血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

優駿牝馬(オークス)-回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

望外のジョディーがコントラチェックより速いというゲートから、何となく予想されていた、これは2分22秒の決着になるのでは…、という展開。

しかし、あの弾け方は、さすがキングマンボの血筋である。

外から豪快に伸びた末脚は、兄リアルスティールを駆って東京で2度激走したミルコ・デムーロだから引き出せたものだろう。

この勝負は、ラヴズオンリーユーの完勝。

その流れは既知の、朝日杯から桜花賞に直行の異例ローテで完勝した、あのグランアレグリアと同じ。

2:22.8という時計は、ダービーでもまだ記録されていない、3歳春の極限の数値である。

殊、ジャパンCにそれをあてはめれば、最新のレコードはキングマンボの直系のひ孫であるアーモンドアイ、その前は、激闘をデットーリと制したキングマンボ直仔のアルカセットだ。

2:23.3でダービーレコードを打ち立てたのはキングマンボ直仔のキングカメハメハであり、その孫はアーモンドアイ。

キングマンボは他にも、現ダービーレコードの2:23.2で二冠達成のキングカメハメハ産駒・トゥラメンテを送り出している。

オークスに関しては、これまでのレコードはジェンティルドンナの前が幸四郎元騎手のメイショウマンボや福永騎手のローブデコルテ、その前はレコード毎週発生の90年春に記録されたエイシンサニーの2:26.1があって、みんな別の種牡馬。

前年にキングカメハメハ系が並ぶところまで行ったが、今度はキングマンボ由来の牝系と父ディープインパクトという組み合わせで、3歳春の決定版的12Fの金字塔を打ち立てた。

兄よりは扱いやすく、変に1800Mに固執したキャラにならなかったのは、2戦目から、京都内回りのマイル戦を使った効果もあってのことだろう。

それでも兄は、二冠戦で2着2回、ダービーは相手悪く、ドゥラメンテの4着で末を活かせなかったレースも、安定の皆勤賞だった。

ノーザンファーム産の誇りは、今週もまたGⅠ制覇で保たれたわけだが、同時に今回起きたことは、2着馬は社台ファームでも、父ディープで母父はストームキャット系で最もサイクルの早いスキャットダディであるカレンブーケドールが来たこと。

同血にも近い2頭が叩き合い、大レコードを樹立。

筆者の推していたクロノジェネシスやダノンファンタジーが、各々2:23.2-.3で続き、2頭の間に新馬レコード勝ちで、今回も追い込んだウィクトーリアが入ったことで、一つの物語が完結する。

「何を引いても社台グループの血筋にあたる」

種牡馬の導入は、それは日高のシンジケートだってあるから、完全独占状態ではないものの、そもそも、ビッグレッドファーム辺りで注目馬を導入したところで、配合相手も質にバラつきがある。

十数年前、現役サンデー直仔絶滅状態のクラシックでは、由緒正しき在来牝系によって質の担保が図られたが、今度は孫世代がより質の高い配合相手を得て、今の趨勢を形成した経緯がある。

世界どの国を見渡しても、どこかにいいモノが集まる仕組みになっている。

いいとか悪いとかではなく、完全にいい流れになっているのは、努力の賜物であると同時に、進化の過程にまた入ったという意味でもある。

時計の更新はもはや、歯止めが利かなくなっているから、キングマンボ単独の適性ではどうにも立ち行かない。

よって、より洗練されたアメリカンなのに芝も自在にこなすサンデーサイレンスやストームキャットのようなワールドワイドな血が、今回は有効だったのだろう。

先週もヨーロピアン配合のハービンジャーに、アメリカ系統の芝向きのボトムが日本で根付いていたフサイチエアデールの一族との組み合わせで、ディープを破っているノーザンファームの争いが起きたばかり。

紙一重のようで、カレンブーケドールは血統で敗れ、非社台系のトップホースたるシゲルピンクダイヤも、2:25.2と、奇しくもメイショウマンボと同タイムで走るので精一杯という、厳然たる事実が、そこには横たわっているのだ。

何かに導かれるように、ジェンティルドンナがレコード勝ちした時と、5F通過は全く同じ59.1秒。

しかし、2:23.6以内で駆けた馬は、今回は7着シェーングランツまで入る。

そして、勝ち馬以外東京で勝っているか、快時計の連対馬。

初めての東京で弾けたジェンティルドンナに域に、このラヴズオンリーユーは成長できるのか。

何かを捨てた時に、違う創造物が誕生する。そんな才能になれる可能性はあるが、それが何かはわからない。

おすすめの記事
日本ダービー予想特集

 

レース回顧

平安S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

サンライズソアをマイネル軍団が追いかける展開だったので、期待したハイランドピークは、2歩目で変な格好になってしまったことで行き脚今一つになったことそのものは、あまり不利なことではなかっただろう。

ただ、チュウワウィザードは競馬が上手な印象があるのに、後方から伏兵のモズアトラクションと追い上げてきたのだ。

実力馬には有利にはなったものの、さすがに59では正攻法の外からの追い上げでは簡単にいかなかったオメガパフュームのしっかりとした内容の走りに対し、こういう乱戦向きのテクニックが、ほぼ同斤のチュウワウィザードにはあったということだろう。

実績は重要ではないこのレース。

京都開催で行われる1900Mとして、この時期の名物重賞になってきたこのレースは、その本質がかつての東海Sであり、その前身のウインターSなどと、概ね変質しているわけではないのだろう。

豪快な追い上げと4歳馬にしては、豊かな経験値を誇る名古屋→中京→船橋のローテで、条件戦を走っていたことから続く複勝内キープのチュウワウィザードは、中京でも1900M戦を経験している。

その時は、後に船橋のクイーン賞を圧勝するアイアンテーラーに走られ過ぎて、3着に敗れているが、この時もハイペースの後方待機策。

行き脚つかずではハイランドピーク辺りと同じで、僅かな差が勝負を決する展開では、有利に働いた。

そういえば、謎の展開で消耗戦となった9RのメルボルンTの2着馬・タニノドラマとは、ファンシーダイナを経たファンシミンのファミリーで同じ。

キングカメハメハも入っているから、激しいレース向きの平坦適性が活きたのかもしれない。

2着モズアトラクションも、実は、9R3着のダンスディライトと同じディナーパートナーからの分岐で血を繋いできた同族。

ちなみ、両方とも川田騎手が勝っている。

それも1番人気。大したものである。

おすすめの記事
日本ダービー予想特集

 

レース回顧

優駿牝馬(オークス)-予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

内枠に有力馬が集中し、ウィクトーリアとラヴズオンリーユーが12、3番枠。

3番コントラチェックはスタートで悪かったということがこれまで一度もないから、ジョディーがガッツを出して最内から猛ダッシュを決めても、不利なことはない。

ウィクトーリアも今度は真ん中から外だし、行きたければ途中から先行勢に加わることは可能。

故に、超スローの展開は今年もない。

近年は、ダービー的というか、テレビ馬は登場しないまでも、このオークスも軽いレースになることはない。

スローでも追い込みは決まることで知られる、道中の消耗も激しいオークスに、楽な展開はない。

速い馬は強いが、有利ではない。

逃げ切りの形をとったイソノルーブル然り、スロー逃げのダイワエルシエーロでも、際どく、世代のトップクラスの牝馬に追い詰められている。

通常、差し馬に有利。

グランアレグリアにいいようにやられてしまったダノンファンタジー以下、路線のトップホースには、今回は巻き返しのチャンスというか、通常の走りをできる舞台になる。

だから、ジュベナイルフィリーズの力関係をここは重視したい。

2歳女王・ダノンファンタジーの末脚に期待する。

正攻法ながら、上がりのスピードはグランアレグリアの方が遥かに速いので、バランスの取れた競馬が得意なダノンファンタジーは、彼女の出てくるレースでは、2度とも、破壊的な時計勝負に持ち込まれ、いずれも完敗。

しかし、それ以外は4戦4勝だ。

それも、自在性を見せながらの快勝。

特殊過ぎる特性のライバルがいるがために、その良さが見事に殺されてきただけのことなのだ。

そんなグランアレグリアとて、牡馬混合のGⅠは2度とも鮮やかなレースをできずに、アドマイヤマーズに完敗。

ディープには色々いるが、ダノンファンタジー今や、南半球の血を有効活用する、北米主観的論理で言う逆輸入の流れは、日本の例外に漏れずの、絶賛採用中の流れに乗った配合。

しかし、その血の中身は、欧米の主要レースにおける名血の集合体であり、主流系統の袋小路化を防ぐ意味合いにおいて、それは重要なファクターとなっている。

サンデーサイレンスもその類で、ファンタジーの母・ライフフォーセールも父ノットフォーセールもアルゼンチンの活躍馬だったが、その組み合わせはカロ系×ニアークティック系なのだ。

ただ癖が強いのは、サンデーサイレンス・ノットフォーセールの中には、5代血統表から外れたところにハイペリオンのクロスが入っている。

ハイペリオンはどこにでも入っているから、ニアークティックの母父であり、ノットフォーセールもカロ以外の主要系は全てハイペリオンの流れ。

サンデーサイレンスはその祖母がハイペリオン同系の3×4を持っている。

ハイペリオンとその仔カーレッドは本家英国の活躍馬。3歳時に輝いた。

ただ、カーレッドのイメージには、その代表産駒であるスワップスと似たようなパワフルなダート系のイメージが強く、日本ではその印象しかないという面もある。

ノットフォーセールはスワップスの4×3。

ナスルーラとハイペリオンは似たような感じのスピード優先型の馬は生き残ってきたから、両方の血をフル活用したセイウンスカイが入ったニシノデイジーがダービーに登場するくらいで、決して、古臭い配合ではない。

地味に母系に入って存在感を示す、21世紀のハイペリオンの在り方は、ノーザンダンサーが絡むクロスが無限の存在することで自然発生する激薄のそのクロスが、全体のバランスを整える役目を果たしているように思う。

実は、ディープの3代母ハイライトはその3×2がある。

ヘイルトゥリーズン系とカロのラインとの組み合わせは、グレイソヴリン系とまで幅を広げると、タニノギムレットもアドマイヤベガもダービー馬であり、代表産駒も牝馬のクラシックホースだ。

ハーツクライだってヌーヴォレコルトとワンアンドオンリーを同年に送り出した。

もっと大きな括りで、ヘイルトゥリーズン系×ナスルーラ系のグランアレグリアが活躍する今年。

そちらはネイティヴダンサーが多く入ったスピード型と出たが、裏に隠し持つエプソムダービー馬・ハイペリオンのクロスによる底上げ効果は、12Fのビッグレースでこそ、主流系統との組み合わせで爆発するはずだ。

◎ダノンファンタジー
○クロノジェネシス
▲ビーチサンバ
注シェーングランツ
△コントラチェック、ウィクトーリア、ラヴズオンリーユー、ノーワン

おすすめの記事
日本ダービー予想特集

 

レース予想