岡田繫幸氏個人で所有の活躍馬であり、2007年のクイーンCを快勝している。

注目すべきはこの馬が早熟だったことに異論はないとして、1800Mのレースでデビュー戦以降全ての重賞も含めて、【1・1・2・2】だった点。
これに加えて、父マンハッタンカフェも意外な特性を秘める。

 

もうとっくの昔に天国に旅立っている2002年の春の天皇賞快勝馬であるマンハッタンカフェは、種牡馬として5頭のG1馬を出す一方、

・産駒デビュー2年目の2007年以降、2020年のレッドアンシェルまで14年連続重賞勝利中。

 

・2019年は重賞5勝も、最短は芝1200M<レッドアンシェル>、最長は芝3000M<シャケトラ>と振れ幅が極大。

・特性は他のサンデー系種牡馬と同じく、芝1800M重賞が平地全54勝中13勝と最多。ダートも同距離で勝ち星あり。

ディープインパクト産駒など、2、3歳の1800重賞だけでも凄まじい数制しているから、まるで比較にならないが、同じくドイツ由来の牝系出身だからなのか、芝の基本距離とされる1600~2000M<2000M重賞も1800と同じくらい制している>で結果を出す本物の傾向を示した好成績の種牡馬であったと言えるだろう。

 

主要血統は数多く入り込んでいるが、例えば、色々な種牡馬に大概含まれたノーザンダンサー系の血流は、母父のボストンハーバーのまた母父にいるヴァイスリージェントしかなく、5代内クロスはないこと以外では、傍流のボスキャラであるリボーの血が2つ薄っすらと入るくらいの特徴しかない点が、近年の重賞レベルの馬の配合では極めて異例と言えるか。

ウインイクシードには母が活躍馬であるということ以外に、遠い親戚にスキーパラダイスの一族がいて、孫が皐月賞馬で中山記念2着の実績があるキャプテントゥーレや、彼が有するロイヤルスキーの3×4に絡むその父ラジャババも近親に存在し、案外筋の通った牝系でもある。

 

一族の立派な活躍馬であるキャプテントゥーレは6歳になって、ヴィクトワールピサが独走する中山記念で2着に粘ったクラシックホースで、勝ち馬とは2つ違いで、実力も勢いも見劣っていたものの、結果は良かった。
他にも、かつての9月阪神開幕週の名物重賞だった朝日チャレンジC連覇など、故障後も大活躍した記録を持つ。

父がアグネスタキオンで、それとよく似た完成早のダイワスカーレットやディープスカイ<この馬はクラシックシーズンのみ順調だった6戦目勝ち上がりという異例のダービー馬>だ目立つ一方、グランデッツアやレインボーペガサスなど古馬になって復活の出世レース覇者なども出していた。

 

アグネスタキオンとは同期で、弥生賞でまるで勝負にならなかったマンハッタンカフェは、立て直された夏以降一気に本格化したが、血の混ぜ方によっては、似たような性質を持つ馬が登場するのかもしれない。
当時でも珍しかった、ノーザンダンサーの血を持たないサンデーサイレンス直仔のクラシックウイナーには、共通項もあるのだろうが、このウインイクシードには両者の本質面における類似点があまりにも多い気がする。
早過ぎる死まで父似ながら、こうした渋とい活躍を見せる馬が出てくることは、この系統にとっても大変有益なことである。

 




↓【注目】弥生賞の無料買い目はこちらで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

   今週の勝負レース

 


タグ :  

G2 中山記念

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方