血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

2018年 2歳馬総括<牡馬編>

読了までの目安時間:約 3分

 

締めはサートゥルナーリア。

朝日杯制覇のアドマイヤマーズ。

ずっと昔の話のように思える、夏の関西圏で行われた出世レースの新馬戦を制した無敗馬である。

何の変哲もないストーリーであり、ここだけは譲れないとばかりに、ミルコ・デムーロが意地の2歳タイトル連覇を決めたことでもわかるように、こうしないといけないという縛りが、彼のプライドをくすぐり、大団円になったと考えるのがいいファンの捉え方となる。

意地汚く勝負弱い筆者からすれば、ルメールのグランアレグリア、福永のブレイキングドーンと、納得のポジショニングからの???という感じの直線になったことが、ミルコの腕だけで果たしてそうなるものかと、ちょっと懐疑的になったものだが、今にして思えば、デイリー杯の優勝馬と特Aクラスの京都オープン・萩Sのそれぞれ覇者が、毎年必ず登場するサウジアラビアロイヤルC優勝馬や京都2歳S2着馬を破ったのだ。

無敗でGⅠに挑む点で、グランアレグリアとの相違点を見出すことは難しいが、それが3連勝でGⅠに向かう馬は、そう多くは登場しない。

ましてや、2、3歳重賞の主幹的位置づけのハイレベルなレースである。

年によってバラつきのある敗者の出ていたレースとは、根本的に違う。

同時に、何かと取捨に抵抗感のようなものをもたらした札幌2歳S組が、筆者の推したナイママを除き、その後も大活躍。

その時の本命はウィクトーリアだったが、まだ2勝目はお預け。

ニシノデイジーやクラージュゲリエは、まだまだクラシック本戦における注目馬である。

きっと、ミルコはサートゥルナーリアを選ぶことだろうが、ピンポイントでハイレベルな外国人騎手も来るし、物足りない陣容というほどはJRA勢も見劣っていないから、アドマイヤマーズの地味ながら確実に前を捉える巧みなレース運びも、あまり馬鹿にできない。

皐月賞までホクホクのデムーロ騎手にとって、実際のところ、自身のモチベーションが一番の懸念材料であることは、今やけにインタビューの時に声が高いことからも、自覚するところであるはずだ。

クリストフにはなれないミルコの武器は、やはり、類まれな集中力である。

 

タグ : 

コラム

2018年 ダート路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

2つのカテゴリーに分けられるこの路線。

ツートップ

ゴールドドリーム

かしわ記念

帝王賞

ケイティブレイブ

川崎記念

JBCクラシック

3歳馬

南部杯

チャンピオンズC

東京大賞典

この他は、

フェブラリーS ノンコノユメ<国内タイトル2勝目>

ジャパンダートダービー ルヴァンスレーヴ<上に同じ・以降古馬GⅠ連勝>

JBCスプリント グレイスフルリープ<国内外で2勝目>

JBCレディスC アンジュデジール<初タイトル・牝馬重賞4勝目>

全日本2歳優駿 ノーヴァレンダ<重賞初挑戦でV>

3歳馬が出られる古馬戦は、JBC3戦など南部杯以降の6レース。

スペシャリストが登場のスプリント・牝馬戦に出番がないのは仕方がないこと。

つまり、

南部杯

JBCクラシック

チャンピオンズC

東京大賞典

で、3勝2着1回なのである。

統一王者というような存在がよく登場するダート戦線において、コパノリッキー・ホッコータルマエ連合が時代を築いていた頃にワンダーアキュートのような安定株が隙間を埋めることはあったが、それはベテラン。

勢いがあるから若手にチャンスがあるというような甘い世界ではない砂社会において、異例の出世を遂げた3歳の2頭は、歴史上、ゴールドアリュールやその前のクロフネ、地方戦は怪我から復帰後が中心も古馬GⅠ初戦を制したカネヒキリなど、猛者というよりは、異次元の才能を誇ったメンツと肩を並べたことになる。

皆に共通する芝対応可能のようで、ダートの方が遥かに速いというスピード能力。

それが古馬にはもうないわけだから、斤量の勝負ではなく、反応に対する争いに敗れてしまうのは、どうにもならないことなのだ。

古馬ツートップが、若い頃がグイグイスピード勝負で台頭していたのように、戦い方にはいろいろな経緯のようなものがある。

地方の小回りでタフな砂をかき上げる様に走る能力を身に着けても、フェブラリーSでは通用しない交流タイトルホルダーは、いつの時代にも多い。

多頭数にも対応できないが、オメガパフュームのような決め手の鋭い差しタイプに、彼らが東京大賞典で敗れた以上、能力差を認めざるを得ないだろう。

 

コラム

東京大賞典も3歳馬

読了までの目安時間:約 2分

 

O.マーフィー騎手が参戦してアポロケンタッキーを駆ったところ、このレースを勝った時以上にスムーズに先行した。

レースは締まり、力のある馬と名の通った騎手しか対応できない、厳しい展開になった。

良馬場の勝ち時計は2:05.9。

3強の叩き合いを制したのは、この日も3歳馬、そして、ミルコ・デムーロであった。

第64回東京大賞典。勝負のポイントは、序盤の位置取りの正確さではなく、誰が相手になるのかという判断力だった。

馬の順番とすれば、ケイティブレイブ、ゴールドドリーム、オメガパフュームで順当なポジショニングと言えたが、ケイティブレイブはペースはともかく、やや揉まれるようにして好位を取るというところまではいかず、ゴールドドリームは悪い時の出負けが今回は出てしまい、こちらも理想的な流れとはならなかった。

しかし、相手は450kgあるかないかの3歳馬であり、先述の展開もある。

位置がどうこうではなく、どうやってスパートするかが重要だったわけだ。

JBCの時のようにじっくり前を捉えに行ったケイティブレイブは、しっかりと中団位置からの競馬に持ち込んだゴールドドリームとの叩き合いに持ち込むべく、ギリギリの攻防に持ち込んだのだが、冴えるミルコ・デムーロ騎手のオメガパフュームは、それらの思惑をしっかりと見極めてからの仕掛け。

だからといって、置かれていたわけではないから、抜群の反応で外から有力勢を捉え切った。

鋭くまた、今回は使い減りの懸念のある体重減にもかかわらず、重厚さを備えた末脚が見られた。

またしても、恐るべき3歳の才能がGⅠ馬となった。これが2番手グループとは…。

 

ニュース

新馬回顧<12/22・23・28>

読了までの目安時間:約 3分

 

超変則3日間開催になって、今年で2年目。

来年は丸々1週分の間隔になるから、いよいよ、競馬界に休みがなくなることになる。

今年の最終開催は、まずダート戦から。

22日の中山は2戦で、1800は前を見ながらじっくり抜け出しで快勝のVピサ・アルマスティングが、1200は快速競馬の流れに乗ってプリサイスエンドのトーアシオンが1:11.8で逃げ切り。

前者はお馴染みのエイシンキャメロンの一族、後者は1Rが1:11.6で決着している点が特記事項。

阪1400の渋馬場戦も、伏兵評価のロードカナロア・メイショウウズマサの逃げ切り。24秒台だから、京都でも期待できる。

28日の中1200は、デカすぎる白毛・マイヨブランとメモリアルのルメール騎手の迫力勝ち。母ユキチャンとはタイプが違う。

雪舞う阪1800で穴をあけたマッスルビーチはメイショウサムソン産駒。こちらは競馬がうまいタイプ。

22日は、芝は阪1800のみ。

稍重馬場をスムーズに外から伸びたハービンジャーの女馬・グラディーヴァが、低評価を覆して快勝。

ディープ×フレンチの母の配合というより、日本最高峰の牝系であるパロクサイド-エアグルーヴのボトムだから、当然の結果だろう。続いたミクロコスモスとレディアルバローザの仔も、そこそこ見どころがありそう。

日曜の東西の芝戦からは、中マイル快勝のダイワメジャー×シーイズトウショウの良血・ブレイブメジャーが目立った存在として登場。

2000以上はともかく、1200型に出るということはないだろう。

西の渋残りの1400戦では、エイシンオズが小柄なのにガッツのある差し切りで勝ち上がり。

エイシンアポロン×プルピットという配合を見て、合点がいった。

28日は東西2000M戦。

中山 ジュピターズライト<ハービンジャー>

阪神 フェアリーエポカ<ルーラーシップ・牝>

どちらも好位のインからしっかりとした脚で抜け出す競馬で、中身も濃かったのだが、人気馬が走らなかった阪神に対し、ルメールの人気馬を破ったジュピターズライトは、今後に期待。

共にパワー型なので、タフな展開が希望。

 

タグ : 

レース回顧

ホープフルS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

人気馬が好位につけ、上位人気馬だけの直線の勝負。

最もアグレッシブなポジショニングから、中山2000の正攻法である、前の壁が開くまでニュートラルで構えて、そこから一気のスパートのサートゥルナーリアが、実に危機管理能力の高い競馬で、あっさりと人気に応えた。

スローの読みはルメールのアドマイヤジャスタも同じ。

コスモカレンドゥラが大外枠であり、ミルコはペースをしっかりと作るというのは、誰かが一緒にいないとうまくリズムに乗れないから、たとえスローでも、行ってくれたうれしいという展開。

しかし、ニシノデイジーが小回りで切磋琢磨して、重賞連勝の実績を引っ提げての最内からの発走。

普段は柳のように質問者の問いを交わすような曲者感を醸し出す勝浦騎手として、明らかなスローの読みで中団よりは前に。

あとは、それらに続く人気でほぼベストポジションにいたようなブレイキングドーンが、筆者の思った以上にガッツなかったことが望外の伸び今一つに繋がったくらいで、ニシノデイジーも最後は、東スポ杯以上の根性で前に迫って、3強の決着に終わった。

ロードカナロア×シーザリオ。

すでにクラシックホースの最高クラスの才能をターフに送り込んでいる名馬にして、名繁殖馬である。

その掛け合わせでどんな天才が誕生するのかと思ったら、昨年がクリスチャンで今年はミルコ。

何となく、思われている以上に天才、という馬と手が合いそうなデムーロ兄弟の連覇となって、想像を超えた仕事をする今年のロードカナロアの傑作誕生を、我々は改めて目撃することになったように思う。

筆者は意地悪する馬がそれなりにいれば…、と、POG筆頭の注目馬であると知りつつ、一般的な良血あるあるに当てはめて、獲れる魚をわざわざ難しい釣り方で捕まえに行って、結局坊主という結果に終わった。

意地悪されたのではなく、自身の選択でそういう厳しい位置取りになった時、デムーロだけでなく、ルメール騎手もそう、誰よりも落ち着いて機を待つ勇気があることを思い出し、13頭立て、各馬の血統構成などを加味して、直前1.5倍くらいまで上がった単勝支持に逆らった無意味さに気づかされた。

思った通りに、最後は楽々の抜け出し。

いや、坂があったから、もっとライバル勢が置かれてしまったではないか。

前身のラジオNIKKEI杯・たんぱ杯などで、アグネスタキオンやヴィクトワールピサが、後のタイトルホルダーをねじ伏せるように差し切った歴史に照らさずとも、スローだったからこそ、サートゥルナーリアの前途は洋々なのである。

軽い馬場でしか結果を出していなかった馬や、少頭数の競馬でしか走ってこなかった馬が無敗だった時、こういうレースになって負けるのが普通。

しかし、思われているよりも天才、という馬にぴったりのこのホープフルS快勝で、彼が出てくるだけでライバルが敬遠する流れが、クラシック戦以外では今後も続いていくのだと、筆者はまざまざとゴール前の手応えから感じ取った。

下げなくてもいいという武器が、彼の末脚をより引き立てる。

アーモンドアイと逆パターンで、同じ結果を期待してもいい。

そもそも、この日のサートゥルナーリアは+12kgで、明らかに体を持て余していたはず。

なのに…。

 

レース回顧

1 2 3 8