競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

STV賞 2020 結果【レース回顧】|結果から分かった今後の注目馬とその仕上がり!

読了までの目安時間:約 3分

 

クラヴィスオレアがすんなり行ければ
乱戦の様相になどならなかったはずだが、
ユニコーンライオンが気持ちよく先行態勢に入ったがために
普通のスタートだったクラヴィスオレアのスピードを適度に引き出すような先行にならなかったので、最初の最初は速くなった。

 

ところが、
中団から位置取りに不満のあったグループが流れが落ち着いたと思うやその刹那、
まとめて先団に取り付き、よくわからない展開へと発展。

勝負所まではそれなりの手応えだったユニコーンライオンも
進路がどうこう以前に、スランプにも近い状態でこんなにややこしい競馬ではどうにも立ち行かなかった。

 

石川騎手とは手が合っていたが、このメンバーとの相性が最悪だった。

 

直前の阿寒湖特別もそうだったが
トニービンの血が入ったいかにもこういう時期の上がりが少しかかるような競馬向きの馬が人気に応えていたが、ここもそう。

 

中団グループに順当につけた組では、藤岡騎手のハナズレジェンドがあまりにも鮮やかに外に出して、理想の小回り戦法で接戦を制した格好。

 

かつてはクラシック本戦での快走も期待されたトニービンインの4歳軍団を引き連れ
差し競馬なのに上位人気は皆掲示板の不思議。

 

ハナズレジェンドは矢作厩舎の所属馬であり、デビュー年から5年続けて札幌参戦中だったから3年振りの勝利でも、様々運が向けばこういうこともある。

 

新潟で3勝目を挙げたブロードストリートの仔は、
ワンターンならば関屋記念や毎日王冠でもいけるくらいのスケール感を示した。

 

変な話、やっとこさの5勝目だったハナズレジェンドより
現状の格はこのサトノウィザードの方が上であろう。

 

ロードカナロア牡駒の大物は、実は彼の方だったのかもしれない。

 

北でこの日6着だったシフルマンは、新馬戦で全く歯が立たなかった。

 

それはあの神戸新聞杯とそっくりの構図なのである。

 

タグ :  

レース回顧

STV賞 2020 予想|過去のデータと血統から傾向を分析!予想オッズにも期待がかかる一戦

読了までの目安時間:約 3分

 

今週の土日メインはすべて芝の非根幹距離戦であり、どれもいかようにも解釈可能という組み合わせ。

難しすぎるというのもあるが
日曜は同じ条件のクイーンSが行われるという手前、力試しの感じで札幌のレースを狙う。

注目したいのは、どうにも歯痒い矢作厩舎の不活性ガス・ユニコーンライオン。

前走は、図体がデカいからとりあえずと使ってみたダートで爆死。

大きな体で仕掛けのタイミングが難しいから、中央場所では阪神外回りが合っていそうだったが
流れに乗っても最後はキレ味で見劣り、3歳重賞で掲示板に載るので精一杯だった。

ところが、アーリントンCと神戸新聞杯の間に挑んだ函館は、2戦2勝。

勝負強さも見られた2勝クラスの内容など、この先楽しみと思わせたが
結局、1年経って北海道に戻ってきた。

ユニコーンライオンの兄・ザワウシグナルと父・ノーネイネヴァーには共通点があり
夏のドーヴィルで行われるモルニ賞という、フランス版の函館・小倉2歳Sミックス型GⅠを勝っている。

本来、その血筋の通りの馬体であるなら
短距離型なら尚更同じ道を進むものだが、ベースが北米血統だから一筋縄ではいかない。

芝得意のストームキャット直系の呪縛が、こうした奇異な特性を生んだのだろう。

どの道、主要場では道悪でも走らないタイプ。

プライドを取り戻すために、意外と手が合いそうな代打・石川騎手の腕っぷしにも期待したいところだ。

ゴールドシップの仔を重賞で勝たせる騎手には、きっとこういうタイプは合っている。

昨年はユニコーンライオンと同じような軌跡を辿り、神戸新聞杯ではほとんど並んでゴールのシフルマンも
松山騎手で初めて逃げたのも良くなかったが、ずっと松山騎手で勝てなかったから、ハービンジャーの仔で岩田パパという点も踏まえて、相手筆頭とする。

 

 

 

タグ :  

レース予想