オールカマー予想【2020】|過去データと最終追い切り予想

競馬予想ブログ JUST

産経賞オールカマー予想【2020】|過去データと最終追い切りを評価

読了までの目安時間:約 8分

 

2020年9月27日(日)中山11R 芝2200m:産経賞オールカマー2020(gii)の予想です。
過去10年の傾向と予想オッズを調べ上げて高配当な払い戻しを狙います。

 

オールカマー過去10年データ

予想していく上で過去データは必須。

ここでは重要な箇所を選定してまとめた。

 

オールカマーの過去10年傾向

開催年1着性齢斤量○人気・父2着性齢斤量人気3着性齢斤量人気
2010年
シンゲン
牡7
57kg
⑤・ホワイトマズル
ドリームジャーニー
牡6
59kg

トウショウシロッコ
牡7
57kg

2011年
アーネストリー
牡6
59kg
①・グラスワンダー
ゲシュタルト
牡4
57kg
カリバーン
牡4
57kg

2012年<重>
ナカヤマナイト
牡4
56kg
②・ステイゴールド
ダイワファルコン
牡5
56kg

ユニバーサルバンク
牡4
56kg

2013
ヴェルデグリーン
牡5
56kg
⑨・ジャングルポケット
メイショウナルト
騸5
56kg

ダノンバラード
牡5
57kg

2014年*新潟
マイネルラクリマ
牡6
56kg
②・チーフベアハート
ラキシス
牝4
54kg
クリールカイザー
牡5
56kg

2015年
ショウナンパンドラ
牝4
55kg
③・ディープインパクト
ヌーヴォレコルト
牝4
55kg

ミトラ
騸7
56kg

2016年
ゴールドアクター
牡5
58kg
①・スクリーンヒーロー
サトノノブレス
牡6
56kg

ツクバアズマオー
牡5
56kg

2017
ルージュバック
牝5
55kg
⑤・マンハッタンカフェ
ステファノス
牡6
56kg

タンタアレグリア
牡5
57kg

2018年
レイデオロ
牡4
57kg
①・キングカメハメハ
アルアイン
牡4
57kg

ダンビュライト
牡4
57kg

2019年
スティッフェリオ
牡5
56kg
④・ステイゴールド
ミッキースワロー
牡5
56kg

グレイル
牡4
56kg

 

 

 

オールカマー2020の出走予定馬(枠順確定)

 

枠順出走予定馬騎手前走・馬体重斤量
1枠クレッシェンドラヴ内田 博幸498 kg56.0kg
2枠サンアップルトン柴田 善臣470 kg56.0kg
3枠ミッキースワロー横山 典弘478 kg57.0kg
4枠センテリュオ戸崎 圭太472 kg54.0kg
5枠ジェネラーレウーノ三浦 皇成514 kg56.0kg
6枠アウトライアーズ丸田 恭介494 kg56.0kg
7枠ステイフーリッシュ田辺 裕信462 kg56.0kg
8枠オウケンムーン北村 宏司440 kg54.0kg
8枠カレンブーケドール津村 明秀466 kg54.0kg

 

 

オールカマー2020の傾向から予想していく

 

全くもって非常識な印だがここでも敢えて成長間違いなしで期待十分の格上馬・カレンブーケドールを軽視という、無駄な決断をしている。

 

ディープらしさ皆無の先行ズブタイプの牝馬なら
この手のみんな最後は止まる馬場質などぴったりなのだがその辺りを全て、充実一途のクレッシェンドラヴにカヴァーしていただくとして、茶を濁すこととした。

 

狙いはサンアップルトン。

 

彼が前走で4着に終わった日経賞のレベルは、混戦模様のレース展望に反し、想定以上のハイレベルだった。

 

何せ、諸々レースレベルの肝要な部分を東の前哨戦としてのプライドを保つために
次走に挑んだ天皇賞の2、3着馬が、日経賞の3、1着馬。

 

仲間はずれになった日経賞で不利アリ、
自滅の内モタれの2着だったモズベッロも、天皇賞こそ、自慢のラチ沿い走行への固執で自滅したが
有力馬バタバタの宝塚記念では、低評価を覆して3着と健闘。

 

人気にならなかったから良かったのでは?という評価は当然頂戴したわけだが
勝てはしないでも、他のレースを使っていた組の方がよっぽど評価が高かったのだから
この結果は望まれている以上の好結果とするに止めるべきではないはず。

 

そんな連中相手に、まだ4歳で行きっぷりも今一つだったサンアップルトンは
いくら外差し傾向の馬場だったとしても、十分すぎる直線の追撃で
堂々、後のG1好走馬に上がりの脚で最上位の結果を残した。

 

 

オールカマーの過去レースを分析していこう

 

陣営の狙いはその次にあったのだろうが、年明け3戦を1か月半でこなした上の好走の連続で
目黒記念などにも挑めない状態になったのは、重傷ではなかったということも含めて
かえって良かったのではないだろうか。

 

何せ、父はあの拗らせ王の【ゼンノロブロイ】である。

ちょうど今のサンアップルトンの年齢、この季節に開眼するわけだが
この親仔両方に跨る柴田善臣騎手も2度騎乗し、どうお伺いを立てていい走りをするまでに止まる惜敗の連続。

 

父・ゼンノロブロイの全成績

 

GⅡ2勝馬ながら、京都大賞典でナリタセンチュリーの一撃に屈したところまでと

秋の古馬タイトルコンプリート後の各戦績はコチラ。

 

デビュー戦~京都大賞典2004

1着2着3着4着以下
4回4回2回2回

 

 

宝塚記念2005~引退戦・同年有馬

1着2着3着4着以下
0回2回2回1回

 

トータルで7勝しているのに、あくまで一瞬最強だったという馬だったから
その産駒もまた、GⅠ馬はオークス勝ちのサンテミリオンなどがいても
アニメイトバイオやペルーサに感じるもどかしさのようなものが、その本質と言える。

 

勝ち切れないのがある種の武器。

 

どこかで強いという雰囲気を漂わせたときに、ワンチャンスをモノにできるかどうかが予想のポイント。

 

サンアップルトンの狙いは、一本釣りを短期的に、かつ重点的でないと、具合が悪いことになる。

 

こういう背景があるから、休んだことそのものをプラスではないが
どの道、相手なりに走るという逆さに見た時の強みを、穴評価の際に活かすのが
ファンの狙い目であることに間違いはないわけで、かなり本番前だと怪しいトップホースたちの死角をつける馬は、実は限られるような気もする。

 

それらに勝たれてしまっても、いい武器はある。

 

善臣騎手が乗ってから、末を活かす策がハマるようになった。安定している。

 

血統面がその後押しになるだろう。

 

サンアップルトン ゼンノロブロイ サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
シナル キングカメハメハ
イブキスタイリスト トニービン
アンバーネックレス
シヤダイマリア

 

名血【クリアアンバー】の末裔ながら
4代母シャダイ<シヤダイ>マリアは、ノーザンテーストの代表産駒・アンバーシャダイの姉であり
クリアアンバーの長女に止まらず、イブキマイカグラの母ダイナクラシック、末娘サクラハゴロモはプリンスリーギフト系の存在価値をより高めたサクラバクシンオーを産むなど、偉大なる系統の初手を担ったサンプルとして、地味にその役目を果たした。

 

無限に気ムラなトウルビヨン直系のアンビオポイズの仔であるクリアアンバーに
リボーと途中まで同じ流れに入っているセントサイモン系のワイルドリスクの血を引くマリーノが入ったシャダイマリアに、あまりにも取っつきにくい性質があったのは間違いなく、時代の流れに反したような血を入れた後にノーザンテーストを入れても大きく発展することはなかった。

 

代を経て、中間にトニービンとキングカメハメハが挟まり、サンデー系の中では個性派に入ってしまったゼンノロブロイの底力は、和製と化したファミリーとの組み合わせにより、新たな魅力を引き出されようとしている。

 

軽い馬場は合わないタイプ。有馬に向けたステップにできれば、これ以上ない秋緒戦になる。

 

 

 

 

 

↓【注目】平和賞で高額払い戻しを狙う無料買い目はコチラで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方