競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

中山金杯 2020 回顧 – 後傾ラップがやたらと得意な超大型馬トリオンフが制す

読了までの目安時間:約 4分

 

内枠のブラックスピネルがすんなり行ったことで、誰が乗っても上手に競馬をするトリオンフも流れに乗り、しっかりと今年最初の中山内回り重賞も、テクニシャンに有利な展開となった。

タニノフランケルはそういう面々に少しでもあった粗忽な面と、トリオンフは2走ボケの懸念など一切見せずの展開では、残念ながら出番なし。

後傾ラップがやたらと得意な超大型馬トリオンフは、58の酷斤もやや苦しいローテにもめげず、今回も連対。

一昨年の今頃、小倉で初重賞制覇を果たしてからというもの、やや背伸びした大阪杯とどう見ても適性外の新潟大賞典の2つは不発でも、新潟では4着に粘っている。

大きな故障を経験しながら、長期休養を挟んでの重賞4連続連対、非GⅠの重賞でコーナー4つの右回り重賞では、【3200】というのは見事。

ストロングタイタンが走りすぎたレコード決着の鳴尾記念と、先述の故障明けのチャレンジCでの2着と考えれば、あのチャレンジCの力の2着で、今回の58などなんてことはないと読まなければならなかったのだろう。

まだ20戦に満たないキャリア。

底力溢れる大型馬のスケール感は絶賛拡大中だ。

3歳秋から530kgを1度しか切ったことのないトリオンフは、1年半以上の時間を経て、550-554kgでの2戦で、パフォーマンスはむしろ、底力をより感じるようなタフさが加わったから、重さというのは一切見られない。

見た目には洗練されていない野生の獣の雰囲気をたたえるが、競馬の内容がいつも鮮やかだから、きっと、武豊騎手と挑んだ小倉記念での快勝は、走りすぎであったのだろう。

ある意味、昨年のウインブライト以上の迫力を秘める候補の誕生を言える。

こういう馬が力を見せる展開。

福島だと何だか上手に競馬できなかった馬が、福島記念だけまともに競馬できた後、前が有利な中山金杯で、福島のクレッシェンドラヴに戻ってしまったのでは、勝負圏外。

捲る持ち味は、よりトリッキーな福島で活きる面がある。

惜しかったウインイクシードは、そんなクレッシェンドラヴの実績に隠れ穴人気の立場だったが、こういう馬にこその松岡正海である。

年男の機運は、先払いという結果に終わってしまった2着も、この馬だって昨夏オープン入りの右回り巧者。

マンハッタンカフェ×イクスキューズの配合で、とんでもない大仕事をやってのける男になれるかもしれない。

例年以上に若手に魅力的な存在が少なくて、テリトーリアルや復活間近のノーブルマーズなども皆6、7歳馬。

ただ、掲示板外でも枠が悪すぎた4歳の2頭も、真ん中よりは上の着順。

マイネルサーパスにははっきりとしたローカル適性があるし、ザダルももうちょっと暖かい時期ならば、いい決め手を発揮できるだろう。

トリオンフは恐らく一抜けのメンバー構成だったから、その他の誰が勝ち馬に追従できるかがポイントになってくる。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方