血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<6/15・16>

読了までの目安時間:約 3分

 

ダービーショックが尾を引くように、あれから3週間も経ったというのに、今度は禁止薬物問題が発生。

今週は雨が最初から大問題だったわけだが、混乱に拍車がかかってしまった。

東京は予報通りに大雨。阪神は常識的な道悪で、土曜の函館は雨の影響なく開催。

中央場所では未勝利戦開始と同時に、ダートのレースもスタート。

その馬場状態の差が、結果に大きく影響した雰囲気があった。

阪神1200は、人気のサウスヴィグラス産駒・ジェネティクスが、川田騎手らしい無難な逃げで押し切り。

馬場を利してとはいえ、その辺りも踏まえての競馬だったからか、人気上位馬がそれに続く平穏な決着だった。

しかし、東京1400はほとんどレースが破綻してしまった。

3角では後方にいたはずのヴィンカマヨール以下、先行勢壊滅で人気のなかった差し追い込み勢が上位独占。

勝ち馬はゴールドアリュール×バーナルディーニという配合のパワーヒッター型なので、人気のヘニーヒューズやカジノドライヴでは、品が良すぎたのかもしれない。

函館芝1000Mは、せっかくの好条件の競馬も、本命格など除外3頭でマツリダゴッホ牝駒の快走を許したのは仕方なかったか。

勝ったブルーパピヨンは、プリモディーネと同じソーダストリームを牝祖に持つ。案外早熟。

日曜は少し意外な天気で、馬場状態は掴みづらかった。

東京は芝2戦。

重でタフなコンディションではあったが、1600・サクセッション、1400・トライフォーリアルら勝った2頭は、共に本命馬。

前者はキンカメ×ディクタット×ズルムーで当然として、トライに関しては、リアルインパクト産駒でゴールドティアラの孫だから、あのズブさはダート向きの可能性も秘める。

阪神マイルは稍重も、時計が掛かって大波乱。

タートルボウルの小柄な牝馬・エールヴィオレが最後は抜け出したものの、人気馬が不自然なくらい走らなかった。

馬場悪化どころか、むしろ回復気配の稍重函1200のワールドエース牝駒・オータムレッドは、離れた外から無理に追い上げての差し切り。

きっと短いのだろうが、ヨーロピアン仕様のアメリカ血統で、適性がよくわからない。

 

レース回顧

ユニコーンS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

結果的には、デアフルーグが重馬場に対応できなかったというか、いつもの加速力を見せられず、しっかりと直線に入ってから加速できたあとの人気2頭が力を出したという競馬。

芝の時より速い印象を与えたワイドファラオは、内枠が吉とも凶とも出る最内枠を、これは明らかに芝での経験をフルに活かすようにして、ヴァニラアイスとの46秒を切る先行争いをじわりと相手が痛めつけられるように粘りを見せて、直線では完全に抜け出して見せた。

道中モタモタすることの多いデュープロセスは、今回もまた後方から。

中盤ではむしろ、本来は末脚自慢だったデアフルーグに追いかけられたようなところもあった。

が、直線に入ってからは、中京の追い込みの経験値もあるから、しっかりと立て直されて、デムーロ騎手らしい接戦にさえ持ち込みさえすれば…、というところまで追い詰めていった。

一度は替わったとも見えたゴールシーンは、福永騎手がレース後振り返ったように、ややバテ気味だったのかもしれないが、ダイワメジャーの産駒で競り強いことはすでに証明しているデムーロ騎手が乗っているにも拘らず、結果的には、差し切れられることはなかった。

初ダートながら、皆が思ったように、こちらの方に適性があったのだ。

福永騎手といえば、30になる手前に大ブレイクした当時、主戦として騎乗したメイショウボーラーが、満を持して、古馬初戦からダートを使われ、1か月ちょいで芝では敵わなかったGⅠ制覇を成し遂げたことがある。

真冬のガーネットSから、逃げの手に戻した根岸Sまでは彼のフィールド。

しかし、マイルとなると芝でもギリギリだったのに、ダートでは…。

雨が降ってたいそうな不良馬場になった。

逃げ切った。

経験がものを言う騎手の世界。

ダービーは一度しか勝っていない福永騎手でも、30代の騎手にはない引き出しがある。

自信を持っているからこその先行策であり、人気もあまり集中しなかった。

その上で、追いかけてきたデュープロセスには自身と似た距離適性という点で追い詰められたが、ほんの少しのガッツとロスの仕方の中身が勝負を分けた格好。

この様子だと、両方とも大井にも夏の新潟にもいかず…、となりそうだ。

ダンツキャッスルの粘っこさと、ヴァニラアイスのスピードが、この高速馬場で引き出された一方、前走は同じ青竜Sでも、7着と力の差を感じさせたアシャカトブに競り落とされた本命馬のデアフルーグは、ハイペースや馬場、東京の適性以前に、かなり渋い馬である可能性と同時に、実は、誰よりも短い距離に向く可能性の両面が、??の直線の伸び脚に感じとれた。

別にいつものように後ろからの競馬をして、特段追いかけたわけでもなく、デュープロセスの後を追いかけていく順当なレース運び。

無論、距離が短い、まだまだ成長途上の馬という見立ては大いに正しいのかもしれないが、母がフレンチデピュティ×快速のパイアン。

その祖母がコジーンの産駒である。

そもそも、差す形が合わないのだと仮定した場合、それこそ、ワイドファラオやまだ見ぬ強敵・クリソリベルのように、先行するのがいいタイプなのかもしれないと、少し思えてきた。

大いに筋違いである可能性もあって、そのそしりは免れない一方、今までとあまりにも動きが違ったから、ふとそう思わずにはいられなかった。

どうもチグハグなレース。

みんなが思っているようなユニコーンSのハイレベル決着、という青写真は、今年のこの結果を見る限り、例外的に描かれることはなかったように感じたのは、筆者だけではないだろう。

 

レース回顧

函館スプリントS -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

まあ、回顧といいましても…。

今週の薬物混入騒動問題で、最大の影響を受けたこのレース。

そんな盛り下がった一戦で、職人江田照男がやってくれた。

引いてもズブすぎるアスターペガサスは、7頭立てになったのもあるから、いかにも一発狙いのカイザーメランジェが、3度目の騎乗で何かを引き出せる状況にあって、それが逃げたところを追いかけていったこと自体は間違いではなかった。

しかし、何度となく、横山騎手がそうであるように、誰かが違うアプローチでもっといいパフォーマンスができるのではないかと考えた末の江田の逃げの一手である。

今まで単騎逃げなど一度もしたことのないカイザーメランジェに対し、前走の韋駄天Sでやたらと強い直線巧者であるライオンボスにそれなりの抵抗を見せたことで、適性もなかったという感じの完敗でも、条件が整ったと見ての先行策は、いわば、思惑通りの表の表の作戦だった。

それでも34秒台のラップを前後で刻んで、1:08.4というレース決着。

流石に逃げ馬を追いかけることまではできない本命馬のタワーオブロンドンも抵抗することもできず、アスターペガサスでさえ形作りの2着。

あとは展開次第、雨の降り方によってはの候補だったから、もうスタート直後にレースは決着していたことになる。

出来ることは限られても、幸運もあり、父サクラオリオンも得意とした北海道の競馬で、格下評価ながら重賞まで制して見せたのだ。

江田照男騎手には、こういう厳しい条件で何かを引き出す攻めの一手がある。

中山ではこれに追い込みの策も足されるから、もっとその職人芸が際立つ。

福島だって大得意だ。

たまにしかハマらないけれども、これに乗れなかったファンは、皆口惜しい思いをするのであった。

 

タグ : 

レース回顧

新馬回顧<6/8・9>

読了までの目安時間:約 3分

 

雨の季節がやってきて、東西とも、土曜競馬は渋残りより湿った稍重で、曇天の下での新馬戦となった。

そんなことだから、短距離カテゴリーの東西2戦とも、おかしな結果になってしまった。

スタートから12秒以上のラップが4連続の阪神1200戦は、人気の血統馬が力を出し切れず、ジャイアンツコーズウェイ産駒のシャマーダルを父に持つトリプルエースの一撃に屈した。

これが母父サンデーで、2着馬の父はキズナ。

ミスプロが入っているかどうかが勝負を分けたのかもしれないが、かなり特殊な展開だったことは間違いない。

東1400戦も、人気のルメールが外からもう一押し足らず、インから抜け出しの2頭を負けせずという、先週も見た展開に。

勝ったのは、ゴール前差し切りのグランチェイサー。

一応、小倉2歳S勝ちのデグラーティアの近親にあたるダイワメジャー産駒なのだが、母がシルヴァーホーク×カーリアンだから、2勝目がずっと先の1800だったりするかもしれない。

日曜日は東西で含水率が違ったはずだが、より渋った東京の方が良の阪神よりも馬場質は軽かった印象。

その意味で、直線で反応今一つだった東京1800のワーケアの勝ち方は、抜けていた。

結局、ゴール前では流すくらいの余裕があったが、そこはこの時期のハーツクライ産駒。

当然のモタモタ感がついてきて、父のことをよく知るルメール騎手だからこの泰然自若とした振る舞いも、最後の伸びに繋がったか。

オープン馬ダノングレースの半弟で、ガッツリヨーロピアンではない配合も、トニービンの鈍重さを引き立てない要素であり、活躍が期待される。

阪神は本命候補が直前の除外。

影響したかはともかく、内からスムーズに立ち回った馬が最後は抜け出し、先行押し切りのキズナ産駒・ルーチェデラヴィタが初勝利を挙げた。

母父トウカイテイオー、母母父はリアルシャダイだから、トウカイポイントと配合の形は同じ。

この馬は牝馬だから、ゆくゆくは右回りの関西圏の芝でバリバリ活躍するかもしれない。

 

レース回顧

マーメイドS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

見るからに荒れそうな気配のあったスタートの内枠の攻防から、先行争いの伏兵陣の動きと、その割にペースは普通で…。

筆者は一応、サラスくらいしか狙いの中心にしようと思う馬がいなかったから、その動きをずっと見ていたわけだが、れによって、大きな体が牝馬戦にはフィットしないことを示すように、内のごちゃつきでしっかりと位置取り争いに後れ、ロスはないコース取りとはいえ、3角までは最後方の内。

松若騎手は最初はある程度位置をとろうという意思は見せたから、センテリュオマークのポジションになったことが結果的に悪かったとも思えない一方、これで勝てるというのは…、という展開であった。

先に抜け出したのは、外から一頭素晴らしい脚を使って勝負を決めたようなところのあったレッドランディーニ。

前走の内容は上々も、連続好走などめったにしない馬が、こちらはそんなに大きな馬ではないから、揉まれずして抜け出せたのは、明らかに外枠の利があった。

センテリュオも最後は伸びてきたが、コース取りが難しく、掲示板の下の方がいっぱい。

結果的に追い込み決着になったのは、それほど適性も力も優位ではない馬が、ミドルペース程度の展開を自力スパートしたからだろう。

よって、昨年は内から抜け出しの差し馬同士の決着になったが、今年は馬場も少し重いので、豪快に差す馬に有利に働いた。

いや、それが普通なのが阪神の2000M。

まず、外回りの1800が得意な馬には、まるで出番なしの展開だったろう。

正攻法のモーヴサファイアでさえ、ハービンジャーのはずなのに、掲示板には載れなかった。

50のアドラータが逃げ、51グループの伏兵やトップハンディ55のフローレスマジックが動いたことで、流れには乗れなかったが、独特の味わいがある差しタイプのサラスが重賞制覇。

一応当てたはずなのに、何だかキツネにつままれたような気分なのは、どうしてだろうか。

 

レース回顧