2019年 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 回顧

競馬予想ブログ JUST

京都2歳S 回顧 – この世代、ハーツクライ産駒が元気すぎる?

読了までの目安時間:約 2分

 

ちょっと道中というか、勝負所の反応を見て思ったのだが、ミヤマザクラは少し距離が長いのかもしれない。

いい反応で上がって行ったようで、弾けるような前走の感じではなかった。

距離適性に関しては、これからもっと延ばしていってもよさそうなマイラプソディは、それ以外は正直敵ではないという組み合わせで、少し置かれそうになったところを、現状の総合力で封じ込めたような印象もある。

確勝級の場面で、鞍上の武豊騎手は焦るようなことはないが、ゴール前の手応えが、4角手前とは上位入線の3頭の中で一番変化したくらいであり、置かれ過ぎなかったことも良かったか。

きっと、ミヤマザクラにはもっとタフなコンディションだとか、展開上の厳しさのようなものがプラスされることで、その良さが引き出されるタイプだろう。

兄よりは動けるが、その分、位置取りや動き出しに、距離延長だと課題が出てきそうだ。

ハーツクライの産駒が元気で、この世代ではもうクラシック候補がゴロゴロ出現している。

活力の源は、いい競馬は多かったが、勝ち切れなかった時期が長かったからこそ生まれる余力と、絶対的な爆発力をまだ止めていたことによる生命力が消耗しなかった点が挙げられる。

それが、種牡馬生活の晩年のおける充実に繋がったように思う。

ディープも彼と同じ歳のキングカメハメハがいなくなった現状、サンデーサイレンス直仔の種牡馬は、もうトップサイアーとして君臨する時代ではなくなった。

ある意味で、それが貴重になり、重宝されているのか。

競走生活の終盤にいいことがいっぱいあったハーツクライの仔たちは、それと似たように、この先を期待される何かを、結果を残した馬ほど感じることができる。

このレース3着のシュヴァルグランが出走したのは、もう5年も前の事である。

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方