中山牝馬S 2020年 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

中山牝馬S 2020 回顧 ~ 血統を見れば【超】不良馬場巧者だったフェアリーポルカ

読了までの目安時間:約 3分

 

雨が降ったし、オルフェーヴル産駒ながら行く一手のモルフェオルフェが行きそうな展開までは読めたが、向こう流しがこれほど見づらい競馬は久々であった。

雪も不良も、さすがに想定外だった。

 

こういう状況で、コントラチェックが普通に先行することはできない。

行ってもバテることは秋華賞で経験済みのルメール騎手は、最初の出の悪さや恐らく、これまでの重馬場での動きの鈍さを再確認して、もう初めからいち参加者のスタンスで、無理をしなかった。

 

一方、枠もさることながら、そのコントラチェックが案の定の失速を交わし去ったフェアリーポルカの破壊力は、想像以上。

父は2度も不良馬場で重賞勝ち、代表産駒のキセキも世紀の極悪馬場となった菊花賞を制している、あのルーラーシップの仔。

母父アグネスタキオンは不良馬場の弥生賞を独走。

トゥザヴィクトリーの一族ということで、ヌレイエフの血が入った馬はこの手の馬場の巧者が多く、その5×3はアーモンドアイと同じでも、本質が軽い馬場向きという馬ではないのだろう。

 

世代の重賞級と再三再四好勝負を繰り返しているフェアリーポルカが、三度目の正直で、本当の道悪適性と真の実力馬であることを示した。

同じように、ドバイWC勝ちのモンテロッソと不良秋天圧勝が無効の憂き目に遭ったメジロマックイーンの配合である超伏兵のリュヌルージュも、適性とガッツで、実力派のサドラーズウェルズコンビを抑え込んだ。

この牝馬、実質第一回のホープフルSに果敢に挑んだ勇者である。

惜敗を繰り返しながら、ようやく完成期を迎えつつあるようだ。

 

5着はハービンジャー産駒のレイホーロマンスで、ほぼ、小倉の愛知杯上位組に秘める適性が引き出された面々だけの競馬になった。

やけに道悪なのにハイペースが多かった土曜日。縁のない馬には、どうにも抵抗できない競馬が目立った。

 

------

↓4月11日(土)まで、無料配布中だそうです。

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方