中日新聞杯 2019 回顧

競馬予想ブログ JUST

中日新聞杯 回顧 – ブレずに追い込み続けるサトノガーネットの強みが乱戦には活きた格好乱

読了までの目安時間:約 3分

 

時計が掛かることの多い中日新聞杯だけに、前半が超スローでなかったことで、何頭かピックアップされていた期待の差し馬のどれかが上位争いに加わりそうな展開だとは、その時点で感じ取れた。

斤量に一切の利点がなかったノヴェリスト産駒のラストドラフトが、期待の春くらいの出来であれば、何とでもなりそうなところで、見事に中団から末脚を見せた。

マーフィー騎手の騎乗に問題はない。

しかし、こういう上も下もあまり信用されていないような斤量設定で、伏兵の付け入る隙はいくらでもあった。

それは最初、理想の位置取りで自慢の決め手を繰り出しそうだった54のアイスストームにも思えたのだが、こういうレース、勝負に出るその思考回路に、かなりの期待値を込めた戦法をとれる伏兵の方が、有利に立ち回れるケースは多い。

気づけば重賞を沢山勝つ年になった坂井瑠星騎手のサトノガーネットが、期待をずっと上回る追い込みで、前のグループをすべて面倒見てしまった。

ここ3戦してずっと相手関係も、レースの格もまるで違う中で、ブレずに追い込み型の持ち味を見せつけていた、関係ないところで豪脚を使っていた馬の強みが、乱戦には活きた格好だ。

母系を辿ると、フランスの馬が多数登場する系統で、サイモンズシューズにまで行き着くと、そこからの分岐で世界的に発展を遂げたラフショッド系の牝祖となる重要なポジションにある名牝系の傍流と言える。

底力型に出やすい芝向きの性質で、アメリカで発展していない分だけ、リスグラシューと似た奥行きの深さを持つサトノガーネットには、今後求められる繁殖牝馬としての役目で、大変に名誉なタイトル奪取となった。

キングカメハメハのラインとは何とでも合わせられる。ルーラーシップなどは理想の配合相手だろう。

完成してから、牡馬を破るという構図には、名牝系を支える資格が生まれたという意味合いもあったように思う。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方