JBCクラシック2020【予想】|過去結果と最終追い切りデータ

競馬予想ブログ JUST

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム
   今週の勝負レース 根岸ステークスを徹底予想!

JBCクラシック2020【予想】|過去結果と最終追い切りデータ

読了までの目安時間:約 9分

 


JBCクラシック予想2020(南関東・大井競馬)を完全攻略!
過去結果や歴代傾向を見ながら本レースを徹底的に出走予定馬達を分析していきます。

登録馬の中から抽選されていった有力馬や穴馬を解析。
予想オッズを調べながら過去配当を超える払い戻しを狙います。

 

レース名第20回 JBCクラシックJpnI3上選定馬重賞
グレードダートグレード競走(交流重賞:JpnI)
日程2020年11月3日(火) 
発走時間18:30出走
開催場所大井競馬場
距離ダート2000m
コース外回り・右
賞金8000万円
レコード2:00.4

 

JBCクラシック2020の出馬表(馬柱)- 出走予定馬の馬体診断と想定騎手(枠順確定)

 

枠順出走予定馬騎手斤量(負担重量)馬体重(前走)
1
オメガパフュームM.デムーロ(JRA)57452
2アングライフェン 福永祐一(JRA)57493
2 ロードレガリス 武 豊(JRA)57512
3 サブノクロヒョウ 西啓太(大井)57493
3クリソベリル川田将雅(JRA)57540
4ダノンファラオ 坂井瑠星(JRA)55531
4サクラアリュール藤岡康太(JRA)57470
5サウンドトゥルー森泰斗(船橋)57471
5ブラックバゴ 本田正重(船橋)57532
6ノンコノユメ 笹川翼(大井)57450
6ミューチャリー御神訓史(大井)57475
7センチュリオン今野忠成(川崎)57534
7 デルマルーヴル戸崎圭太(JRA)57500
8チュウワウィザードC.ルメール(JRA)57489
8 マースインディ 的場文男(大井)57475

 

JBCクラシック2020 - 厩舎・外厩から調教状態を評価

 

 

今年で20周年、アニヴァーサリーというフレーズは進化途上のダートグレード競走にはまだ似つかわしくないのかもしれないが、コースも距離も回りも変化したとしても、連覇した馬、3連覇の馬までもいるのがJBCクラシックここまでの特徴。

間違いなく、クラシックに関しては、本家のブリーダーズCに外見上では見劣っていない。

 

今年は火曜日の開催。

 

何も、文化の日が中央開催とバッティングしなければ、必ずその日に開催ということだから、曜日の問題ではなく、先週までしつこく降り続いた三冠戦に奨励するようなそれなりの量の雨というものに、今年は左右されないだろうと意味。

 

そういう時ほど、連覇は容易いとなっている。

大井でこれが8度目の開催となるわけだが、そこに連覇の馬が絡んでくるのが通例。

いや、それは三連覇もあるレースだから、アドマイヤドンとヴァーミリアンには関係する。

連覇のタイムパラドックスは名古屋と川崎の良馬場、同じく連覇もスピード型だったコパノリッキーはかなり渋った盛岡と大井で圧勝だった。

 

昨年は浦和の重馬場だから、時計も高が知れていたわけだが、2000M戦では歴代の最遅記録となる2:06.1であった。

 

最初からチュウワウィザードとオメガパフュームの一騎打ちムードで、左回りではただのオープン馬のオメガパフュームにチュウワウィザードが迫られたから盛り上がっただけで、3競走で一番平凡なレース。

 

今年はもう少し相手が華やかで、若い馬も結構いる。

サウンドトゥルーというジョーカーを除いて、若手に有利となる一戦だろう。

 

最初はロードレガリスが金沢での頑張りもあって、十分に面白いような気配もしていたのだが、よく考えてみると、差し馬が非常に多く、武豊先生のことだから行くことも想定しているのだろうけど、もうちょっと速い馬ならば、そのロードレガリスといい感じで先行していかないかと妄想に妄想を重ねて、前走で酷い競馬に遭遇して惨敗のダノンファラオでも行けるではと、ちょっと期待してみた。

 

矢作厩舎は三冠戦コンプリート直後にも拘らず、今度は大井で大忙しのJBC諸競走になるわけだが、ここでは坂井騎手との師弟コンビで人気の盲点にもなっているから、マークはかなり薄い。

もはや、全地球型采配の中ではダートの常道たる大井の2000Mに、何のトリックも足かせもないのだから、可能性のある所に挑んだ才能は素直に買いたい。

 

その前走、日本TV盃は普通ではなかった。

よもやのハイペースとなり、休み明けで古馬初戦でもあったから、すっかりリズムを失ったダノンファラオは、平地競走を走ったGⅠ馬としては異様にも映る、勝ち馬から4秒も離された惨敗であった。

 

フェブラリーSでも最近では珍しい33.8−46.1−58.6秒という5Fまでのラップは、まるで毎日王冠である。

元々危ういところのあるアメリカンフェイロー産駒のダノンファラオには、不適以前に、出番を求めることは不可能なレースであった。

 

先行型だけに、変な気性も持ち味とできるファピアノ系の馬だから、一変したところで何も不思議はない。

前々走の大井・ジャパンダートダービーでは、重馬場でも61.3秒の1000M通過であり、後半は4秒以上余計にラップを要している。

本来は後にシリウスSを力で制したカフェファラオのレースになる予定だったから、これも想定外の展開には違いないが、レースに途中から参加できなくなった大本命が登場ならば、途中から自分の流れに持ち込んだダノンファラオには、勝ち運もあったことになる。

 

思えば、大井に行く前の京都でも自分のリズムに乗れずに大惨敗だったような馬。

 

手を焼く才能に散々に惑わされてきた矢作芳人調教師としては、しかし、何度挑戦しても…、という2着王のスーパーホーネットより兼ね合いなどの面でも、要領のいいタイプと見ているのかもしれない。

 

コントレイルはそう簡単に負けない馬だが、リスグラシューやスーパーホーネットこそが、矢作ブランドの継承者たる性質と言える。

 

要するに、勝率が低い馬が活躍してきた歴史のある名門厩舎なのである。

 

JBCクラシック2020 - 脚質やコース適正などから消去法で最終予想

 

コントレイルがまとめて厩舎の勝率を根こそぎ向上させているが、他にもいる活躍馬であるリアルスティール、モズアスコットらは、何度もGⅠに挑んでも、スーパーホーネット同様、あまり勝っていない。

 

勝率はリスグラシューもスーパーホーネットもあまり変わらないが、最後にGⅠ3連勝をする前のリスグラシューの戦績は、19戦でたったの4勝である。

 

3勝しているのに、連勝はなし。

3歳のうちに出世した馬にしては、異例の戦績表を作っているが、不思議と連チャンで大敗はせず、○×に等しいリズムを刻む個性派であるダノンファラオ。

ただし、この手の我がスタイルを持つタイプは、若くても侮れない。

 

10月には3世代GⅠ級制覇騎手の系譜をわずかのところで獲り逃したモズアスコットの惜しい例がある。

 

三冠はもちろん、リスグラシューの3連続GⅠ勝利やそもそも三冠馬の仔のダノンファラオだ。

大井で3連勝、それもJBC完全制覇など、今の矢作厩舎なら当たり前に思える勢いがあるからこそ、一番脈なしに見えるこういう馬こそ狙いたい。

 

戦略があるようで、外からじわっと先行ポジションにつけたいというアバウトな作戦がハマるかどうかの人馬のこと。

枠は揉まれやすい4枠6番ながら、内にクリソベリルがいるのは、良くも悪くも勝負の綾を生む目標とすべき同士の争いを作る可能性が十分にある。

 

スムーズに回ってきた時に、直線で信じられないほどの伸びや粘りを見せる矢作厩舎の才能は、最近は非常に多い。
スプリントには3歳がいないから、今年こそのコパノキッキングに期待。

 

3歳がいるから、何故か内外と分かれた人気になる中央馬・レーヌブランシュなど、引き続き追いかけたい馬たちに加え、矢作厩舎のマルシュロレーヌ、ジャスティンにも当然期待だろう。

 

大井なのでオメガパフュームを相手に選んだが、アーモンドアイだってそうだろうが、常に休み明けでの参戦は不安との隣り合わせのはずのクリソベリルは、物凄くスタートがいいタイプではないから、本格的なパワー勝負でそれほど経験があるわけではない内枠は不安材料。

 

ロードレガリスだけでなく、どうしたって差し脚比べで魅力が出るノンコノユメなど、伏兵の台頭まで、クリソベリル圧勝の構図でもそのレース展開は想定されるのだから、無理筋ではない程度に、帝王賞不参戦組でも丁寧に拾っておくべきだろうと考える。

 

 

 




↓【注目】根岸ステークスの無料買い目はこちらで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

   今週の勝負レース 根岸ステークスを徹底予想!

 


タグ :   

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方