ニュージーランドトロフィー 2020年 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

ニュージーランドT 2020 回顧 / 父キンシャサよりいい意味でズブい「ルフトシュトロームの可能性」

読了までの目安時間:約 3分

 

今週も1枠の2頭が行って、前崩れ。

そして、ゴール前で抜け出したのが石橋騎手のルフトシュトローム。

中山ではよくあることである。

 

ハーモニーマゼランの経験値からすれば、淀みのない流れの好位付けそのものはきつくはないはずだが、今回は、これまで負けてきた相手よりも遥かにクレヴァーな立ち回りができる差し馬が、いっぱいいたのだった。

あっさり交わされてしまって、最後は戦意喪失。

驚異のスピードで勝負するタイプではないのだろう。

 

大分、大外に振られてしまった1、3着馬に対し、本当のオープンらしい展開を初経験だったシーズンズギフトの将来性は、勝ったルフトシュトロームにも見劣らない。

揉まれていいとは思えないエピファネイアの牝馬が、乱戦のマイル戦で、馬込みを捌いて差してきたのだ。

うまく回ってきたので、あっさり抜け出せてしまったのが、勢いを乗せて外から上がってきた牡馬2頭にはちょうどいい目標になっただけであり、独力で伸びてきたという印象は彼女がベストパフォーマンスと思えた。

 

ルフトシュトロームは、明けから中山マイル3戦。

父キンシャサノキセキでも、南半球産であることを承知で、敢えて、このようなローテで、最後はマイルCで3着となった戦歴もある堀調教師の管理馬。

そんな伏線をなぞるように、仔の代でも豪腕系の鞍上を配し、何かを仕込んでいこうという狙いがはっきり見える。

お父さんよりはいい意味でズブいようで、今回は初めての直線勝負の競馬。

結果論ではなく、そういう可能性まで踏まえた師の思惑が透けて見える。

長期展望で、この一戦の価値を見ていきたい。

 

ウイングレイテストは惜しいというより口惜しい3着だが、爆発力のある差し馬ではなく、こういう消耗戦向きのロベルト系らしい馬とわかった。

クリノガウディーに似ないでほしいが、きっとそういう道を辿るタイプだろう。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方