きさらぎ賞 2020年 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

きさらぎ賞(2020)回顧 ~ スロー見え見えの舞台で差しに拘ったアルジャンナ不発

読了までの目安時間:約 4分

 

人気馬がパッとしなかったというより、持っているスケール感の違いみたいなものが大差なかったとすべきだろうか。

前走で改めて差して結果を出しても、全く支持が集まっていなかったコルテジアは、未勝利戦の勝ち方がそれまでと一変であったから、デイリー杯でも期待したのだが、まだ繊細なところがあったのと、ローテが詰まった3戦勝ち上がりの過程ではなかったが、道悪2度経験の中での重賞戦で、上がり目がなかった感じの失速だった。

 

ところが、差してもなかなか結果が出なかったのに、キャリア3戦目となるマイル戦となった前走のシンザン記念で、素質を改めて感じさせる内容の3着で、距離延長となる今回は少しだけ期待していたのだが、明らかに相手強化にも拘らず、軌道に乗ったロベルト系のそれを再度証明するように、自在の立ち回りからあっさりとゴール前で抜け出して見せた。

 

褒められた内容であっても、連対した2頭から大きく離された3着であったことと、そもそもあまり注目されるようなこれまでのパフォーマンスではなかったことが、人気面での盲点であったことは確か。

 

筆者も期待していたグランレイが、首の曲がり方が明らかにおかしいというくらいに引っ掛かって池添騎手に抑え込まれていたのと、やんちゃさを丸出しで成長があまり感じられなかった人気でも実績でも最上位だったアルジャンナが、あまりも残念な直線の雰囲気だったので、大半のファンがこれは凡戦となると思った瞬間、アルジャンナだけは前を追いかけてきた。

 

それがいいことなのかどうなのかは、今のところはっきりと断言できないのだが、もしも、他の騎手に乗り替わって勝ちに出ることを選択するタイプの、特に短期免許の外国人騎手だったら、この結果ではなかったように思った。

同時にそれは、川田騎手が背負っている責任の面で、今回は主戦としての仕事を果たしたのだとも感じた。

これまでと同じようにスピードを抑えて競馬させるというより、差してどこまでやれるかを、スロー見え見えの舞台でどこまで証明すべきかという必要に迫られた今回、結果が見えたと思う。

 

差す余裕が生まれたコルテジアがレースを制し、未知の魅力満載のストーンリッジがそれに迫った。

オープンの実績があるその他の面々に、課題を与える方が優先した関東馬のギベルティなど、リスクをとった時に馬自身がどういう展望をこの出世レースで見せることができるかとなった時に、アルジャンナらにはクラシック向きの万能性はないと理解できた。

 

コルテジアが途端に世代のトップホースになるわけではないが、フラフラしながらもギベルティは粘って4着、アルジャンナは最後だけは走った3着。

位置取りやペースが違えば、彼らの立ち位置は人気の通りだったように思うし、自分を武器を磨くために必要な時間やレースでの経験をどう陣営が考えるか、腕の見せどころではないだろうか。

 

サトノゴールドはこういう時ほど頑張らなきゃいけなかったのだが、父のような雄々しさで勝負できるタイプではない。時間をかけて、一流に育てたい。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方