京成杯2021【予想】|外厩仕上げの有力馬の血統データと過去10年の傾向

競馬ブログ JUST – 全レースの的中率と収益UP

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム
   今週の勝負レース

京成杯2021【予想】|外厩仕上げの有力馬と過去10年の傾向

読了までの目安時間:約 14分

 


京成杯予想

京成杯予想と最終追い切り後の登録馬の攻略法をまとめていきます。

出走予定馬の偏差値を独自の指数で解析!

過去の結果を見ても荒れる傾向のある中山の特徴を捉えて、
予想オッズを確かめながら過去配当を超える払い戻しを狙っていきたいと思います。

 

  • 一週前追い切りからラップはどう変わって行ったのか?
  • 枠データごとの成績は?

 

トライアルから勝ち上がってきた激走が想定される本命馬や消去すべき馬、穴馬を分析!
過去タイムやパトロールビデオまで見返して本レースのシュミレーションを繰り重ねてきました。

歴代勝ち馬のサインを見逃さず、早速予想を始めていきましょう!

 

レース名第61回 京成杯
グレード重賞(giii)
日程2021年1月17日(日曜)
発走時間15時45分
開催場所中山競馬場
距離芝2000m
コース右回り
賞金3800万円
レコード1:57.8

 

 

 

京成杯2021の出馬表(馬柱)- 出走予定馬の馬体診断と想定騎手(枠順確定)

 

枠順出走予定馬騎手斤量(負担重量)馬体重(前走)
1タイムトゥヘヴンM.デムーロ56476
2タイソウ石橋 脩56498
3グラティアスC.ルメール56488
4タケルジャック北村 宏司56466
5ヴァイスメテオール丸山 元気56498
5テンバガー戸崎 圭太56506
6エイカイファントム岩田 望来56420
6ブラックロータス三浦 皇成56562
7アクセル横山 典弘56508
7プラチナトレジャー田辺 裕信56472
8ディクテイター北村 友一56428
8ラカン津村 明秀56468

 

京成杯予想 - 過去10年のデータ傾向を分析

 

3戦目以降に初勝利を挙げた馬の成績

1着2着3着4着以下
1回2回3回32回
該当年着順勝ち馬未勝利戦を勝ち上がったコース<前走の条件>   
2011年2着デボネア小2000<暮れの変則開催・前走同じ>
2011年3着プレイ東1800<前走 旧ホープフルS⑤>
2012年-8頭該当【0・0・0・8】
2013年<雪で月曜日に順延>1着フェイムゲーム中2000<前走同じ>
2013年<雪で月曜日に順延>3着ケイアイチョウサン東1800<前走同じ>
2016年-6頭該当<重賞馬2頭含む>【0・0・0・6】
2017年2着ガンサリュート京1800<前走同じ>
2017年3着マイネルスフェーン東2000<前走ホープフルS②>

滅多に馬券にならないというほどではないにせよ、人気薄が引っ掛かるので、傾向的にはそろそろ狙ってみたいところ!

フェイムゲームとタイムトゥヘヴンの共通点

 

①3走目勝ち上がり

混戦模様で様々な狙いが立ちそうな雰囲気があっただけでなく、未勝利勝ちのタイミングまで同じという両者は、後に、去勢されることになったフェイムゲームの経緯を振り返るとよくわかるが、それまでは全く真面目に走っていなかったという点までも共通している。

②勝ち上がった時に騎手が変更

田中勝春騎手はフェイムゲームの半兄で長く活躍したバランスオブゲームに乗っていた関係で、最初は手綱を当然のように任されたのだが、距離延長を機に、スミヨン騎手に変更して快勝。京成杯はフランシス・ベリー騎手で連勝を決めている。
戸崎→北村友一で初勝利→デムーロで?

③いい血統

フェイムゲームはサッカーボーイの一族で、最近でいえば、大種牡馬になったステイゴールドのファミリーとした方が通りがいい。
一方、桜花賞馬を母に持つタイムトゥヘヴンの方はというと…。

 

京成杯予想 - 出走予定馬の血統分析

 

牝系を辿ると驚く。

輸入繁殖として導入の6代母カナデアンガールは、何と、約1世紀前に生まれた牝馬であり、極めて遅いサイクルで令和の時代までその血を残してきたことになる。

肝はその孫にあたるゴールデンドラゴンだろうか。

これが、ここ最近何かと話が出てくる三冠馬の一頭であるシンザンが生まれた年に、競走馬としてデビューしたヒンドスタンの産駒

 

他の姉妹もその血を受けたが、直仔のスイーブが、後に名血シラオキ系の重要な分岐点となったローズトウショウと同じテューダーペリオッドの産駒で、大きなチャンスを得たとできる。

何故なら、シンザンをつけて強いクロスを狙った馬もいれば、パーソロンの全盛時代を味方につけようと取り込んだ馬もいたりと、ハイペリオン系の牝系に入った際の柔軟性が、多様な選択肢を生んだとも言えるような、配合相手の多さが見られたからだ。

 

この兄弟は、エリザベス女王杯を制したロンググレイス<父ゲイルーザック>、1989年のダービー1番人気だったロングシンフォニー<父パーソロン>など活躍馬も多く、スイーブ系を形成したとなったものの、生き残りはノーザンテーストの娘・ロングバージンのみ。

 

時間を経て、2003年にアドマイヤベガとの交配で誕生のキストゥヘヴンが、デビュー4戦目から一気の3連勝で、旧コースの阪神内回り<当時はそういう表現は存在していない>の桜花賞を制することになった。

カナデアンガール誕生から、5代目の彼女が生まれるまで80年。

もういっぱい産駒を残してきたキストゥヘヴンが15歳の時に生んだのが、このタイムトゥヘヴン

クラシックに縁のある血統に徐々にシフトしていき、牝系の流儀に倣い、ゆっくりと成長する姿を体現するこのロードカナロア産駒は、とても気が強い。

母もその父も、そういう気性の強さが抜群の瞬発力を生んだとできるが、この仔はちょっと違う。

京成杯予想 - レース展開を予想

面白い馬をまた発見してしまった。
しかし、これは人気になる。その点では諦めよう。

先週は本命馬が共に、序盤でアウトの展開ではあったが、フェアリーSのアトミックフレアの方は、直線で何とか頑張って走ろうという気を見せていた。

残念ながら、大物感はないのかもしれないが、今後はどんどん競馬が上手になって行きそうな気がした

 

ダノンザキッドが事実上の1強のまま、明けても、混戦ムードに変化は起きていない牡馬路線に関しては、時にびっくり箱の役割を果たすことのあるこの京成杯から、本物を探すためのシリーズが本格化する。

この世代は、前の年の世代よりも、次から次へと候補が消えていく状況に進展するのではなく、立ち消える代わりにまだ子供の烙印を押されてしまう馬が非常に多い。

 

当のダノンザキッドも、ずっと、安定して走っている感じではないし、西の王者になったグレナディアガーズなども、3戦目にしてようやく、まともに走れるような状態になったような馬。

変に勝ち続けている、結果のみ実力通りのダノンザキッドには、アーモンドアイに敗れる根拠となった屈辱の経験が皆無だった昨年の三冠馬2頭同様、どういう負け方をするのかわからないという怖すぎる死角を、爆弾として抱えることになった。

 

それが爆発してしまった才能がちらほら見られる状況にあって、そもそも、じんわりスタート型のタイムトゥヘヴンは、実に規定通りの成長曲線を描ているように見えてしまう。

ざっと、これまでのレースを見てみたのだが、少年でありながら幼いというより、自己主張の出し方が荒々しいという感じではなく、やりたいようにやらせてもらえれば、しっかりと納得してくれるタイプのように映った。

ロードカナロアやキストゥヘヴンは真面目に走る感じがしたが、そういうタイプの気難しさには見えない。

 

初戦は11月の東京1800戦で、戸崎騎手を背に、手頃な頭数で勝機も十分にあったが、見事な立ち遅れで不発。

いや、すぐさま内からロスを防ぐように立ち回るも、直線で狭いところがあったりすると、なかなか前に進もうとせず、普通は差されないはずのところから、やや格下の馬に最後は差されてしまった4着という結果。

 

納得できない母も管理した戸田調教師は、怒りも込めて<勝手な妄想>、期待馬を中山2000の未勝利戦に挑ませるも、再び、出が少し悪かったことで、一段後ろのところにつけてから、イメージ通りに走れず、初の右回りも影響し、直線でのスパートの段階で鞍上も諦めてしまったのだが、驚くことに、追うのを諦めた瞬間から、グイグイ圏外から脚を伸ばし、結果的にレース上がりで1番になった。

抜けた数字ではないが、唯一、4角でも中団グループにいた組から上位争いに加わろうとしたこの4着は、いかにも乗り難しい馬の印象を皆に与えたことになる。

 

そして、連続の中2週で元気よく、前走と同じコースの未勝利戦に挑んだわけだが、戸崎騎手もホープフルSに乗るので中山にいたにもかかわらず、北村友一騎手へチェンジ。

気を良くしたのか、このタイムトゥヘヴン

今度は見事な行きっぷりで、しっかりと好位につけ、4コーナーでは、あの宝塚記念で見たクロノジェネシスのような手応えで、直線は独壇場

揉まれ弱いのはあったのかもしれないが、驚きの変わり身で、2着馬に1.4秒もつける完勝だった。

 

有馬記念の週は、特に馬場が重いとされ、ホープフルS当日のこのレースも例外なし。

ところが、開幕週で走った時が稍重で上がり1位の35.2秒だったのに、独走の良馬場でテンの流れが幾らか早いとしても同じスローで、2番手から突き抜けた前走は37.1秒。

大いに修正すべき特異な傾向となるが、たとえ、1秒のサボタージュがあったとて完勝のタイムトゥヘヴンは、翌日有馬完勝のクロノジェネシスと同じで、ある程度のラインまでの時計の勝負ならばいくらでも対応できるように思える。

京成杯予想 - 有力馬の外厩/血統データと最終予想

 

スタミナは父より母よりもあると理解できたが、それは牝系を辿ればいくらでも根拠が見つかるとしても、この配合で謎の重厚さはどこから生まれたのかと血統表を見ていると、父のロードカナロアにはヒズマジェスティ、母キストゥヘヴンにはヒンドスタン、といったセントサイモン系の主要種牡馬でかつ、ヒズマジェスティはダンチヒの血を世界に広げたデインヒルの母父として、直系が一気に衰退後に母父として謎のブームを作ったメジロマックイーンや同じく母系に入って強力な粘り強さを引き出すスペシャルウィークなどの母方に入って強い影響力を誇るヒンドスタンという組み合わせを成したことで、実は最強の可能性を秘めている。

 

ロードカナロアといえばアーモンドアイ。

ヒンドスタンの入ったスペシャルウィークは、ブエナビスタも出しながら、繁殖牝馬としてのエース・シーザリオを送り込むことで、エピファネイア<父シンボリクリスエス>、リオンディーズ<父キングカメハメハ>といった良血種牡馬を誕生させつつ、実は後継馬のエースたるサートゥルナーリアをロードカナロアの産駒から生み出した経緯がある。

 

キングカメハメハが強烈なのは、母系にトウルビヨン系や違うところに入った別のリボー系種牡馬などの活力を遺憾なく利用し、サンデーサイレンス系繁殖牝馬との交配で、どんどんコピー製品を作っていけただけでなく、それとは関係のない血統でも成功を果たしたこと。

ディープインパクトはそこまで強烈ではなくて、ダート型配合に見えるグランアレグリアという馬は、母が芝でそれなりの結果を残した、いわば、直系の祖であるヘイローと似た性質の持ち主。

USA血統としては、そう評価されるわけではないから、相性ということ以外の成功理由は見つからないが、キンカメの代表産駒たるアパパネもホッコータルマエも、母系が優秀ではないのに、とんでもない名馬になっている。

 

それらに比べれば、母父ストームキャットで派手目のロードカナロアにはリボーが母系に入っているから、それが2本となる。
成功例のあるスペシャルウィークに入ったヒンドスタンの効果はさておき、キングカメハメハにサンデーサイレンス、トニービン、ノーザンテーストと加われば、それはもう、産駒初年度のドゥラメンテの構成であり、底上げ効果の血がノーザンダンサー系以外、血統の紹介で触れたテューダーペリオッドやセントサイモン系などだから、わがままでもガッツがあるのは当然。

 

その昔、セイウンスカイという馬がいた。

京成杯はまだ1600戦で、代わりにジュニアCが2000M時代に、そちらで2戦2勝とした馬。

言わずと知れた最強世代の一頭でありクラシック二冠を達成し、ダービー独走のスペシャルウィークとの激闘は、鞍上の横山・武対決でも競馬史に残るものへと、時間の経過と共に進化していった。

この馬の配合が、

 

  • 父シェリフズスター<ハイペリオン系×ゼダーン系>
  • 母シスターミル<ミルリーフ系×リファール系>

一見、まるで接点がないようで、この中にもハイペリオンリボーが含まれる。

快速グレイソヴリンがクロスし、それ以外のナスルーラ系種牡馬も多く入って、ただ、それ以外の血はグレイソヴリンの父であるナスルーラの代で全てクロス

時代は経たが、祖母の代がサンデーサイレンスと同時代となっている配合のタイムトゥヘヴンは、絶妙なクロスが、直系の進行で上手に作れる。

 

  • キングマンボ 1990年生
  • キングカメハメハ 2001年生
  • ロードカナロア 2008年生

という、普通くらいの血の継承が、その成功理由であるキングマンボ系の一流ラインには、どういうわけだか、サンデーサイレンスにハイペリオンとリボーのコネクションを併せ持つ、ノーザンダンサーの継続クロス持ちの馬に成功例が偏る

絶対数に関係する話だが、万能のキングカメハメハはそんな単純な仕組みに埋没する凡庸な種牡馬ではない。

孫世代に入り、黄金ニックスを形成するモデルケースとなっていくのか。

密かに今、ダノンザキッドを追う立場になりかけているタイムトゥヘヴンは、この京成杯を機に、一気に血統図と世代の趨勢を変化させてしまうのような可能性を秘めている。

大袈裟ではなく、一族久々の重賞制覇は、何かが起こる予兆であり続けたのだから、当然の推測である。




↓【注目】ヴィクトリアマイルの無料買い目はこちらで公開します!
人気ブログランキングへ



* * * * *

馬券名人考案!誰でも簡単に【少点数で万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使うことにより、点数を絞りながら誰でも同じように300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETしていく方法を考えてみた。

>>2ヵ月間におよぶ実力検証記事を公開中。

こちらの指数を使うことにより、4月18日(日)は中山12Rにて3連単94.4倍がまたも的中しており、2ヵ月検証の間にトータル収支は197万円を超えました。

   今週の勝負レース

 


タグ :  

G3 京成杯

この記事に関連する記事一覧

競馬予想サイトの正しい探し方

最近の予想サイトは試したことがある方ならお分かりの通り悪徳なところがほとんとですが、中にはスゴイ実力のあるサイトも実際に存在しているのが事実です。
ここでは無料で登録出来て尚且つ、無料予想だけでもコンスタントに的中するサイトを年間トータルでプラス回収の実績を持つサイトを厳選しました。


私自身の格付けだけではなく、実際の利用者の方の直近の評判を見ながら本当に稼げるサイトと稼げないサイトの判別にご利用下さい。

馬券名人クチコミ検証で本当に稼げる競馬予想サイトを見つけよう