クローバー賞2020 レース結果【回顧】|カイザーノヴァがぶち抜き制覇!

競馬予想ブログ JUST

クローバー賞2020 レース結果【回顧】|カイザーノヴァがぶち抜き制覇!

読了までの目安時間:約 4分

 

 

札幌を沸かせたクローバー賞2020にて結果を残したカイザーノヴァの理由や次走など今後期待の情報をまとめてみました。

 

カイザーノヴァ、好走の理由は?

 

筆者はあまり評価していなかったが、
ゴール前の脚勢は明らかに重賞を使ったというアドヴァンテージだけではない感じのあった函館2歳S組が優勢。

 

陣営の狙いはスプリントに非ず!

それを証明した2騎を素直に評価したい。

 

外からグイグイ伸びて、
明らかに馬場状態やレース展開を無視してブチ抜いてくれたのがモーリス産駒の初オープン勝ちを決めたカイザーノヴァ。

 

常にモーリス感を強く出すこの馬は、
どういうスイッチを持っているのか謎も多かったわけだが若き坂井騎手と40日ばかりで3走というタイトなスケジュールを順調にこなし、明らかに矢作調教師がプラスに持っていくような形に作り変えた雰囲気のマイナス体重での参戦は好走に結びついた。

 

怪獣と言えば、最初からそういうところのあったモーリスにしても
晩年はお利口で安定走行の重戦車となって負けることもあったが、価値あるレースでは4歳以降全て勝ち続けた。

 

因縁深まる堀調教師の自慢の養子は、モンスターの体型を少し変えた母ステラリードの男馬に当面の可能性を委ねる立場になった。

 

次走が楽しみ!主戦場は秋!

 

まだ最低10年続く、東西の本物の名伯楽による争いは
既に伊藤雄二・藤沢和雄の名馬かるた合戦の趣にある。

 

ファンにとっては極楽の時代。

 

嬉しい限りである。

 

惜しいラヴケリーはまた惜しいというより
父カレンブラックヒルがそうであったように、スイートスポットがえらく狭い才能にも思える。

 

窮屈な競馬が性に合っているように思えないが、アーモンドアイと同族であるから新馬戦のように逃げることはもうしないだろう。

 

軽くはない牝系であり、本当の勝負は秋以降になる。

 

ジャンカズマ、ノックオンウッドらは消耗するような道悪経験はあったが
ミドルで流れる良馬場のオープン戦で時計勝負だからいい訳はしてもいいけれども、スピードの爆発力が足らなかった

 

それは中央場所でより必要なのだから、まだ身の丈に合った挑戦ではなかったことになる。

 

上に来た2頭にはとても激しい競馬を戦ってきたという自信があった。

 

 

 

 

↓【注目】園田プリンセスCの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方