2019年ターコイズS回顧

競馬ブログ JUST – 全レースの的中率と収益UP

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム
   今週の勝負レース

2019年ターコイズS 回顧 – パワー勝負でのアドヴァンテージが一枚上だったコントラチェック

読了までの目安時間:約 3分

 


結果的に、3歳馬の1~4着独占となったが、いち早くラチ沿いを確保した春までの理想の中山戦法を回復することに成功したコントラチェックとルメール騎手の総合力と、このコースにおけるパワー勝負でのアドヴァンテージが一枚上だった。

45.4-46.8は、彼女の理想に近いラップだ。

自ら時計を作る経験など、まだ一度もないエスポワールは、その持ちうるスケール感や血統背景など、走る条件が揃ったポテンシャルの部分で前を捉えにかかったが、牝馬のGⅠでここまで前傾のラップになるレースなど、短距離カテゴリーの京都牝馬Sでも稀なわけで、タフな阪神や中京で勝ち星を重ねてきた経験値が、シゲルピンクダイヤに先着した理由でもあるか。

そのピンクダイヤだが、いやいやをしたゲート入りで見せた気難しさを活かし、スローの叩き合いで真っ直ぐ走って…、という枠にハメたいタイプだろうから、父のイメージで乗ると、今のところはうまくいかないか。

相手が速い馬だっただけに、その分も不利だった。

もう一頭の人気馬トロワゼトワルは、時計のターゲットが他と違う中で、同型の牝馬がGⅠで揉まれていたという点と、大外枠と何となく、すんなり内に入れることができなかった3番手につけるメイショウグロッケの静かな圧と、押し上げの早かった入着グループの外からのプレッシャーで、敗因が今回ばかりは、想定される全ての要素が積み重なったことで、4角ギブアップ。

テンのスピードで中距離ベースの逃げも合うコントラチェックに負けるはずはないが、経験値と共に、そういう相手にトップハンディ級の55も、一気の3kg増で大きな死角になった。

コントラチェックには、コーナーというファクターが重要だったりして、即、Vマイル向きとは言えない走りの癖みたいなものがあるが、少なくとも、現状でクロコスミアより総合力は上だろうし、怪我だけには気を付けて、大事に育てていきたい。




↓【注目】弥生賞の無料買い目はこちらで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

   今週の勝負レース

 


タグ : 

G3 ターコイズステークス ターコイズステークス2019

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方